年末年始特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

2006年12月2日
Family Concert

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
マーク・エルダー

クラウス・ヴァレンドルフ

  • 無料映像

    エンゲルベルト・フンパーディンク
    歌劇《ヘンゼルとグレーテル》 (66分)

    クラウス・ヴァレンドルフ司会), スーザン・ブーロックソプラノ/ゲルトルート), フランツ・グルントヘーバーバリトン/ペーター), ジェイン・ヘンシェルアルト/お菓子の魔女), カタリーナ・カルネウスメゾソプラノ/ヘンゼル), ミヒャエラ・カウネソプラノ/グレーテル), スザンネ・クロイシュメゾソプラノ/眠りの精), ギゼラ・シュティレソプラノ/露の精), ベルリン国立歌劇場少年合唱団, ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル・オーバーシューレ放送児童合唱団

2006年12月、ベルリンの子供たちのために行なわれたファミリー・コンサート《ヘンゼルとグレーテル》は、国際的スター歌手が揃った豪華な公演です。全曲は定期演奏会でも上演されましたが、ここでは同一のキャストが子供たちのために演奏しています。「参加型」であるのは、この演奏会でも同じ。有名な魔女の踊りでは、何と8歳の少年がベルリン・フィルを指揮しています。ベルリンの子供たちは、何と恵まれていることでしょう!日本人としては、羨ましい限りです。

映像を観る