コンサート

コンサート解説

1993年のヨーロッパ・コンサートは、ベルナルド・ハイティンク指揮により行われました。舞台となったのはロンドンのロイヤル・アルバート・ホール。古代の円形劇場を模したこの巨大なホールは、毎年夏に開催されるBBCプロムスの舞台としてもよく知られています。当時ハイティンクはコヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督を務め、ロンドンではおなじみの存在でした。 プログラムはチャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》で幕を開けます。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番では、若きフランク・ペーター・ツィンマーマンが共演し、お得意のレパートリーでキリリと引き締まった端正な演奏を披露。後半はストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》。ハイティンクは1980年代後半から90年代中期にかけて、ベルリン・フィルとストラヴィンスキーの3大バレエ音楽を録音していますが、ここでもオーケストラの高度な合奏力を存分に生かした、緊張感あふれる演奏を展開しています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー