アーカイブ

演奏会が19本見つかりました: Herbert Von Karajan

  • カラヤン指揮:ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」

    ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」は、1937年にアーヘンで初めて指揮してから最晩年に至るまで、カラヤンにとって重要な合唱作品のレパートリーでした。ここで聴くことができるのは、カラヤンが長年共同作業を共にしたウィーン楽友協会合唱団との共演による、1979年のザルツブルク・イースター音楽祭のライブ録音です。カラヤンはとりわけクレドに力を込めて指揮していますが、これは彼の信仰心の深さを示すものといえるでしょう。

    1979年4月13~14日
    ザルツブルク祝祭大劇場

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ミサ・ソレムニス

      アンナ・トモワ=シントウソプラノ), ルジャ・バルダーニアルト), エリック・タピー合唱指揮), ジョゼ・ファン・ダムバリトン), ウィーン楽友協会合唱団, ヘルムート・フロシャウアー合唱指揮

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:1978年ジルベスター・コンサート

    カラヤン指揮:1978年ジルベスター・コンサート

    カラヤンは、大交響曲の演奏で知られていますが、ポピュラー名曲を素晴らしく指揮することでも知られていました。ヴェルディやビゼー、リストらの作品を取り上げた1978年のジルベスター・コンサートでは、その一面を存分にご覧いただけます。

    1978年12月31日

    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      歌劇《運命の力》序曲

    • ジョルジュ・ビゼー
      《アルルの女》第2組曲より

    • フランツ・リスト
      ハンガリー狂詩曲第2番

    • エクトル・ベルリオーズ
      《ファウストの劫罰》よりラコッツィ行進曲

    • ピエトロ・マスカーニ
      歌劇《友人フリッツ》より第3幕間奏曲

    • フランツ・フォン・スッペ
      喜歌劇《軽騎兵》序曲

    カラヤン指揮:1978年ジルベスター・コンサート コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ブラームス「ドイツ・レクイエム」

    カラヤン指揮:ブラームス「ドイツ・レクイエム」

    カラヤンは、ドイツ・レクイエムの映像を2本残しています。これはそのひとつ目の1978年収録のもの。ソロに、グンドゥラ・ヤノヴィッツとジョゼ・ファン・ダムを迎えた豪華なもので、3月22日にザルツブルク・イースター音楽祭でライブ収録されています。カラヤンの完全なライブ映像は珍しいですが、これはその代表的なものです。とは言うものの、合唱の配置はカラヤンの美学を徹底させたもので、通常とは違うかなりスペースを取ったものとなっています。

    1978年3月24日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    グンドゥラ・ヤノヴィッツ, ジョゼ・ファン・ダム

    • ヨハネス・ブラームス
      ドイツ・レクイエム

      グンドゥラ・ヤノヴィッツソプラノ), ジョゼ・ファン・ダムバリトン), ヘルムート・フロシャウアー合唱指揮), ウィーン楽友協会合唱団

    カラヤン指揮:ブラームス「ドイツ・レクイエム」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ラヴェル、ドビュッシーの作品

    カラヤン指揮:ラヴェル、ドビュッシーの作品

    1978年2月収録のこの映像は、ドビュッシーとラヴェルというフランスのレパートリーを取り上げています。カラヤンの洗練された音響に対する美意識は、フランスものとは近距離にあったと言えるでしょう。彼はこの3曲を度々取り上げ、《海》は計4回、《牧神》は計3回、《ダフニス》は計2回録音しています。カラヤンは同年の12月に《ペレアスとメリザンド》も録音していますが、フランス音楽への取り組みが熟してきた時期の映像と呼べるかもしれません。

    1978年2月14~15日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • クロード・ドビュッシー
      《牧神の午後への前奏曲》

    • クロード・ドビュッシー
      《海》

    • モーリス・ラヴェル
      《ダフニスとクロエ》第2組曲

    カラヤン指揮:ラヴェル、ドビュッシーの作品 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン「第9」(1977年制作)

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「第9」(1977年制作)

    「すべての人々は兄弟となる」というそのメッセージゆえに、東西が分断されていたベルリンで「第9」は長らく特別な意味を持っていました。1963年10月、カラヤンとベルリン・フィルはベルリン・フィルハーモニーのオープニングをこの作品で飾っています。ここで聴くことのできる1977年のジルベスター・コンサートは、カラヤンが遺した「第9」の中でも、特に評価の高い映像として知られているものです。

    1977年12月31日
    ジルベスター・コンサート1977

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

      アンナ・トモワ=シントウソプラノ), ジョゼ・ファン・ダムバリトン), アグネス・バルツァテノール), ルネ・コロアルト), ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団テノール), ヴァルター・ハーゲン=グロル合唱指揮

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「第9」(1977年制作) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン、ウェーバー、ロッシーニ、ワーグナーの序曲

    カラヤン指揮:ベートーヴェン、ウェーバー、ロッシーニ、ワーグナーの序曲

    本質的に「劇場の人」だったカラヤンが、ここではベートーヴェン、ロッシーニ、ウェーバー、ワーグナーから5つの劇場音楽を選び、見事な指揮ぶりを披露しています。1975年1月に収録されたこの映像は、カラヤンとベルリン・フィルが遺した中でも特に感銘深い記録の一つに数えられるでしょう。

    1975年1月21~22日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《エグモント》序曲

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《コリオラン》序曲

    • カール・マリア・フォン・ウェーバー
      《魔弾の射手》序曲

    • ジョアキーノ・ロッシーニ
      《ウィリアム・テル》序曲

    • リヒャルト・ワーグナー
      《タンホイザー》序曲

    カラヤン指揮:ベートーヴェン、ウェーバー、ロッシーニ、ワーグナーの序曲 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:R・シュトラウス《ドン・キホーテ》(チェロ:ロストロポーヴィチ)

    カラヤン指揮:R・シュトラウス《ドン・キホーテ》(チェロ:ロストロポーヴィチ)

    カラヤンは、《ドン・キホーテ》をこよなく愛していました。1939年に初めて指揮して以来、80年代の晩年に至るまで、たびたび取り上げています。共演したチェリストは、マイナルディ、トルテリェ、フルニエ、ロストロポーヴィチ、マ、メネセス等。1976年には、ベルリン・フィルの首席チェロ奏者オトマール・ボロヴィツキと演奏しています。ロストロポーヴィチは、実演やレコード録音で、カラヤンと何度も共演しています。

    1975年1月1~31日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    ウルリヒ・コッホ, ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・キホーテ》

      ウルリヒ・コッホヴィオラ), ムスティスラフ・ロストロポーヴィチチェロ

    カラヤン指揮:R・シュトラウス《ドン・キホーテ》(チェロ:ロストロポーヴィチ) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:チャイコフスキー「交響曲第4~6番」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Tchaikovsky_K21_DCH.jpg

    カラヤンは、チャイコフスキーの名手として知られ、その交響曲、とりわけ第4~6番を何度も録音しました。この1973年の映像は、その最も充実した演奏に数えられるもので、レコード録音も同時に行われています。ベルリン・フィルの充実しきった響きは、このコンビの最盛期を象徴するものです。カラヤンは、録音はほとんどワンテイクで行ったと言われていますが、この演奏でも、本当にひと息で収録したかのような緊迫感が漂っています。必見です。

    1973年12月1~31日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第4番ヘ短調

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第5番ホ短調

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第6番ロ短調《悲愴》

    カラヤン指揮:チャイコフスキー「交響曲第4~6番」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ブラームス「交響曲第1~4番」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Brahms_K01_DCH.jpg

    ベートーヴェンやブルックナーと並んで、ブラームスの交響曲はカラヤンにとってもっとも重要なシンフォニー・レパートリーでした。1973年に収められたこの交響曲全集で、カラヤンはベルリン・フィルから深みのある音色を引き出し、情熱的な解釈を披露しています。

    1973年1月2~3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第1番ハ短調 op. 68

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第2番ニ長調 Op. 73

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第3番へ長調 Op. 90

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第4番ホ短調 Op. 98

    カラヤン指揮:ブラームス「交響曲第1~4番」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン《運命》(1972年制作)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Beeth5Farbe_K11_DCH.jpg

    カラヤンによるベートーヴェン全集の最後のタイトルは、《運命》です。1972年フィルハーモニーでの収録ですが、全9曲のなかでも、最も自然な映像に仕上がっているようです。第4番と同じ状況での収録らしく、フィルハーモニーで観客が入った状態で撮影されています。しかし、もちろん完全にライブではなく、多くの部分が演奏会後に観客なしで追加収録されており、その雰囲気は部分的に感じ取れると言えるでしょう。

    1972年2月28~29日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第5番ハ短調《運命》

    カラヤン指揮:ベートーヴェン《運命》(1972年制作) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン「交響曲第1・4番」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/karajan-beeth1-4.jpg

    交響曲第1番がスタジオ、第4番がフィルハーモニーでの収録となっています。スタジオ版は、当然のことながら人工性を感じさせますが、それは背景が明るく、コンサートの状況と相当に異なっているためでしょう。一方フィルハーモニー版は、それに比べればはるかに現実的な印象です。この映像は、観客が写っていますが、実際にはすべてがライブで収録されたのではなく、スタジオ環境で映像が別にテイクされています。

    1971年12月27~31日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第1番ハ長調

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第4番変ロ長調

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「交響曲第1・4番」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン「交響曲第2・8番」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/karajan-beeth2-8.jpg

    カラヤンのベートーヴェン交響曲全集から、交響曲第2番、第8番が演奏されています。このシリーズのなかでは比較的地味な曲目ですが、カラヤンとベルリン・フィルのウィットに富んだ洗練された演奏は、これらが他の交響曲に劣らない傑作であることを教えてくれます。全盛期のカラヤンならではの美しい指揮姿に、彼の映像芸術の成熟が感じられます。

    1971年11月8~17日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第8番ヘ長調

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第2番ニ長調

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「交響曲第2・8番」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン《英雄》、「交響曲第7番」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Beeth37_K05_DCH.jpg

    カラヤンのベートーヴェン交響曲全集のなかでも、特異な映像です。《英雄》と「第7番」は、フーゴー・ニーベリングの監督で撮影されていますが、ここでオーケストラは3つのひな壇状のボックスのなかに置かれ、カラヤンはそのボックスの前で指揮する形で撮影されています。コンサートでは考えられない非現実的な形態ですが、当時の時代性や志向、モダニズムが感じられ、かえって貴重な作品となっています。必見映像です。

    1971年10月18~21日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第7番イ長調

    カラヤン指揮:ベートーヴェン《英雄》、「交響曲第7番」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン「第9」(1968年制作)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Beeth9_K07_DCH.

    カラヤン&ベルリン・フィルの「第9」と言えば、クラシック音楽の代名詞でしょう。これは映像作品としては彼らの最初の「第9」に当たり、ここでカラヤンは、映像監督としてもデビューしています。

    1968年2月2~3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    クリスタ・ルートヴィヒ, グンドゥラ・ヤノヴィッツ, ヴァルター・ベリー, ジェス・トーマス

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

      クリスタ・ルートヴィヒアルト), グンドゥラ・ヤノヴィッツソプラノ), ヴァルター・ベリーバス), ジェス・トーマステノール), ヴァルター・ハーゲン=グロル合唱指揮), ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団

    • 無料映像

      ラトル、カラヤンを語る

    カラヤン指揮:ベートーヴェン「第9」(1968年制作) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン《田園》(1967年制作)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Beeth6_K06_DCH.jpg

    フーゴー・ニーベリングによる前衛的な手法を用いた《田園》は、カラヤンの映像作品のなかでも最も特異なものに数えられます。演奏は、1967年にベルリンのイエス・キリスト教会で収録。凝った映像と自然で練りあがった演奏のギャップが、面白い作品と言えるでしょう。

    1967年10月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第6番ヘ長調《田園》

    カラヤン指揮:ベートーヴェン《田園》(1967年制作) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:バッハ「ブランデンブルク協奏曲第3番」、「管弦楽組曲第2番」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Bach_K20_DCH.jpg

    カラヤンは生涯を通じてバッハの音楽に畏敬の念を抱き続けましたが、映像での記録はわずかしか残っていません。ここではその中から、1960年代に彼が指揮をしたブランデンブルク協奏曲第3番と管弦楽組曲第2番をお聴きいただけます。後者では、往年のソロ・フルート奏者カールハインツ・ツェラーが独奏を担当。カラヤンがチェンバロを弾きながら指揮する姿も貴重です。

    67~68年
    From the Salle Pleyel, Paris

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調

      ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      管弦楽組曲第2番ロ短調

      ヘルベルト・フォン・カラヤン

    カラヤン指揮:バッハ「ブランデンブルク協奏曲第3番」、「管弦楽組曲第2番」 コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:チャイコフスキー&ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第1・2番」(ピアノ:ワイセンベルク)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-TchaikRach_K13_DCH_2.jpg

    アレクシス・ワイセンベルクとのチャイコフスキーとラフマニノフのピアノ協奏曲は、このシリーズのなかでも白眉と言えるものでしょう。とりわけ後者は、カラヤンの美意識がもっとも徹底したもので、純粋のその映像美に酔わされます。人工的ではありますが、その人工性が一種の芸術性と感じられるところが、この魅力の秘密。何か非現実的で、神聖な儀式に参加しているような気分にさせられます。ワイセンベルクも、ソリストというよりは「カラヤンの楽器」というイメージです。

    67~71年

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    アレクシス・ワイセンベルク

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      ピアノ協奏曲第1番変ロ短調

      アレクシス・ワイセンベルクピアノ

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      ピアノ協奏曲第2番ハ短調

      アレクシス・ワイセンベルクピアノ

    カラヤン指揮:チャイコフスキー&ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第1・2番」(ピアノ:ワイセンベルク) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ドヴォルザーク《新世界より》(インタビュー付き)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan@DCH_K01_Dvorak.jpg

    アンリ=ジョルジュ・クルゾー監督によるカラヤンの白黒35ミリフィルム映像です。カラヤンは、《新世界より》を指揮するだけでなく、この作品について独自の考えをインタビューで述べています。

    1966年1月2日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第9番ホ短調《新世界より》

    • カラヤン、《新世界より》について語る(聞き手:デニス・スティーヴンス)

      ヘルベルト・フォン・カラヤン, デニス・スティーヴンス

    カラヤン指揮:ドヴォルザーク《新世界より》(インタビュー付き) コンサートの詳細を見る
  • カラヤン指揮:ベートーヴェン《運命》(1966年制作/インタビュー・リハーサル・本番)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Karajan-Beeth5Clouzot_K18_DCH.jpg

    アンリ=ジョルジュ・クルゾー監督のこの映像では、カラヤンの指揮の極意が紹介されています。カラヤンは《運命》の全曲を指揮しているだけでなく、リハーサルと音楽解釈の方法を説明しているのです。カラヤンの仕事部屋を垣間見る思いです。

    1966年1~12月

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・フォン・カラヤン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第5番ハ短調《運命》

    • 交響曲第5番ハ短調《運命》(リハーサルとインタビュー)

      ヘルベルト・フォン・カラヤン

    カラヤン指揮:ベートーヴェン《運命》(1966年制作/インタビュー・リハーサル・本番) コンサートの詳細を見る