2011年5月15日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド

アンナ・プロハスカ, マウリツィオ・ポリーニ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    コンサート・アリア《あなたに明かしたい、おお神よ》 K. 418 (8:17)

    アンナ・プロハスカソプラノ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    歌劇《魔笛》よりアリア〈愛の喜びは露と消え〉 (5:03)

    アンナ・プロハスカソプラノ

  • アルバン・ベルク
    歌劇《ルル》より4つの交響的断章 (22:43)

    アンナ・プロハスカソプラノ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ピアノ協奏曲第17番ト長調 KV. 453 (34:15)

    マウリツィオ・ポリーニピアノ

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第10番より〈アダージョ〉(クック版) (29:20)

  • 無料映像

    インタビュー/クラウディオ・アバド、マウリツィオ・ポリーニ、アンナ・プロハスカ(聞き手:サラ・ウィリス) (17:55)

すでに恒例となっている、春のアバドの凱旋コンサートです。毎年趣向を凝らしたプログラミングが話題ですが、今回はポリーニとの共演が目玉と言えるでしょう。両者は青年時代から共演を重ね、お互いのキャリアに影響を与え続けてきた間柄。ベルリン・フィルでも、数限りないコンサートを行ない、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集も録音しています。しかし今回取り上げるモーツァルトの「ピアノ協奏曲第17番」は、意外にもベルリン・フィルでは初めての演目となります。

アバドにとって初めての曲目と言えば、マーラーの「交響曲第10番」もベルリン・フィルではデビューとなります。彼はマーラー指揮者として名声を博し、当団でほぼすべての交響曲を取り上げてきました。しかしこの作品だけは例外で、今回ようやく円環が閉じました。

一方、《ルル》組曲は、マーラーを賛美したベルク晩年のオペラからの抜粋。作品の中核となる音列は、ルル役のソプラノによって歌われますが、今回登場するプロハスカは、ベルリン国立歌劇場の若手スター。彼女は、超絶高音がきらめくモーツァルトのコンサート・アリア《あなたに明かしたい、おお神よ》でも、美声を聴かせます。

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のシューマン&ブラームス「交響曲第1番」全曲が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する