日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮

人の欲が往々にして不幸をもたらすということを、チャイコフスキーの《スペードの女王》ほど鮮やかに示したオペラはないでしょう。主人公のゲルマンは、賭博での成功だけを目指し、最後にはすべてを失ってしまいます。リーザは愛を求めますが、失望して自ら命を絶ち、さらに謎の伯爵夫人もいます。この暗い物語にチャイコフスキーが作曲した情熱的な音楽を、キリル・ペトレンコの指揮でお聴きいただきます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー