アーカイブ

演奏会が8本見つかりました: エマニュエル・パユ

  • ハーディングがシューマン「第2」を指揮。リンドベルイのヴァイオリン協奏曲はF・P・ツィンマーマンで

    ハーディングがシューマン「第2」を指揮。リンドベルイのヴァイオリン協奏曲はF・P・ツィンマーマンで

    ダニエル・ハーディングが、シューマンの交響曲第2番を指揮しました。この作曲家のファンが特に愛する作品ですが、実はハーディングはかなりのシューマン・マニア。ここでも驚くほど明快な解釈を聴かせています。フランク・ペーター・ツィンマーマン独奏によるリントベルイのヴァイオリン協奏曲は、現代音楽作品としてはたいへん聴きやすい作品。またブーレーズの《メモリアル(...エクスプロザント=フィクス...)》のソロは、エマニュエル・パユが担当しています。

    2016年1月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・ハーディング

    フランク・ペーター・ツィンマーマン, エマニュエル・パユ

    • アントニン・ドヴォルザーク
      《オセロ》序曲

    • マグヌス・リンドベルイ
      ヴァイオリン協奏曲(ドイツ初演・財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、スウェーデン放送交響楽団、ラジオ・フランス共同委嘱作品)

      フランク・ペーター・ツィンマーマンヴァイオリン

    • ピエール・ブーレーズ
      フルートと8つの楽器のための《メモリアル(...エクスプロザント=フィクス...)》オリジナル版

      エマニュエル・パユフルート

    • ローベルト・シューマン
      交響曲第2番ハ長調

    • 無料映像

      インタビュー:マグヌス・リントベルイ(聞き手:フランク・ペーター・ツィンマーマン)

    • 無料映像

      インタビュー:ダニエル・ハーディング(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ハーディングがシューマン「第2」を指揮。リンドベルイのヴァイオリン協奏曲はF・P・ツィンマーマンで コンサートの詳細を見る
  • 巨匠バレンボイムが登場、ヴィットマンとチャイコフスキーの作品を指揮

    巨匠バレンボイムが登場、ヴィットマンとチャイコフスキーの作品を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    ダニエル・バレンボイムがチャイコフスキーの《悲愴》を指揮しました。彼はこの作品をたびたび取り上げており、すでにベルリン・シュターツカペレとの演奏(東日本大震災追悼コンサート)もデジタル・コンサートホールにアップされていますが、今回はベルリン・フィルとの共演。前半には、気鋭のドイツ人作曲家イェルク・ヴィットマンの《トイフェル・アモール》が演奏されています。

    2015年6月7日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    • イェルク・ヴィットマン
      交響的讃歌《トイフェル・アモール》

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第6番ロ短調《悲愴》

    • 無料映像

      イェルク・ヴィットマン、《トイフェル・アモール》について語る

    • 無料映像

      インタビュー/ダニエル・バレンボイム(聞き手:エマニュエル・パユ)

    巨匠バレンボイムが登場、ヴィットマンとチャイコフスキーの作品を指揮 コンサートの詳細を見る
  • マルコンのベルリン・フィル・デビュー!ベルリン・フィルのソリストが多数登場

    マルコンのベルリン・フィル・デビュー!ベルリン・フィルのソリストが多数登場

    古楽演奏のスペシャリスト、アンドレア・マルコンがベルリン・フィル・デビューを飾りました。オール・ヴィヴァルディのプログラムで、演目はドレスデン宮廷楽団との交流から生まれた複数楽器のための協奏曲。そして、合唱作品の傑作、ソプラノとアルトの輝かしいソロを持つ《グローリア》です。当団の名手たちによるソロはもちろん、モダン・オーケストラにおけるピリオド奏法にもご注目ください。

    2012年10月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アンドレア・マルコン

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      ヴァイオリン、2本のオーボエ、2本のホルン、ティンパニ、弦楽と通奏低音のための協奏曲二長調 RV 562a

      サラ・ウィリスホルン), アンドレアス・ブーシャッツヴァイオリン), アルブレヒト・マイヤーオーボエ), マーティン・オーウェンホルン), アンドレアス・ヴィットマンオーボエ

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      ヴァイオリン、オーボエ、2本のリコーダー、2本のオーボエ、ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲ト短調 RV 576

      アルブレヒト・マイヤーオーボエ), アンナ・フセクリコーダー), アンドレアス・ブーシャッツヴァイオリン), ダニエーレ・ダミアーノファゴット), ジュリア・ジェニーニリコーダー

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      フルート、弦楽、通奏低音のための協奏曲ト短調《夜》RV 439

      エマニュエル・パユフルート

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      ヴァイオリン、チェロ、2本のオーボエ、2本のホルン、ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲ヘ長調 RV 569

      サラ・ウィリスホルン), アンドレアス・ブーシャッツヴァイオリン), アルブレヒト・マイヤーオーボエ), アンドレアス・ヴィットマンオーボエ), マルティン・レールチェロ), マーティン・オーウェンホルン), ダニエーレ・ダミアーノファゴット

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      《グローリア》ニ長調 RV 589

      リサ・ラーソンソプラノ), マリーナ・プルデンスカヤメゾソプラノ), リアス室内合唱団, デニス・コンテット合唱指揮

    • 無料映像

      インタビュー:アンドレア・マルコン(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    マルコンのベルリン・フィル・デビュー!ベルリン・フィルのソリストが多数登場 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがヴィットマン《フリュート・アン・スイート》、ベートーヴェン 交響曲第7番を指揮

    ラトルがヴィットマン《フリュート・アン・スイート》、ベートーヴェン 交響曲第7番を指揮

    ラトルが得意とする、ハイドン、ベートーヴェンと現代音楽のプログラムです。ヴィットマンの《フリュート・アン・スイート》は、2011年にクリーヴランド管で初演されたフルート協奏曲。ベルリン・フィルのソロ・フルート奏者エマニュエル・パユが輝かしい音色を聴かせます。ハイドン「交響曲第95番」、ベートーヴェン「交響曲第7番」では、ラトルの清新な感性が光ります。

    2012年9月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エマニュエル・パユ

    • ヨーゼフ・ハイドン
      交響曲第95番ハ短調

    • イェルク・ヴィットマン
      《フリュート・アン・スイート》(欧州初演)

      エマニュエル・パユフルート

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第7番イ長調

    • 無料映像

      インタビュー/イェルク・ヴィットマン(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ラトルがヴィットマン《フリュート・アン・スイート》、ベートーヴェン 交響曲第7番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ルイゾッティが2度目のベルリン・フィル客演。ソロはパユ

    ルイゾッティが2度目のベルリン・フィル客演。ソロはパユ

    2011年最後の定期演奏会には、日本でもおなじみのニコラ・ルイゾッティが登場します。ルイゾッティは、2007年12月にドヴォルザークのレクイエムでベルリン・フィルにデビュー。今回が2回目の客演となります。メイン曲目は、プロコフィエフの「交響曲第5番」。また当コンサートでは、エマニュエル・パユがドビュッシーとベリオの20世紀を代表する無伴奏フルート作品を演奏します。

    2011年12月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ニコラ・ルイゾッティ

    エマニュエル・パユ, リアー・クロチェット, ベルリン放送合唱団

    • クロード・ドビュッシー
      フルート・ソロのための《シランクス》

      エマニュエル・パユフルート

    • フランシス・プーランク
      グロリア

      リアー・クロチェットソプラノ), ベルリン放送合唱団, ロビン・グリットン合唱指揮

    • ルチアーノ・ベリオ
      《セクエンツァⅠ》

      エマニュエル・パユフルート

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      交響曲第5番変ロ長調

    • 無料映像

      インタビュー/ニコラ・ルイゾッティ(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ルイゾッティが2度目のベルリン・フィル客演。ソロはパユ コンサートの詳細を見る
  • ストラヴィンスキー:歌劇《ナイチンゲール》ほか/ブーレーズ

    ストラヴィンスキー:歌劇《ナイチンゲール》ほか/ブーレーズ

    Pierre Boulez has set standards with his performances of the music of Stravinsky. In this concert from 2010, he pays double homage to his older colleague: firstly as the conductor of Stravinsky’s fairytale opera Le Rossignol, and secondly with his own composition ... explosante fixe ..., which he wrote in memory of Stravinsky. The evening’s soloists include flautist Emmanuel Pahud and the soprano Barbara Hannigan.

    2010年9月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ピエール・ブーレーズ

    エマニュエル・パユ, バーバラ・ハニガン

    • ピエール・ブーレーズ
      《…爆発-固定…》 フルートとライブ・エレクトロニクス、2つのフルートとアンサンブルのための

      エマニュエル・パユフルート), マリオン・ラランクールフルート), ソフィ・シェリエフルート), パリIRCAM団員ライブ・エレクトロニクス

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      歌劇《ナイチンゲール》

      バーバラ・ハニガンソプラノ/ナイチンゲール), シュテファニー・ヴァイスメゾソプラノ/料理女), ユリア・ファイレンボーゲンメゾソプラノ/死), エドガラス・モントヴィダステノール/漁師), ローマン・トレーケルバリトン/中国の皇帝), ゲオルク・ツェッペンフェルトバス/召使), マウリツィオ・ムラロバス/僧), ヤン・レンマーステノール/日本の使節), ヴォルフラム・テスマーバリトン/日本の使節), ベルリン放送合唱団宮廷の人々), サイモン・ハルシー合唱指揮

    • 無料映像

      インタビュー/ピエール・ブーレーズ(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ストラヴィンスキー:歌劇《ナイチンゲール》ほか/ブーレーズ コンサートの詳細を見る
  • R・シュトラウス カーター/パユ バレンボイム

    R・シュトラウス カーター/パユ バレンボイム

    Season finale in the Digital Concert Hall: Daniel Barenboim conducts pieces by Elliott Carter and Richard Strauss. Soloists are Emmanuel Pahud (flute) and Nicolas Hodges (piano).

    2009年6月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    エマニュエル・パユ, ニコラス・ホッジズ

    • リヒャルト・シュトラウス
      交響詩《ドン・ファン》

    • エリオット・カーター
      フルート協奏曲(ヨーロッパ初演)

      エマニュエル・パユフルート

    • エリオット・カーター
      ピアノと管弦楽のための《ダイアローグ》

      ニコラス・ホッジズピアノ

    • リヒャルト・シュトラウス
      交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》

    • 無料映像

      インタビュー/エマニュエル・パユ

    R・シュトラウス カーター/パユ バレンボイム コンサートの詳細を見る
  • ヤンソンスがヨーロッパ・コンサート2001を指揮。ソロはパユ!

    ヤンソンスがヨーロッパ・コンサート2001を指揮。ソロはパユ!

    2001年のヨーロッパ・コンサートは、イスタンブールで行われました。イスタンブールは、ヨーロッパ大陸の最西端に位置し、古くはキリスト教文化が栄えた場所でした。象徴的な場所と言えます。指揮は、ベルリン・フィルの「フレンド」のひとり、マリス・ヤンソンス。ここではハイドンの交響曲第94番《驚愕》、モーツァルトのフルート協奏曲第2番、ベルリオーズの幻想交響曲を取り上げています。モーツァルトのソロは、ベルリン・フィルのソロ・フルート奏者、エマニュエル・パユが担当しています。

    2001年5月1日
    ヨーロッパ・コンサート(イスタンブール)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    マリス・ヤンソンス

    エマニュエル・パユ

    • ヨーゼフ・ハイドン
      交響曲第94番《驚愕》

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      フルート協奏曲第2番ニ長調

      エマニュエル・パユフルート

    • エクトル・ベルリオーズ
      幻想交響曲

    ヤンソンスがヨーロッパ・コンサート2001を指揮。ソロはパユ! コンサートの詳細を見る