日本時間20時から: ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮

オーケストラ作品で嵐が吹き荒れるのは、圧倒的なエネルギーとその後に安堵感が生まれる瞬間です。R・シュトラウスの《アルプス交響曲》とワーグナーの《ラインの黄金》からの抜粋で、フィリップ・ジョルダンはそのような場面を想定した力強い響きをもつ作品を指揮します。ベルクの「アルテンベルク歌曲集」でも、吹雪や雷雨を通して表現力が解き放たれます。独唱は、ワーグナーのレパートリーで世界的な成功を収めているアニヤ・カンペです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

フィリップ・ジョルダン

アニヤ・カンペ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー