メータ、祝ベルリン・フィル客演50周年!

  • ゴットフリート・フォン・アイネム
    オーケストラの音楽 (00:16:20)

  • ローベルト・シューマン
    チェロ協奏曲イ短調 (00:31:12)

    ヨハネス・モーザーチェロ

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第1番《巨人》 (01:08:57)

  • 無料映像

    インタビュー/ヨハネス・モーザー(聞き手:ヴァルター・キュスナー) (16:26)

    Johannes Moser, Walter Küssner

マーラーは、1896年3月にベルリン・フィルに客演し、自作の交響曲第1番をベルリン初演しました。この作品は、1889年に《巨人》という題名の交響詩として初演されましたが、ここでマーラーは、初めて「交響曲」の名称を与えています。その際元々の第2楽章であった「花の章」は、完全に省略されることになりました。この楽章は、1960年代に再発見され、しばしばコンサートでも取り上げられています。今回の演奏会でも、「花の章」を含んだヴァージョンが演奏されます。

メータは、この演奏会でベルリン・フィル客演50周年を祝います。デビューは1961年9月。その時のプログラムは、当演奏会とまったく同じ3曲でした(マーラー「交響曲第1番」は、「花の章」を含む版)。その意味で、50年前を再現する内容となります。今回演奏するチェリストのヨハネス・モーザーは、1979年ミュンヘン生まれ。ソプラノのエディス・ウィーンズとチェリストのカイ・モーザーの間に生まれたサラブレッドです。

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のマーラー「交響曲第1番《巨人》」、ベートーヴェン「交響曲第4番」が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する