日本時間20時から: ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演

キリル・ペトレンコにとって、ヨーゼフ・スークの音楽をより多くの人に聴いてもらうことは内面にかかわるテーマです。ここでは、後期ロマン派の響きと現代的な和声が融合した交響詩《人生の実り》をお聴きいただきます。スークの支援者の一人にブラームスがおり、彼のピアノ協奏曲第2番では荒々しい力強さと優しい情感がぶつかり合っています。ソリストは、ベルリン・フィルと長年のパートナーシップで結ばれているアンドラーシュ・シフです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

アンドラーシュ・シフ

ベルリン放送合唱団女声

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー