日本時間20時から: メータがマーラーの交響曲第3番を指揮

マーラーの交響曲第3番は、この作曲家の交響曲の中でもっとも上演時間が長く、世界を包括するような壮大なスケールを持ちます。2008年に続いてこの作品を指揮するのはズービン・メータ。メータは、かつてマーラーのアシスタントを務めたブルーノ・ワルターからこの音楽の世界を紹介されています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ズービン・メータ

オッカ・フォン・デア・ダムラウ

ベルリン放送合唱団女声

ベルリン国立大聖堂児童合唱団

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー