年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから
アーカイブ

演奏会が11本見つかりました: Gustavo Dudamel

  • ヴァルトビューネ・コンサート2017はドゥダメル指揮

    ヴァルトビューネ・コンサート2017はドゥダメル指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    2017年のヴァルトビューネ・コンサートは、グスターボ・ドゥダメル指揮で行われます。演奏されるのは、シューマンとワーグナー。前者の交響曲第3番は、ドイツの自然の象徴であるライン川を主題としていますが、後者の《ニーべルングの指輪》でもラインの川底の黄金がテーマとなります。両者で大きな役割を担うのが、ロマンティックな楽器の典型であるホルン。グスターボ・ドゥダメルは、これまでコンサート指揮者としての活躍が目立ちましたが、近年はオペラ座にも登場しています。彼がワーグナーの楽劇全曲を指揮するのは、いつになるでしょうか。ここでは、ワーグナーの抜粋が存分にお楽しみいただけます。

    2017年7月1日
    ヴァルトビューネ・コンサート2017

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • ローベルト・シューマン
      交響曲第3番変ホ長調《ライン》

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ラインの黄金》より〈ヴァルハラ城への神々の入場〉

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《神々の黄昏》より〈ジークフリートのラインへの旅〉と葬送行進曲

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ジークフリート》より〈森のささやき〉

    • パウル・リンケ
      《ベルリンの風》

    ヴァルトビューネ・コンサート2017はドゥダメル指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがドヴォルザークの《新世界より》を指揮

    ドゥダメルがドヴォルザークの《新世界より》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    グスターボ・ドゥダメル指揮の当演奏会では、ドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》が演奏されています。彼の解釈は、ベルリン・フィルの表現力とヴィルトゥオジティを最大限に引き出したもの。ドヴォルザークの故郷への憧憬というよりは、むしろ明るく溌剌とした読みとなっており、彼の個性が満開となっています。ドラマチックな「爆演」とも言えますが、繊細さ、スタイリッシュさも確立されているのが特徴です。プログラムの前半は、2016/17年シーズンのアーティスト・イン・レジデンス、アダムズの《シティ・ノワール》。戦前戦後のアメリカを連想させる、ジャズの影響の濃い作品です。

    2017年6月9日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    ティモシー・マクアリスター

    • ジョン・アダムズ
      管弦楽のための《シティ・ノワール》

      ティモシー・マクアリスターサクソフォン

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第9番ホ短調《新世界より》

    • 無料映像

      ドヴォルザーク「交響曲第9番」スザンネ・シュテーアによる作品解説

    ドゥダメルがドヴォルザークの《新世界より》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがマーラーの《巨人》とモーツァルトの《ポストホルン》を指揮

    ドゥダメルがマーラーの《巨人》とモーツァルトの《ポストホルン》を指揮

    グスターボ・ドゥダメルがベルリン・フィルの定期演奏会に客演しました。今回指揮したのは、マーラーの交響曲第1番とモーツァルトの「ポストホルン・セレナーデ」。モーツァルトとマーラーは共に民謡の伝統を作曲に取り入れ、従来のジャンルを超える作品を生み出したゆえに、興味深い組み合わせと言えるでしょう。ドゥダメルの意欲あふれる指揮ぶりに、圧倒されます。

    2015年6月12日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      セレナード第9番ニ長調《ポストホルン》

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第1番ニ長調《巨人》

    ドゥダメルがマーラーの《巨人》とモーツァルトの《ポストホルン》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヴァルトビューネ・コンサート2014はドゥダメル指揮

    ヴァルトビューネ・コンサート2014はドゥダメル指揮

    2014年のヴァルトビューネ・コンサートは、グスターボ・ドゥダメルが登場しました。ドゥダメルがこの野外公演に登場するのは2008年以来、6年ぶりのこと。前半の演目はシェークスピアの生誕450年に因んで、チャイコフスキー作曲の《テンペスト》《ロメオとジュリエット》という2つの演奏会用序曲が取り上げられました。メインのブラームスの交響曲第1番でも、ドゥダメルはスケール豊かな演奏を聴かせています。

    2014年6月27日
    From the Berlin Waldbühne

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響幻想曲《テンペスト》

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      幻想序曲《ロメオとジュリエット》

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第1番ハ短調

    • レナード・バーンスタイン
      《ディベルティメント》からワルツ

    • ジョアキーノ・ロッシーニ
      《ウィリアム・テル》序曲

    • パウル・リンケ
      《ベルリンの風》

    ヴァルトビューネ・コンサート2014はドゥダメル指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがマーラーの交響曲第3番を指揮!

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第3番を指揮!

    マーラーの交響曲第3番は、交響曲の歴史において真に記念碑的な大作と呼べるでしょう。演奏時間はマーラーの交響曲の中でも最長に属し、全6楽章から成ります。本来この公演を指揮するはずだったマリス・ヤンソンスは病気でキャンセルとなり、代わりにグスターボ・ドゥダメルが指揮を務めることになりました。ドゥダメルとベルリン・フィルの共演による初のマーラーをどうぞお聴きください。

    2014年6月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    ゲルヒルト・ロンベルガー

    • ハリソン・バートウィッスル
      《ディナとニックの恋歌》

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第3番ニ短調

      カイ=ウーヴェ・イールカ合唱指揮), ベルリン国立大聖堂児童合唱団, ゲルヒルト・ロンベルガーメゾソプラノ), ベルリン放送合唱団女声団員, トビアス・レープナー合唱指揮

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第3番を指揮! コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがストラヴィンスキー、シューベルト、ベートーヴェンを指揮

    ドゥダメルがストラヴィンスキー、シューベルト、ベートーヴェンを指揮

    「私が知る中で、もっとも才能に溢れ、魅力的な指揮者だ」とサー・サイモン・ラトルに評された、ベネズエラ出身のグスターボ・ドゥダメルが客演します。ここで指揮したのは、ストラヴィンスキーの小管弦楽のための組曲第1番と第2番のほか、シューベルトとベートーヴェンの交響曲第4番。比較的小編成のオーケストラによる、室内楽的なプログラムです。若きドゥダメルの颯爽とした指揮でお楽しみください。

    2013年12月6日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      小管弦楽のための組曲第1番

    • フランツ・シューベルト
      交響曲第4番ハ短調

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      小管弦楽のための組曲第2番

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第4番変ロ長調

    • 無料映像

      インタビュー1/グスターボ・ドゥダメル(聞き手:サラ・ウィリス)

    • 無料映像

      インタビュー2/グスターボ・ドゥダメル(聞き手:エディクソン・ルイス)

    ドゥダメルがストラヴィンスキー、シューベルト、ベートーヴェンを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルのR・シュトラウス《ドン・ファン》、《ティル・オイレンシュピーゲル》

    ドゥダメルのR・シュトラウス《ドン・ファン》、《ティル・オイレンシュピーゲル》

    グスターボ・ドゥダメル指揮の演奏会では、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」とリヒャルト・シュトラウスの《ドン・ファン》、《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》が取り上げられました。ドゥダメルは、2012年4月にも、《ツァラトゥストラはこう語った》で名演を聴かせています。ここでも、音楽的なオーラの大きさ、精緻な音楽作りが強い印象を与えます。

    2013年2月3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • サミュエル・バーバー
      弦楽のためのアダージョ

    • リヒャルト・シュトラウス
      交響詩《ドン・ファン》

    • リヒャルト・シュトラウス
      交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》

    • 無料映像

      インタビュー/グスターボ・ドゥダメル(聞き手:サラ・ウィリス)

    ドゥダメルのR・シュトラウス《ドン・ファン》、《ティル・オイレンシュピーゲル》 コンサートの詳細を見る
  • 2012年ヨーロッパ・コンサートは、ドゥダメル指揮でウィーンから

    2012年ヨーロッパ・コンサートは、ドゥダメル指揮でウィーンから

    2012年のヨーロッパ・コンサートは、グスターボ・ドゥダメルの指揮で開催。会場は、ウィーンの宮廷スペイン乗馬学校です。華麗なバロック様式の建物で、18世紀の雰囲気を伝えていますが、演奏されるのも、ウィーン古典派にちなんだ曲目。ハイドンのチェロ協奏曲第1番、ベートーヴェンの交響曲第5番《運命》のほか、ハイドンへの最敬礼とも言うべきブラームスのハイドンの主題による変奏曲が選ばれています。チェロ独奏は、フランスのゴーティエ・カプソン。当演奏会は、彼のベルリン・フィルへのデビューでした。

    2012年5月1日
    ヨーロッパ・コンサート(ウィーン・宮廷スペイン乗馬学校)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    ゴーティエ・カプソン

    • ヨハネス・ブラームス
      ハイドンの主題による変奏曲

    • ヨーゼフ・ハイドン
      チェロ協奏曲第1番ハ長調

      ゴーティエ・カプソンチェロ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第5番ハ短調《運命》

    2012年ヨーロッパ・コンサートは、ドゥダメル指揮でウィーンから コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルの《ツァラトゥストラ》!コルンゴルトのソリストはカヴァコス

    ドゥダメルの《ツァラトゥストラ》!コルンゴルトのソリストはカヴァコス

    Photo: Kai Bienert

    グスターボ・ドゥダメルは、今や若手のみならず、現代で最も重要な指揮者のひとりに数えられるでしょう。音楽に没入し、オーケストラと聴衆を触発する才に長けたドゥダメルが、ベルリン・フィルと交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》をメインとしたプログラムに挑みました。 コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲でソロを務めるのは、ギリシャの名手レオニダス・カヴァコス。優美さとポエジーをたたえたラヴェルの《マ・メール・ロワ》も魅力的な演奏になっています。

    2012年4月28日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    レオニダス・カヴァコス

    • モーリス・ラヴェル
      《マ・メール・ロワ》

    • エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
      ヴァイオリン協奏曲

      レオニダス・カヴァコスヴァイオリン

    • リヒャルト・シュトラウス
      交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》

    • 無料映像

      インタビュー/グスターボ・ドゥダメル(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    ドゥダメルの《ツァラトゥストラ》!コルンゴルトのソリストはカヴァコス コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがショスタコーヴィチの交響曲第12番を指揮

    ドゥダメルがショスタコーヴィチの交響曲第12番を指揮

    Photo: Kai Bienert

    2009年9月のベルリン音楽祭ではショスタコーヴィチの作品が集中的に取り上げられました。ここではグスターボ・ドゥダメルが交響曲第12番を指揮しましたが、ベルリン・フィルがこの曲を演奏するのは実はこの時が初めてでした。グバイドゥーリナが2007年に作曲した〈グロリアス・パーカッション〉では、5人の打楽器ソリストによる多様な響きと効果に耳を奪われます。

    2009年9月19日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    アンサンブル・グロリアス・パーカッション

    • ソフィア・グバイドゥーリナ
      打楽器アンサンブルと管弦楽のための協奏曲〈グロリアス・パーカッション〉

      アンサンブル・グロリアス・パーカッション

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第12番ニ短調

    • 無料映像

      ソフィア・グバイドゥーリナ(聞き手:マルガレーテ・ツァンダー)

    ドゥダメルがショスタコーヴィチの交響曲第12番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがプロコフィエフ、ラフマニノフ、ストラヴィンスキーを指揮

    ドゥダメルがプロコフィエフ、ラフマニノフ、ストラヴィンスキーを指揮

    グスターボ・ドゥダメルによるロシア音楽プログラムです。プロコフィエフの交響曲第5番をメインに、ラフマニノフの《死の鳥》。さらにストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲では、ヴィクトリア・ムローヴァが共演しました。ドゥダメルは2008年のヴァルトビューネ・コンサートでベルリン・フィルにデビューしていますが、フィルハーモニーで指揮するのはこの時が初めてでした。

    2009年3月7日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    ヴィクトリア・ムローヴァ

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      交響詩《死の島》

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      ヴァイオリン協奏曲

      ヴィクトリア・ムローヴァヴァイオリン

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      交響曲第5番変ロ長調

    • 無料映像

      グスターボ・ドゥダメル(聞き手:エディクソン・ルイス)

    ドゥダメルがプロコフィエフ、ラフマニノフ、ストラヴィンスキーを指揮 コンサートの詳細を見る