アーカイブ
Claudio Abbado in der Digital Concert Hall
クラウディオ・アバド
首席指揮者(1990–2002)

クラウディオ・アバドが音楽について語る際よく使われる言葉は、「聴き合う」と「一緒に」です。彼にとってこのふたつの概念「お互いに聴き合うこと」は、音楽をする上で本質的でした。ベルリン・フィルは、アバドが1989年に首席指揮者になった時、それを発見したのです。カラヤンに対しアバドは、メンバー同士の対話により音楽を作り上げることに重きを置いたのです。その結果として生まれたのは、より室内楽的な明晰さであり、それはベルリン・フィルの演奏スタイルに、今日まで影響を与えています。

詳細を表示する

アバド時代には、様々な変革がありました。マーラーの交響曲がベルリン・フィルの中心的にレパートリーとなり、ニコラウス・アーノンクール等のカラヤン時代に客演しなかった指揮者が招かれるようになりました。また毎年5月1日(1882年のベルリン・フィルの発足日)に、ヨーロッパの諸都市で「ヨーロッパ・コンサート」を開催。シーズン毎にテーマ(「プロメテウス」、「ファウスト」等)を設けるプログラミングも、彼のイニシアチブによるものです。

アバドは、1966年にベルリン・フィルにデビュー。2002年に首席指揮者の任を降りました。しかし2014年の死まで、毎年客演し、実り豊かな演奏の数々を繰り広げました。彼は晩年まで、広い分野で新しい挑戦を求め、その精神はオーケストラと聴衆を触発し続けたと言えるでしょう。

閉じる


パウル・シマツニー監督

『クラウディオ・アバド~音楽に続く静寂』

映像を観る


インタビュー:クラウディオ・アバド、マウリツィオ・ポリーニ、アンナ・プロハスカ

新旧共演者との対話

映像を観る

アバド映像リスト

プラハでのヨーロッパ・コンサート1991は、モーツァルト・プログラム 映像を観る
マイニンゲンでのヨーロッパ・コンサート1994、ソロはバレンボイム 映像を観る
アバド指揮による1994年ベルリン・フィル東京公演 映像を観る
サンクトペテルブルクでのヨーロッパ・コンサート1996 映像を観る
ジルベスター・コンサート1996のテーマは、ダンス&ジプシー 映像を観る
アバドのブラームス「ドイツ・レクイエム」 映像を観る
ジルベスター・コンサート1997のテーマは、「カルメン」 映像を観る
アバドがストックホルムのヨーロッパ・コンサート1998を指揮! 映像を観る
ジルベスター・コンサート1998は「愛と憧憬の歌」がテーマ 映像を観る
カラヤン追悼コンサートでアバドがモーツァルトのレクイエムを演奏! 映像を観る
ジルベスター・コンサート1999は「グランド・ファイナル」 映像を観る
クラウディオ・アバドがヨーロッパ・コンサート2000を指揮! 映像を観る
ジルベスター・コンサート2000 映像を観る
クラウディオ・アバドがローマでベートーヴェンの交響曲8曲を指揮! 映像を観る
クラウディオ・アバドがベートーヴェンとメンデルスゾーンを指揮 映像を観る
アバドの最後のヨーロッパ・コンサートは、パレルモ 映像を観る
アバドがシューベルト、マーラー、ドビュッシーを指揮 映像を観る
アバドがブラームスの秘曲《リナルド》を指揮。テノール・ソロはカウフマン 映像を観る
アバドがポリーニと共演、メインはマーラーの交響曲第10番より〈アダージョ〉 映像を観る
マーラー没後100周年演奏会は、アバドの《大地の歌》 映像を観る
クラウディオ・アバドがシューマンとベルクの作品を指揮! 映像を観る
アバドがメンデルスゾーンの《真夏の夜の夢》とベルリオーズの幻想交響曲を指揮! 映像を観る
アバド、芸術監督&首席指揮者就任コンサート 映像を観る
アバドが「プロメテウス神話」にもとづく様々な音楽を指揮 映像を観る
1996年のヴァルトビューネは、アバド指揮による「イタリア・オペラの夕べ」 映像を観る