アーカイブ

演奏会が3本見つかりました: Joyce Didonato

  • 2017年ジルベスター・コンサートはラトル指揮ディドナート独唱

    2017年ジルベスター・コンサートはラトル指揮ディドナート独唱

    Photo: Monika Rittershaus

    2017年のジルベスター・コンサートは、サイモン・ラトルにとっての最後のジルベスターとなりました。ソリストは、ジョイス・ディドナートが務めています。ディドナートは、現在最も魅力的な声楽ソリストに数えられるアメリカ人メゾソプラノ。ここでは、R・シュトラウスの華麗なオーケストラ歌曲集を歌っています。プログラムは、例年のごとく様々なダンスを網羅するものですが、2018年に生誕100年を迎えるバーンスタインの作品が含まれていることが目を引きます。フィナーレは、ショスタコーヴィチの諧謔味に満ちたバレエ音楽《黄金時代》の組曲でユーモアたっぷりに終わります。

    2017年12月31日
    ジルベスター・コンサート2017

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ジョイス・ディドナート

    • アントニン・ドヴォルザーク
      序曲《謝肉祭》

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ミューズを率いるアポロ》よりパ・ドゥ・ドゥ

    • リヒャルト・シュトラウス
      オーケストラ歌曲集

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ

    • レナード・バーンスタイン
      《オン・ザ・タウン》より3つのダンス・エピソード

    • レナード・バーンスタイン
      《ホワイトハウス・カンタータ》より〈テイク・ケア・オブ・ディス・ハウス〉

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ

    • 無料映像

      ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      《黄金時代》組曲

    • アントニン・ドヴォルザーク
      スラヴ舞曲 Op. 72-2

    • ヨハネス・ブラームス
      ハンガリー舞曲第1番ト短調

    • 無料映像

      ジョイス・ディドナート(聞き手:ノア・ベンティックス=バルグリー)

    2017年ジルベスター・コンサートはラトル指揮ディドナート独唱 コンサートの詳細を見る
  • リュドヴィク・モルローがベルリン・フィルに代役デビュー。共演はディドナート

    リュドヴィク・モルローがベルリン・フィルに代役デビュー。共演はディドナート

    Photo: Monika Rittershaus

    ヤニック・ネゼ=セガンの急病により、リュドヴィク・モルローがベルリン・フィルにデビューしました。当演奏会では、フランス・ロシア音楽の華麗なオーケストレーションがテーマとなっています。ストラヴィンスキーの《火の鳥》は、ディアギレフのロシア・バレエ団のために作曲されたもので、パリで大成功を収めました。一方、《マ・メール・ロワ》は、ラヴェルの子供時代への追憶を研ぎ澄まされた悲しみで表現しています。今が旬のメゾの名花ジョイス・ディドナートの独唱による《クレオパトラの死》は、幻想交響曲にも勝るベルリオーズの管弦楽法の才を感じさせます。

    2017年6月17日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    リュドヴィク・モルロー

    ジョイス・ディドナート

    • モーリス・ラヴェル
      《マ・メール・ロワ》組曲

    • エクトル・ベルリオーズ
      叙情的情景《クレオパトラの死》

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《火の鳥》全曲

    • 無料映像

      ジョイス・ディドナート(聞き手:ノア・ベンディックス=バルグリー)

    リュドヴィク・モルローがベルリン・フィルに代役デビュー。共演はディドナート コンサートの詳細を見る
  • ラトルがベルリオーズの《ファウストの劫罰》を指揮

    ラトルがベルリオーズの《ファウストの劫罰》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが、ベルリオーズの《ファウストの劫罰》を上演しました。作曲家自身がテキストを書き、シェークスピア的な手法で登場人物の情熱と奇怪さに焦点を当てて完成させた大作を、メゾソプラノのジョイス・ディドナート(マルグリート)、テノールのチャールズ・カストロノーヴァ(ファウスト)らのソリストによる理想的な布陣でお楽しみいただけます。ディドナートは、今回が待望のベルリン・フィル・デビュー。華やかで知性に溢れた歌いぶりに、陶然とさせられます。

    2015年4月11日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ジョイス・ディドナート, フローリアン・ベッシュ, チャールズ・カストロノーヴォ, リュドヴィク・テジエ

    • エクトル・ベルリオーズ
      《ファウストの劫罰》

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ/マルグリート), フローリアン・ベッシュバス), チャールズ・カストロノーヴォテノール/ファウスト), リュドヴィク・テジエバス/メフィストフェレス), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー

    • 無料映像

      ジョイス・ディドナート(聞き手:トビアス・メラー)

    ラトルがベルリオーズの《ファウストの劫罰》を指揮 コンサートの詳細を見る