年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから
アーカイブ

演奏会が6本見つかりました: 小澤征爾

  • 小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場!

    小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場!

    Photo: Holger Kettner

    小澤征爾が約7年ぶりにベルリン・フィルに登場しました。1966年9月にデビューした彼は、2016年に楽団との50年のアニヴァーサリーを迎えます。この演奏会では、後半のみとはなっているものの、ベートーヴェンの《エグモント》序曲、合奏幻想曲を熱演。とりわけ前者は、ベルリン・フィルの求心的な協調も含めて、出色の出来映えとなっています。彼とベルリン・フィルの関係の、極致とも言える感動的な演奏です。小澤ファン、そして日本人として、正に必見の映像と言えるでしょう。

    2016年4月10日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    小澤征爾

    ピーター・ゼルキン

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      セレナード第10番《グラン・パルティータ》

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《エグモント》序曲

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      合唱幻想曲

      ピーター・ゼルキンピアノ), ベルリン放送合唱団

    • 無料映像

      小澤征爾、ベルリン・フィル名誉団員の称号を授与

    • 無料映像

      インタビュー/小澤征爾(聞き手:樫本大進)

    小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場! コンサートの詳細を見る
  • 小澤征爾がメンデルスゾーンのオラトリオ《エリア》を指揮

    小澤征爾がメンデルスゾーンのオラトリオ《エリア》を指揮

    メンデルスゾーンのオラトリオ《エリア》は、この作曲家の創作の頂点に位置づけられる作品と言えるでしょう。それは優れた合唱やアリアのパートがあふれているからだけでなく、「書かれることがなかったメンデルスゾーンのオペラ」と呼ばれるほど、作品全体がドラマティックな力を持っているためです。小澤征爾は、タイトルロールのマティアス・ゲルネ、アンネッテ・ダッシュ、ナタリー・シュトゥッツマンら一流のソリスト陣と共に、感動的な上演を成し遂げました。

    2009年5月17日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    小澤征爾

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      オラトリオ《エリア》

      アンネッテ・ダッシュソプラノ), ガル・ジェイムズソプラノ), ナタリー・シュトゥッツマンアルト), ナディーヌ・ヴァイスマンアルト), ポール・オニールテノール), アンソニー・ディーン・グリフィーテノール), マティアス・ゲルネバリトン), フェルナンド・ハヴィエル・ラドバス), ヴィクトール・ルードバス), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

    • 無料映像

      小澤征爾(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

    小澤征爾がメンデルスゾーンのオラトリオ《エリア》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 小澤征爾のブルックナーの交響曲第1番を指揮

    小澤征爾のブルックナーの交響曲第1番を指揮

    小澤征爾がブルックナーの交響曲第1番を指揮しました。2009年1月に収録されたもので、彼としては稀で貴重なレパートリーとなります。オンライン・マガジン『クラシック・インフォ』はこの時の演奏を次のように評しています。「いつ聴いても神秘に満ちた魔術師、小澤征爾は、コントラストを強調し、この作品が持つ様々な側面を自然に浮き彫りにした。彼は暗譜で指揮したが、ベルリン・フィルは彼の棒に素晴らしく反応していた」。

    2009年1月31日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    小澤征爾

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第1番ハ短調

    小澤征爾のブルックナーの交響曲第1番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 小澤征爾のヴァルトビューネ2003

    小澤征爾のヴァルトビューネ2003

    2015年9月1日、小澤征爾が80歳の誕生日を迎えます。デジタル・コンサートホールでは、これを記念して2003年のヴァルトビューネ・コンサートをアップ。ヴァルトビューネ・コンサートでは、「ガーシュウィン・ナイト」の名のもとに、《ラプソディー・イン・ブルー》、《パリのアメリカ人》などを指揮。マーカス・ロバーツ・トリオとの共演で、開放感のある彼らしいチャーミングな演奏を展開しています。ベルリン・フィルからの「オメデトウ、セイジ!」です。

    2003年6月29日
    ヴァルトビューネ・コンサート2003

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    小澤征爾

    マーカス・ロバーツ・トリオ

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《パリのアメリカ人》

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《ラプソディー・イン・ブルー》

      マーカス・ロバーツ・トリオ

    • ジョージ・ガーシュウィン
      へ調のコンチェルト(フランク・キャンベル=ワトソン校訂/マーカス・ロバーツ編)

      マーカス・ロバーツ・トリオ

    • マーカス・ロバーツ
      《コール・アフター・ミッドナイト》

      マーカス・ロバーツ・トリオ

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《ストライク・アップ・ザ・バンド》

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《アイ・ガット・リズム》

      マーカス・ロバーツ・トリオ

    • パウル・リンケ
      《ベルリンの風》

    小澤征爾のヴァルトビューネ2003 コンサートの詳細を見る
  • Seiji Ozawa conducts a Russian Night at the Waldbühne

    Seiji Ozawa conducts a Russian Night at the Waldbühne

    Few other countries have enriched the world of classical music with such dynamic compositions as Russia, a point well illustrated by an open-air concert held in the Berlin Waldbühne in 1993, when Tchaikovsky’s delicately whirling Nutcracker was coupled with Stravinsky’s tremendous Firebird and the archaic weight of Borodin’s Polovtsian Dances. The conductor of this Russian Night was Seiji Ozawa, whose energy and élan likewise seemed to know no bounds.

    20 Jun 1993
    From the Berlin Waldbühne

    Berliner Philharmoniker
    Seiji Ozawa

    • Nikolai Rimsky-Korsakov
      Russian Easter Festival, Overture, op. 36

    • Piotr Ilyich Tchaikovsky
      The Nutcracker Suite, op. 71a

    • Alexander Borodin
      Prince Igor: Polovtsian Dance No. 17

    • Igor Stravinsky
      The Firebird: Excerpts from the ballet

    • Piotr Ilyich Tchaikovsky
      Ouverture solennelle “1812”, op. 49

    • Aram Khachaturian
      Gayaneh: Sabre Dance

    • Piotr Ilyich Tchaikovsky
      Serenade for String Orchestra in C major, op. 48: Élégie

    • Johann Strauss
      Radetzky-Marsch, op. 228

    • Paul Lincke
      Berliner Luft

    Seiji Ozawa conducts a Russian Night at the Waldbühne コンサートの詳細を見る
  • 1986年サントリー・ホール開場直後のベルリン・フィル来日公演。小澤征爾指揮!

    1986年サントリー・ホール開場直後のベルリン・フィル来日公演。小澤征爾指揮!

    サントリー・ホールは、1986年10月12日にオープンしました。デジタル・コンサートホールでは、30周年を記念して開場直後に客演したベルリン・フィルの演奏会映像全曲をアップします。指揮は、ヘルベルト・フォン・カラヤンの代役に立った小澤征爾。彼がベルリン・フィルを日本で指揮したのは、この時が最初でした。NHK収録のこの映像が、テレビ放送以外で公開されるのは、これが初めて。貴重な映像をぜひご覧ください。

    1986年10月30日
    サントリー・ホール

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    小澤征爾

    • フランツ・シューベルト
      交響曲第7番ロ短調《未完成》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《英雄の生涯》

    • 無料映像

      サントリー・ホール30周年~ベルリン・フィル団員の思い出(日本語字幕付き)

    1986年サントリー・ホール開場直後のベルリン・フィル来日公演。小澤征爾指揮! コンサートの詳細を見る