日本時間20時から: ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮

サイモン・ラトルは、すでにベルリン・フィルの首席指揮者時代、ドヴォルザークの知られざる作品を定期的に紹介していました。今回お聴きいただくスケルツォ・カプリチオーソは、舞踏を思わせるドラマティックな作品です。ベルリン・フィルが初めて演奏する「アメリカ組曲」は、かの《新世界》交響曲と同時期に生まれました。また、シェーンベルクの弟子であるロベルト・ジェラールの音楽も、前衛性とスペイン的な響きが融合した興味深い作品となっています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー