• フェリックス・メンデルスゾーン
    《フィンガルの洞窟》序曲 (00:12:58)

  • カロル・シマノフスキ
    ピアノと管弦楽のための交響曲第4番(協奏交響曲) (00:32:29)

    マルク=アンドレ・アムランピアノ

  • ルチアーノ・ベリオ
    管弦楽のための4つの奉献曲 (00:15:16)

  • フェリックス・メンデルスゾーン
    交響曲第3番ホ短調《スコットランド》 (00:48:06)

  • 無料映像

    インタビュー/パブロ・ヘラス=カサド(聞き手:マドレーヌ・カルッツォ) (16:06)

    Pablo Heras-Casado, Madelaine Carruzzo

10月は、若手指揮者のデビューが続き、スペインのパブロ・ヘラス=カサドも初登場となります。ヘラス=カサドは、バロック音楽に関心を示す一方、現代音楽の擁護者としても知られ、ブリュッセルでは細川俊夫のオペラ《松風》の初演も指揮しています。すでにハルモニア・ムンディ・フランスとも契約し、多彩なレパートリーで活躍することが期待されています。ベルリン・フィルでは、メンデルスゾーンの名曲《スコットランド》と《フィンガルの洞窟》を演奏します。

メンデルスゾーンは、1829年にスコットランドに旅し、そこでの印象を交響曲第3番《スコットランド》、《フィンガルの洞窟》序曲で表現しました。暗い神秘的な雰囲気は、ロマンティックな情景を呼び起こしますが、音楽自体は、スコットランド民謡とは直接関係ありません。メンデルスゾーンは、バグバイプの響きについて「聞いていると歯が痛くなる」と否定的な言葉を記しています。

コンサートでは、ベリオの「4つの奉献曲」とシマノフスキの「交響曲第4番」も上演されます。前者は、オーケストラの技巧的なミニアチュアとも呼べる作品ですが、今回がベルリン・フィル初演に当たります。またピアノ協奏曲的なシマノフスキの作品では、カナダのヴィルトゥオーゾ、マルク=アンドレ・アムランが登場します。

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のマーラー「交響曲第1番《巨人》」、ベートーヴェン「交響曲第4番」が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する