クラウディオ・アバドがローマでベートーヴェンの交響曲8曲を指揮!

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第1番ハ長調 (30:19)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第2番ニ長調 (37:57)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第3番《英雄》変ホ長調 (53:43)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第4番変ロ長調 (38:28)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第5番ハ短調 (39:44)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第6番ヘ長調《田園》 (43:57)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第7番イ長調 (42:53)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第8番ヘ長調 (31:31)

  • 無料映像

    クラウディオ・アバドによる作品解説 (26:27)

当演奏会のプログラムは、クラウディオ・アバドとベルリン・フィルによるベートーヴェンの交響曲ツィクルスとなります。ベートーヴェンの交響曲第1番から第8番が、ローマの聖チェチーリア音楽院ホール(現コンチリアツィオーネ・ホール)で4晩にわたり演奏されました。

アバドは1990年から2002年まで、ベルリン・フィルの音楽監督として活躍。在任中はベートーヴェンの交響曲を頻繁に取り上げています。ここでは、イギリスの音楽学者ジョナサン・デル・マーが校訂したベーレンライター版を使用する等、最新の研究成果を取り入れた演奏となっています。

2000年秋、アバドは癌の治療に専念するため演奏活動を中断。闘病生活から復帰した直後の迫真的な演奏は、アバド&ベルリン・フィルの真骨頂を示すものです。彼の故郷イタリアの聴衆は、熱狂したスタンディング・オヴェーションでこれらの演奏を称えました。英経済紙『ファイナンシャル・タイムズ』も、「ベートーヴェン演奏の革命」とその斬新さを評価しています。

EuroArtsRecorded at the Accademia Nazionale di Santa Cecilia, Rome

© 2001 EuroArts
Available on DVD and Blu-ray from EuroArts

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のマーラー「交響曲第1番《巨人》」、ベートーヴェン「交響曲第4番」が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する