アーカイブ

近日アップ予定:

ペトレンコとF・P・ツィンマーマンがベルクのヴァイオリン協奏曲で共演

コンサートの詳細を見る

演奏会が24本見つかりました: Kirill Petrenko

  • ペトレンコとトリフォノフがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演

    ペトレンコとトリフォノフがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演

    Photo: Stephan Rabold

    ダニール・トリフォノフはこれまでベルリン・フィルと、シューマン、スクリャービン、ラフマニノフなどロマン派&後期ロマン派のピアノ協奏曲を共演してきました。このベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番では、英雄的な意思と夢のような思索が交互に展開され、その魅力を存分に発揮しています。同時に、彼が敬愛していたモーツァルトからの影響も垣間見ることができるでしょう。メンデルスゾーンが15歳の時に書いた交響曲第1番も、やはりモーツァルトから触発された作品。若さを感じさせながら、すでに成熟した作曲家のスタイルへの道筋を指し示しています。

    2020年9月1日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノ協奏曲第3番ハ短調

      ダニール・トリフォノフピアノ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノソナタ第18番変ホ長調

      ダニール・トリフォノフ

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      交響曲第1番ハ短調

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:オラフ・マニンガー)

    ペトレンコとトリフォノフがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演 コンサートの詳細を見る
  • 2020/21年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがシェーンベルクとブラームスを指揮

    2020/21年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがシェーンベルクとブラームスを指揮

    Photo: Stephan Rabold

    首席指揮者キリル・ペトレンコ指揮による2020/21年シーズンのオープニング・コンサートは、19世紀と20世紀を結ぶふたつの傑作で構成されています。ブラームス晩年の憂愁に満ちた交響曲第4番と、シェーンベルクの《浄夜》ですが、シェーンベルクはブラームスより強い影響を受け、後にその作曲理念を彼自身の技法に取り入れています。《浄夜》は、12音音楽を確立する前の後期ロマン派の様式で描かれており、リヒャルト・デーメルの官能的な詩に想を得ています。

    2020年8月28日
    2020/21年シーズン開幕演奏会

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • アルノルト・シェーンベルク
      《浄夜》(弦楽合奏のための1943年版)

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第4番ホ短調

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:オラフ・マニンガー)

    2020/21年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがシェーンベルクとブラームスを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ペトレンコ・ライヴ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ペトレンコ・ライヴ

    Photo: Stephan Rabold

    今回のベルリン・フィル・シリーズでは、首席指揮者キリル・ペトレンコの指揮による弦と管のアンサンブル作品が演奏されました。モーツァルトの《グラン・パルティータ》は、13の管楽器のために書かれた大掛かりなハルモニームジークで、7楽章構成、演奏時間約50分という異例の大曲。一方、ドヴォルザークの弦楽セレナードは、作曲家33歳の年に書かれた比較的初期の作品です。スラヴ風のメランコリーと舞踏的な陽気さが混じった曲調となっています。

    2020年6月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ご挨拶

      マシュー・マクドナルド

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      セレナード第10番変ロ長調《グラン・パルティータ》

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:エヴァ=マリア・トマジ)

    • アントニン・ドヴォルザーク
      弦楽のためのセレナード ホ長調

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ペトレンコ・ライヴ コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:キリル・ペトレンコ・ライブ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:キリル・ペトレンコ・ライブ

    Photo: Monika Rittershaus

    大きな反響を呼んだヨーロッパ・コンサートの後、キリル・ペトレンコが再びベルリン・フィルのメンバーたちとフィルハーモニーにて無観客公演を行いました。今回のテーマは世紀末から1920年代にかけて生まれた作品。後期ロマン派の雰囲気に刻印されたシェーンベルクの《浄夜》、フランスの近代音楽の出発点となったドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》、そしてヒンデミットによる機知に富んだ室内音楽第1番というプログラムです。シェーンベルクの《浄夜》について、rbbKulturradioは「これ以上に美しい演奏はないだろう」と評しました。

    2020年5月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ご挨拶

      フィリップ・ボーネン

    • クロード・ドビュッシー
      《牧神の午後への前奏曲》(ベンノ・ザックスによる編曲版)

    • パウル・ヒンデミット
      室内音楽第1番

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:フィリップ・ボーネン)

    • アルノルト・シェーンベルク
      《浄夜》(弦楽合奏のための1943年版)

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:キリル・ペトレンコ・ライブ コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサートがペトレンコ指揮で無観客開催

    ヨーロッパ・コンサートがペトレンコ指揮で無観客開催

    Photo: Monika Rittershaus

    新型コロナウィルスの蔓延により、ヨーロッパ・コンサートの開催は非現実的と予想されていましたが、内容を変更して急遽実現。会場は本来のテル・アヴィヴではなく、ベルリン・フィルハーモニー で無観客で行われました。キリル・ペトレンコの指揮のもと、ベルリン・フィルは最大15人の室内アンサンブル編成で演奏しています。プログラム前半は、「兄弟」を意味するペルトの《フラトレス》、死者への哀悼に満ちたバーバーの「弦楽のためのアダージョ」など、ヨーロッパ諸国への連帯を表明する内容です。また後半は、エルヴィン・シュタインによるマーラー「交響曲第4番」の室内アンサンブル版が演奏されています。

    2020年5月1日
    ヨーロッパ・コンサート (ベルリン)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    クリスティアーネ・カルク

    • ご挨拶

      スタンリー・ドッズ

    • アルヴォ・ペルト
      《フラトレス》

    • ジェルジ・リゲティ
      弦楽合奏のための《ラミフィカシオン》

    • サミュエル・バーバー
      弦楽のためのアダージョ Op. 11

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:オラフ・マニンガー)

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第4番ト長調 (エルヴィン・シュタインによる室内アンサンブル版)

      クリスティアーネ・カルクソプラノ

    ヨーロッパ・コンサートがペトレンコ指揮で無観客開催 コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリンのアメリカ人

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリンのアメリカ人

    Photo: Stephan Rabold

    観客のいないフィルハーモニーからお送りする本シリーズのこの回では、アメリカ音楽がテーマとなります。第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーとベルリン・フィルの打楽器奏者が、ガーシュウィン、ケージ、ビーチらのリズムとエネルギーに溢れる新大陸の作品を演奏。さらにアーカイブから、キリル・ペトレンコ指揮によるバーンスタイン「《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス」と、サイモン・ラトル指揮でブラッドリーのアニメ『トムとジェリー』の音楽作品が取り上げられます。

    2020年4月25日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • ご挨拶

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン

    • ジョン・アダムズ
      《ショート・ライド・イン・ア・ファースト・マシーン》

      サー・サイモン・ラトル指揮

    • ジョン・コリリアーノ
      《ストンプ》

    • ジョージ・ガーシュウィン
      クラリネットとピアノのための前奏曲第1番

      ヴェンツェル・フックスクラリネット), オハッド・ベン=アリーピアノ

    • エイミー・ビーチ
      ヴァイオリンとピアノのための《ロマンス》

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン), オハッド・ベン=アリーピアノ

    • チャールズ・アイヴズ
      《答えのない質問》

    • ジョン・ケージ
      《サード・コンストラクション》

      ラファエル・ヘーガーパーカッション), ジーモン・レスラーパーカッション), フランツ・シンドルベックパーカッション), ヤン・シュリヒテパーカッション

    • レナード・バーンスタイン
      《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス

      キリル・ペトレンコ指揮

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《ポーギーとベス》よりヴァイオリンとピアノのための4つの小品

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン), オハッド・ベン=アリーピアノ

    • スコット・ブラッドリー
      アニメ『トムとジェリー』の音楽

      サー・サイモン・ラトル指揮

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリンのアメリカ人 コンサートの詳細を見る
  • 無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その4)「ベートーヴェン特集」

    無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その4)「ベートーヴェン特集」

    イースター@フィルハーモニー音楽祭の最終回は、ベートーヴェン特集です。交響曲、協奏曲のハイライトがクラウディオ・アバド、サイモン・ラトル、ダニエル・バレンボイム、ニコラウス・アーノンクールの指揮・ソロでご覧いただけます。キリル・ペトレンコは、交響曲第7番の全曲で登場。ヘルベルト・フォン・カラヤンもゲスト出演いたします。加えて、ベルリン・フィル団員が室内楽作品の数々を演奏。今回も無料映像です。

    2020年4月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • 無料映像

      イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その4)

      クラウディオ・アバド指揮), ダニエル・バレンボイム指揮), ニコラウス・アーノンクール指揮), ズービン・メータ指揮), キリル・ペトレンコ指揮), サー・サイモン・ラトル指揮), ヴェンツェル・フックスクラリネット), クリストフ・ハルトマンオーボエ), トーマス・ライエンデッカートロンボーン), アルブレヒト・マイヤーオーボエ), オラフ・オットトロンボーン), シュテファン・シュヴァイゲルトファゴット), ドミニク・ヴォレンヴェーバーイングリッシュホルン), サラ・ウィリス司会

    無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その4)「ベートーヴェン特集」 コンサートの詳細を見る
  • 無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その2)「マーラー特集」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/_22A1702-6_2.jpg

    Photo: Heribert Schindler

    イースター@フィルハーモニー音楽祭の第2回公演です!マーラー特集と題した今回も、ベルリン・フィル団員とオーケストラのフレンズたちによる、多彩なプログラムが展開されています。交響曲第2、3、5番からネルソンス、ドゥダメル、ロレンツォ・ヴィオッティが抜粋を指揮。またガランチャ、ゲルハーヘルの歌唱もお楽しみいただけます。スペシャル・ゲストとして、アンナ・プロハスカがこの番組のために特別に登場。プログラムの最後には、キリル・ペトレンコ指揮のマーラー「交響曲第6番」の長大な終楽章が置かれています。

    2020年4月8日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • 無料映像

      イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その2)「マーラーの世界」

      グスターボ・ドゥダメル指揮), アンドリス・ネルソンス指揮), キリル・ペトレンコ指揮), サー・サイモン・ラトル指揮), ロレンツォ・ヴィオッティ指揮), エリナ・ガランチャメゾソプラノ), クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン), マタン・ポラートピアノ), アンナ・プロハスカソプラノ), サラ・ウィリス司会

    無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その2)「マーラー特集」 コンサートの詳細を見る
  • 無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その1)「過去と現在」

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/Episode1_Easter@.jpg

    現在フィルハーモニーは一時閉鎖され、バーデン=バーデン・イースター音楽祭も中止となりました。しかしベルリン・フィルは、「イースター@フィルハーモニー音楽祭」で、皆様に音楽を届け続けます。第1回では、ベルリン・フィルのイースター音楽祭の歴史を、過去と現在の映像やドキュメンタリーで綴ります。この映像のために特別に空のフィルハーモニーで収録された室内楽作品にも注目。プログラムは、キリル・ペトレンコ指揮によるチャイコフスキー「交響曲第5番」で締めくくられます。

    2020年4月4日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • 無料映像

      イースター@フィルハーモニー音楽祭(その1)

      サー・サイモン・ラトル指揮), ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮), クラウディオ・アバド指揮), キリル・ペトレンコ指揮), グンドゥラ・ヤノヴィッツソプラノ), マリー=ピエール・ラングラメハープ), マルティン・レールチェロ), アルブレヒト・マイヤーオーボエ), サラ・ウィリス司会

    無料映像:イースター@フィルハーモニー音楽祭 (その1)「過去と現在」 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_KP_YW_130418_054_MRx-DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    当コンサートでキリル・ペトレンコが指揮したのは、1940年から50年代にかけて書かれた3つの作品です。リズミカルな力を持つストラヴィンスキーの3楽章の交響曲、革新性とブラジルの雰囲気が融合したツィンマーマンの《アラゴアーナ》、そして艶めかしくメランコリックなラフマニノフの交響的舞曲。いずれも12音技法とは一線を画した明確な調性を持ち、興味深い聴き比べになることでしょう。

    2020年2月15日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      3楽章の交響曲

    • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
      バレエ組曲《アラゴアーナ》(ブラジル風奇想曲)

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      交響的舞曲

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:クリストフ・シュトロイリ)

    ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコ初の教育プログラム:プッチーニ《修道女アンジェリカ》

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/SuorAngelica_DCH.jpg

    Photo: Michael Trippel

    キリル・ペトレンコ指揮による最初の教育プログラムに選ばれたのは、プッチーニのオペラ《修道女アンジェリカ》。修道院の女性たちを描いたこの特異なオペラは、人間性とその尊厳をテーマにした、今日においてもアクチュアルな意味を失っていません。演出にニコラ・ヒュンペルを迎え、若手の女性ソリストとヴォーカル・ヒーローズ合唱団、さらにカラヤン・アカデミー奨学生たちと共に作り上げた舞台をご覧ください。

    2020年2月1日

    カラヤン・アカデミー
    キリル・ペトレンコ

    ヴォーカル・ヒーローズ合唱団, ニコラ・ヒュンペル, アン・トゥーメイ, カタリーナ・ダライマン

    • 無料映像

      ジャコモ・プッチーニ
      《修道女アンジェリカ》

      ヴォーカル・ヒーローズ合唱団, ニコラ・ヒュンペル演出と衣装), オリヴァー・プロスケ舞台コンセプトと映像), アン・トゥーメイソプラノ), カタリーナ・ダライマンソプラノ), ダニエラ・ヴェガメゾソプラノ), フルー・バロンメゾソプラノ), サラ・ローランメゾソプラノ), オーロラ・マルテンスソプラノ), チン・ワンソプラノ), アフロディティ・パトゥリドゥソプラノ), アレッシア・シューマッハーソプラノ), エカテリーナ・バジャノワメゾソプラノ), ハ・ヨジョンソプラノ), ベルナデータ・アスタリソプラノ), 川口ゆいダンスと合唱振り付け), マタン・ポラートピアノと作曲

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ、プッチーニ《修道女アンジェリカ》について語る

    ペトレンコ初の教育プログラム:プッチーニ《修道女アンジェリカ》 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがマーラーの交響曲第6番を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/Phil_190828_SR_0315-DCH.jpg

    Photo: Stephan Rabold

    キリル・ペトレンコがベルリン・フィルとマーラーの曲を初めて共演。文字通り圧倒的な名演を生み出しました。交響曲第6番はマーラーの作品群の中でもとりわけ複雑さを極め、激情と牧歌、自然、勝利とカタストロフィー、生と死が渾然一体となっています。世界のパノラマとマーラーの内なる世界を伝える作品といえるでしょう。アルマ・マーラーは「これほど彼の心から直に湧き出た曲は他にない」と述べています。

    2020年1月25日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第6番

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:マルティン・メンキング)

    ペトレンコがマーラーの交響曲第6番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコとバレンボイムがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/Phil_200109_117_SR-DCH.jpg

    Photo: Stephan Rabold

    新首席指揮者のキリル・ペトレンコとベルリン・フィルの長年の「フレンド」であるバレンボイムによる注目すべき共演が実現しました。演目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番です。後半では、ペトレンコが強い思い入れを持つヨーゼフ・スークの交響曲第2番《アスラエル》が満を持して演奏されています。

    2020年1月11日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ダニエル・バレンボイム

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノ協奏曲第3番ハ短調

      ダニエル・バレンボイムピアノ

    • フランツ・シューベルト
      即興曲第2番変イ長調 Op. 142-2, D935

      ダニエル・バレンボイム

    • ヨーゼフ・スーク
      交響曲第2番ハ短調《アスラエル》

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:アレクサンダー・バーダー)

    ペトレンコとバレンボイムがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演 コンサートの詳細を見る
  • ジルベスター・コンサート2019でペトレンコとダムラウが共演

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_KP_DD_291219_007-DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】新首席指揮者のキリル・ペトレンコが初めてジルベスター・コンサートを指揮しました。これまでベルリン・フィルとはドイツものやロシアものを中心に共演してきたペトレンコですが、大晦日のコンサートに選んだのはアメリカ音楽!有名なバーンスタインの《ウエスト・サイド・ストーリー》、ガーシュウィンの《パリのアメリカ人》のほか、リチャード・ロジャーズのミュージカルソングなどをスターソプラノ歌手、ディアナ・ダムラウと共演しています。

    2019年12月31日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ディアナ・ダムラウ

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《ガール・クレイジー》序曲

    • リチャード・ロジャーズ
      《回転木馬》より〈もしもあなたを愛したら〉

      ディアナ・ダムラウソプラノ

    • レナード・バーンスタイン
      《ウエスト・サイド・ストーリー》より〈何てきれいなの〉

      ディアナ・ダムラウソプラノ

    • レナード・バーンスタイン
      《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス

    • クルト・ヴァイル
      《ヴィーナスの接吻》より〈愚かな心〉

      ディアナ・ダムラウソプラノ

    • クルト・ヴァイル
      《闇の女》より交響的夜想曲(ロバート・ラッセル・ベネット編曲による組曲)

    • スティーヴン・ソンドハイム
      《リトル・ナイト・ミュージック》より〈ピエロを招き入れて〉

      ディアナ・ダムラウソプラノ

    • ハロルド・アーレン
      《オズの魔法使い》より〈虹の彼方に〉

      ディアナ・ダムラウソプラノ

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《パリのアメリカ人》

    • フレデリック・ロウ
      《マイ・フェア・レディ》より〈踊りあかそう〉

      ディアナ・ダムラウ

    • フランツ・ワックスマン
      《隊長ブーリバ》より〈ライド・オブ・コサック〉

    • 無料映像

      クレイグ・アークハート(聞き手:ノア・ベンディックス=バルグリー)

    • 無料映像

      ディアナ・ダムラウ(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

    ジルベスター・コンサート2019でペトレンコとダムラウが共演 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがブランデンブルク門前でベートーヴェン「第9」を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_240819_KP_Beethoven9_008.jpg

    Photo: Stephan Rabold

    首席指揮者就任演奏会の翌日、キリル・ペトレンコとベルリン・フィルは、ブランデンブルク門前で行われる入場無料の野外コンサートに出演しました。演目は前日と同じくベートーヴェンの交響曲第9番。1989年のベルリンの壁崩壊から30周年の節目に際して上演する「第9」は、この曲の精神を体現する形で、国境を超えたメッセージを放つことになりました。

    2019年8月24日
    ブランデンブルク門前の野外コンサート

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    マルリス・ペーターゼン, エリーザベト・クルマン, ベンヤミン・ブルンス, ユン・クヮンチュル, ベルリン放送合唱団

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

      マルリス・ペーターゼンソプラノ), エリーザベト・クルマンアルト), ベンヤミン・ブルンステノール), ユン・クヮンチュルバス), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    ペトレンコがブランデンブルク門前でベートーヴェン「第9」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 首席指揮者就任演奏会:ペトレンコがベートーヴェンの交響曲第9番を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/Phil_180823_SR_1057-DCH.jpg

    Photo: Stephan Rabold

    当公演をもって、キリル・ペトレンコがベルリン・フィルの新首席指揮者に就任しました。演目はベートーヴェンの交響曲第9番。歓喜に満ちた終楽章を持つ「第9」こそ、この祝祭的な場にふさわしいといえるでしょう。ベートーヴェンに先立ち、2019/20年シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」であるソプラノのマルリス・ペーターゼンを独唱に迎えて、ベルクの《ルル》組曲が演奏されています。

    2019年8月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    マルリス・ペーターゼン, エリーザベト・クルマン, ベンヤミン・ブルンス, ユン・クヮンチュル, ベルリン放送合唱団

    • アルバン・ベルク
      《ルル》組曲

      マルリス・ペーターゼンソプラノ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

      マルリス・ペーターゼンソプラノ), エリーザベト・クルマンアルト), ベンヤミン・ブルンステノール), ユン・クヮンチュルバス), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:ルートヴィヒ・クヴァント)日本語字幕付き

    • 無料映像

      マルテ・クラスティングによる楽曲解説

    首席指揮者就任演奏会:ペトレンコがベートーヴェンの交響曲第9番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコとコパチンスカヤがシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲で共演

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_K_Petrenko_P_Kopa_070319_007_DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    キリル・ペトレンコは、2017年の客演時に、チャイコフスキーの《悲愴》を指揮しましたが、ここではその交響曲第5番を取り上げました。シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲でソロを務めるのは、パトリシア・コパチンスカヤ。旧ソ連圏モルドバ出身の彼女は、現代音楽の紹介にも熱心ですが、1989年にウィーンに移住し、オーストリアの音楽伝統を継承しています。ペトレンコもシベリア出身で西オーストリアで育っており、似た背景を持つ両者の共演となりました。

    2019年3月9日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    パトリシア・コパチンスカヤ

    • アルノルト・シェーンベルク
      ヴァイオリン協奏曲

      パトリシア・コパチンスカヤヴァイオリン

    • モーリス・ラヴェル
      ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲第1番

      パトリシア・コパチンスカヤヴァイオリン), ブリュノ・ドルプレールチェロ

    • ダリウス・ミヨー
      ヴァイオリンとクラリネットのための《戯れ》

      パトリシア・コパチンスカヤヴァイオリン), アンドレアス・オッテンザマークラリネット

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第5番ホ短調

    • 無料映像

      パトリシア・コパチンスカヤ、シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲について語る

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:スタンリー・ドッズ)

    ペトレンコとコパチンスカヤがシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • 無料映像!ペトレンコがブンデスユーゲント管弦楽団を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/Phil_190109_1092-DCH.jpg

    Photo: Stephan Rabold

    ドイツを代表するユースオケであるブンデスユーゲント管弦楽団の創設50周年を記念して、ベルリン・フィルの次期首席指揮者キリル・ペトレンコが指揮しました。メインのストラヴィンスキーの「春の祭典」は前任者のサイモン・ラトルが繰り返し指揮した演目ですが、ペトレンコは若者を誘導し、作品の世界に引き込むような指揮を見せています。ウィリアム・クラフトのティンパニ協奏曲では、ベルリン・フィルのソロ・ティンパニ奏者、ヴィーラント・ヴェルツェルが共演していますが、彼はブンデスユーゲント管のOBでもあります。

    2019年1月9日

    ブンデス・ユーゲント管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ヴィーラント・ヴェルツェル

    • 無料映像

      レナード・バーンスタイン
      《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス

    • 無料映像

      ウィリアム・クラフト
      ティンパニと管弦楽のための協奏曲第1番

      ヴィーラント・ヴェルツェルティンパニ

    • 無料映像

      イゴール・ストラヴィンスキー
      《春の祭典》

    無料映像!ペトレンコがブンデスユーゲント管弦楽団を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがベルリン旧プロイセン王宮でベートーヴェンとR・シュトラウスを指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_KP_Schloss_250818_002_DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    再建中のベルリン旧プロイセン王宮にて、次期首席指揮者キリル・ペトレンコ指揮ベルリン・フィルによるオープンエアコンサートが実現しました。ベルリン旧プロイセン王宮はかつてのホーエンツォレルン家の居城で、第2次世界大戦により大きく破損。現在、2020年の完成を目指して工事が進められています。コンサートの舞台となったのは、王宮の中心に位置するバロック様式のシュリューターホーフです。歴史的な場所での特別なコンサートをぜひご体験ください。

    2018年8月25日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・ファン》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《死と変容》

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第7番イ長調

    ペトレンコがベルリン旧プロイセン王宮でベートーヴェンとR・シュトラウスを指揮 コンサートの詳細を見る
  • おすすめ映像: ペトレンコ指揮、2018/19年シーズン開幕コンサート

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_K_Petrenko_240818_004_DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    ベルリン・フィルの2018/19年シーズン開幕演奏会では、2019/20年シーズンからの首席指揮者、キリル・ペトレンコがタクトを取りました。プログラムは、R・シュトラウスの《ドン・ファン》、《死と変容》およびベートーヴェンの交響曲第7番。ロシア生まれのペトレンコですが、10代でオーストリアに移住し、フェルトキルヒ(スイスと接するフォアアールベルク州の中心都市)とウィーンで音楽教育を受けました。2006年からベルリン・フィルとの共演を重ねてきた彼が、ドイツ本流のレパートリーのみでプログラムを組むのは今回が初めて。期待を裏切らない鮮烈なスタートとなりました。

    2018年8月24日
    2018/19年シーズン開幕コンサート

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・ファン》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《死と変容》

    • 無料映像

      ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第7番イ長調

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:エマニュエル・パユ)日本語字幕付き

    おすすめ映像: ペトレンコ指揮、2018/19年シーズン開幕コンサート コンサートの詳細を見る
  • キリル・ペトレンコがユジャ・ワンと共演。メインはF・シュミット

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_KP_YW_120418_008_DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    次期ベルリン・フィル首席指揮者のキリル・ペトレンコが、ロシア、フランス、ドイツもののプログラムを指揮しました。その成果は、まさに圧巻です!デュカスの《ペリ》は、ディアギレフのロシア・バレエ団のために作曲された作品。フランツ・シュミットの交響曲第4番は、愛娘の死を悼んで書かれました。プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番は、20世紀のコンチェルトのなかでも特に人気の高い作品です。今回は中国のスター・ピアニスト、ユジャ・ワンがソロを務めています。

    2018年4月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ユジャ・ワン

    • ポール・デュカス
      《ラ・ペリ》

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      ピアノ協奏曲第3番ハ長調

      ユジャ・ワンピアノ

    • フランツ・シュミット
      交響曲第4番ハ長調

    • 無料映像

      ユジャ・ワン(聞き手:アンドレアス・オッテンザマー)

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:クヌート・ヴェーバー)日本語字幕付き

    キリル・ペトレンコがユジャ・ワンと共演。メインはF・シュミット コンサートの詳細を見る
  • 次期首席指揮者ペトレンコが《ハフナー》と《悲愴》を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/core/BPhil_220317_Petr_001dch.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    キリル・ペトレンコは、2015年6月21日にベルリン・フィルの次期首席指揮者に選ばれました。この演奏会は、任命後、初めての登場となった時のものです。プログラムは、モーツァルトの《ハフナー》、アダムズの《ウンド・ドレッサー》(独唱:ゲオルク・ニーグル/日本語字幕付き)、チャイコフスキーの《悲愴》。とりわけモーツァルトとチャイコフスキーの作品は、指揮者の解釈と音楽性が如実に出る作品ですが、ペトレンコはたいへん個性的で、独自の演奏を聴かせています。CDがほとんど存在しない指揮者であり、デジタル・コンサートホールでの映像は、実に貴重。彼のスタイルやベルリン・フィルとの相性を知るうえで、必聴の映像と言えます。

    2017年3月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ゲオルク・ニーグル

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      交響曲第35番ニ長調

    • ジョン・アダムズ
      バリトンと管弦楽のための《ウンド・ドレッサー》

      ゲオルク・ニーグルバリトン

    • 無料映像

      ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第6番ロ短調《悲愴》

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:オラフ・マニンガー)日本語字幕付き

    次期首席指揮者ペトレンコが《ハフナー》と《悲愴》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコ指揮の詩篇交響曲と《法悦の詩》。知られざるルーディ・シュテファン作品も!

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Petrenko-DCH.jpg

    キリル・ペトレンコの圧倒的な演奏が聴ける映像です。この演奏会では、ルーディ・シュテファンという知られざる作曲家の作品を取り上げていますが、何よりも耳を奪うのは、スクリャービンの《法悦の詩》。彼が全身全霊を掛けて指揮する姿には、思わず固唾を呑んで見入ってしまいます!

    2012年12月21日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ベルリン放送合唱団

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      詩篇交響曲

      ベルリン放送合唱団, カスパース・プトニンシ合唱指揮

    • ルーディ・シュテファン
      ヴァイオリンと管弦楽のための音楽

      ダニエル・スタブラヴァヴァイオリン

    • ルーディ・シュテファン
      1楽章の管弦楽のための音楽

    • 無料映像

      アレクサンドル・スクリャービン
      《法悦の詩》

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:アレクサンダー・バーダー)

    ペトレンコ指揮の詩篇交響曲と《法悦の詩》。知られざるルーディ・シュテファン作品も! コンサートの詳細を見る
  • キリル・ペトレンコがエルガーとベートーヴェンを指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Petrenko2009DCH.jpg

    ベルリン・フィル次期首席指揮者のキリル・ペトレンコが、第2回目に当楽団に客演した時の映像です。エルガーの第2交響曲という特異な選曲に、彼の多様性が現れています。またラルス・フォークトとのベートーヴェン「ピアノ協奏曲第3番」も明快な名演です。

    2009年5月10日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ラルス・フォークト

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノ協奏曲第3番ハ短調

      ラルス・フォークトピアノ

    • 無料映像

      エドワード・エルガー
      交響曲第2番変ホ長調

    • 無料映像

      ラルス・フォークト キリル・ペトレンコ(聞き手:サラ・ウィリス)

    キリル・ペトレンコがエルガーとベートーヴェンを指揮 コンサートの詳細を見る