年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから
アーカイブ

演奏会が4本見つかりました: Maurizio Pollini

  • ティーレマンとポリーニがショパンのピアノ協奏曲第1番で共演

    ティーレマンとポリーニがショパンのピアノ協奏曲第1番で共演

    今シーズンのコンチェルトのなかでも、最も注目されたのがこの演奏会。マウリツィオ・ポリーニが、クリスティアン・ティーレマンとショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏しています。ポリーニは、彼特有の磨き抜かれた響きで、ショパンのクリスタルな世界を描き出しました。ピアノ・ファンならば、絶対に聴き逃せないコンサートでしょう。ティーレマンは、さらにシューマンとの関連で曲目を構築。さらに得意のR・シュトラウス《インテルメッツォ》からの交響的間奏曲を指揮しています。

    2016年1月16日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クリスティアン・ティーレマン

    マウリツィオ・ポリーニ

    • ローベルト・シューマン
      《ゲノフェーファ》序曲

    • フレデリック・ショパン
      ピアノ協奏曲第1番ホ短調

      マウリツィオ・ポリーニピアノ

    • アリベルト・ライマン
      管弦楽のための7つの断章、ローベルト・シューマンを追悼して

    • リヒャルト・シュトラウス
      歌劇《インテルメッツォ》より4つの交響的間奏曲

    • 無料映像

      インタビュー:クリスティアン・ティーレマン(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    ティーレマンとポリーニがショパンのピアノ協奏曲第1番で共演 コンサートの詳細を見る
  • ティーレマンがリストの交響詩を指揮。モーツァルトのピアノ協奏曲のソリストはポリーニ!

    ティーレマンがリストの交響詩を指揮。モーツァルトのピアノ協奏曲のソリストはポリーニ!

    19世紀後半、音楽を他の芸術ジャンルと結びつけることを目標とした、「新ドイツ楽派」のグループが一大勢力を築きました。クリスティアン・ティーレマン指揮による当演奏会では、新ドイツ楽派の作風を代表するリストの3つの交響詩が取り上げられました。コンサートに華を添えるのが、ポリーニがソロを弾くモーツァルトのピアノ協奏曲第21番。フィルハーモニーでは初となるティーレマンとの共演をお聴きください。

    2012年12月15日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クリスティアン・ティーレマン

    マウリツィオ・ポリーニ

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      演奏会用序曲《静かな海と楽しい航海》

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ピアノ協奏曲第21番ハ長調

      マウリツィオ・ポリーニピアノ

    • フランツ・リスト
      交響詩第6番《マゼッパ》

    • フランツ・リスト
      交響詩第13番《ゆりかごから墓場まで》

    • フランツ・リスト
      交響詩第3番《前奏曲》

    ティーレマンがリストの交響詩を指揮。モーツァルトのピアノ協奏曲のソリストはポリーニ! コンサートの詳細を見る
  • アバドがポリーニと共演、メインはマーラーの交響曲第10番より〈アダージョ〉

    アバドがポリーニと共演、メインはマーラーの交響曲第10番より〈アダージョ〉

    クラウディオ・アバドがベルリン・フィルの首席指揮者を退任した後、恒例となっていた5月のアバドの凱旋コンサートです。毎年趣向を凝らしたプログラミングが話題でしたが、2011年の演奏会はポリーニとの共演が目玉となりました。ベルクの《ルル》組曲とマーラーの交響曲第10番は久々の取り組みとなり、円熟の表現を聴くことができます。なお、ソロを歌うソプラノのプロハスカはベルリン国立歌劇場の若手メンバー。超絶高音がきらめくモーツァルトのコンサート・アリア《あなたに明かしたい、おお神よ》でも美声を聴かせます。

    2011年5月15日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クラウディオ・アバド

    アンナ・プロハスカ, マウリツィオ・ポリーニ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      コンサート・アリア《あなたに明かしたい、おお神よ》 K. 418

      アンナ・プロハスカソプラノ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      歌劇《魔笛》よりアリア〈愛の喜びは露と消え〉

      アンナ・プロハスカソプラノ

    • アルバン・ベルク
      歌劇《ルル》より4つの交響的断章

      アンナ・プロハスカソプラノ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ピアノ協奏曲第17番ト長調 KV. 453

      マウリツィオ・ポリーニピアノ

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第10番より〈アダージョ〉(クック版)

    • 無料映像

      クラウディオ・アバド、マウリツィオ・ポリーニ、アンナ・プロハスカ(聞き手:サラ・ウィリス)

    アバドがポリーニと共演、メインはマーラーの交響曲第10番より〈アダージョ〉 コンサートの詳細を見る
  • クラウディオ・アバドがベートーヴェンとメンデルスゾーンを指揮

    クラウディオ・アバドがベートーヴェンとメンデルスゾーンを指揮

    当演奏会では、クラウディオ・アバドとベルリン・フィルが、管弦楽と合唱を組み合わせたベートーヴェンとメンデルスゾーンの2作品を演奏しています。ここでは、アバドと共演を重ねるスウェーデン放送合唱団、エリック・エリクソン室内合唱団がその実力を遺憾なく発揮。ベートーヴェンの作品では同じくイタリア出身の巨匠マウリツィオ・ポリーニが登場し、ピアノ・ソロを務めています。

    2002年2月9日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クラウディオ・アバド

    マウリツィオ・ポリーニ, スウェーデン放送合唱団, エリック・エリクソン室内合唱団

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      合唱幻想曲ハ短調

      マウリツィオ・ポリーニピアノ), カリタ・マッティラソプラノ), リオバ・ブラウンソプラノ), アニカ・フダクコントラルト), ペーター・ザイフェルトテノール), マッツ・カールソンテノール), ラーゲ・ウェディンバス), スウェーデン放送合唱団, エリック・エリクソン室内合唱団, ボー・ヴァンネフォルス合唱指揮

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      交響曲第2番変ロ長調《讃歌》

      カリタ・マッティラソプラノ), リオバ・ブラウンソプラノ), ペーター・ザイフェルトテノール), エリック・エリクソン室内合唱団, スウェーデン放送合唱団, ボー・ヴァンネフォルス合唱指揮

    クラウディオ・アバドがベートーヴェンとメンデルスゾーンを指揮 コンサートの詳細を見る