ジルヴェスター・コンサート1998/愛と憧憬の歌

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《フィガロの結婚》より序曲・アリア〈とうとう嬉しい時が来た~恋人よここに〉 (10:02)

    クリスティーネ・シェーファーソプラノ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《ドン・ジョヴァンニ》よりセレナード〈窓辺においで〉 (02:32)

    サイモン・キーンリーサイドバリトン

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《魔笛》より二重唱〈愛を感じる男の人たちには〉 (03:14)

    クリスティーネ・シェーファーソプラノ), サイモン・キーンリーサイドバリトン

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《ドン・ジョヴァンニ》よりシャンペンの歌・二重唱〈お手をどうぞ〉 (05:21)

    クリスティーネ・シェーファーソプラノ), サイモン・キーンリーサイドバリトン

  • ジョルジュ・ビゼー
    《アルルの女》組曲よりカリヨン・ファランドール (08:14)

  • ジョアキーノ・ロッシーニ
    《泥棒かささぎ》序曲 (09:37)

  • ジュゼッペ・ヴェルディ
    《リゴレット》より二重唱〈それは心の太陽~さようなら〉・アリア〈慕わしい名〉・女心の歌 (12:42)

    マルセロ・アルバレステノール), クリスティーネ・シェーファーソプラノ

  • ジュゼッペ・ヴェルディ
    《仮面舞踏会》よりアリア〈お前こそ心を汚す者〉 (04:48)

    サイモン・キーンリーサイドバリトン

  • エクトル・ベルリオーズ
    《ローマの謝肉祭》序曲 (08:50)

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    《エフゲニー・オネーギン》よりポロネーズ・手紙の場〈たとえ死ぬことになっても〉 (19:21)

    ミレッラ・フレーニソプラノ

  • ジュゼッペ・ヴェルディ
    《椿姫》より乾杯の歌 (04:24)

    ミレッラ・フレーニソプラノ), マルセロ・アルバレステノール), クリスティーネ・シェーファーソプラノ), サイモン・キーンリーサイドバリトン

ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサートは、毎年映像収録され、テレビで中継されています。1月1日のウィーン・フィル、ニューイヤー・コンサートと並んで、クラシック音楽界の一大イベントと呼べるものです。

1998年の演奏会は、「愛と憧れの歌」がテーマ。モーツァルト、ヴェルディ等、有名オペラのアリアや情景と、ベルリオーズ、ビゼーの管弦楽曲を組み合わせた華やかなプログラムとなっています。ここでは、クラウディオ・アバドとベルリン・フィルのほか、ヨーロッパで活躍するオペラ歌手が勢揃いし、大晦日のベルリンの夜を盛り上げています。

当夜の目玉は、なんと言ってもイタリアの大ソプラノ、ミレッラ・フレーニ。得意とする歌劇《エフゲニー・オネーギン》より〈手紙の場〉を歌い、貫禄の歌声を披露しています。

ドイツのソプラノ、クリスティーネ・シェーファー、アルゼンチンのテノール、マルセロ・アルバレス、イギリスのバリトン、サイモン・キーンリーサイドも、当時は国際的なデビューの直後。3者とも、若々しい歌声を聴かせています。

© 1998 EuroArts Music International

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のマーラー「交響曲第1番《巨人》」、ベートーヴェン「交響曲第4番」が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する