日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮

チャイコフスキーの最後のオペラ《イオランタ》は、繊細でメルヘンのような作品です。ここでは盲目の王女が愛によって視力を取り戻すという、19世紀のオペラでは珍しいハッピーエンドが描かれています。チャイコフスキーはこの作品のために詩的な音楽を書きましたが、これは彼のフランス・オペラへの愛を物語るものともいえるでしょう。この不当に忘れられた名作をキリル・ペトレンコの指揮、ソーニャ・ヨンチェヴァがタイトルロールを務める公演でご体験ください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

ソーニャ・ヨンチェヴァ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー