日本時間20時から: ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮

ジョン・エリオット・ガーディナーとモンテヴェルディ合唱団が、ロマン派の代表的な2つの合唱作品を紹介します。この時代、宗教音楽は人々を啓発するためのものでした。ブラームスはドラマティックな《運命の歌》で、ヘルダーリンの諦念的な詩を楽観的な後奏曲で再解釈しています。一方、メンデルスゾーンの交響曲第2番は、美しい合唱曲、二重奏、アリアにあふれ、より良き世界につながる道を描きました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・ジョン・エリオット・ガーディナー

モンテヴェルディ合唱団

ルーシー・クロウ

アン・ハレンベリ

ヴェルナー・ギューラ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー