インタビュー
2014年9月26日

ヴィンリヒ・ホップ(聞き手:ベネディクト・フォン・ベルンストルフ) (16分)

すでに1850年代後半、ブラームスはシューマンの遺作の出版に携わり、シューマンが1841年に作曲したニ短調交響曲の初稿版のために尽力していました。後にシューマンが交響曲「第4番」として出版した版よりも、ブラームスはその透明な響きから初稿版を好んでいたのです。今回のツィクルスで、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルは演奏される機会が少ないこの初稿版を選びました。インタビューの聞き手は、音楽ジャーナリストのベネディクト・フォン・ベルンストルフです。

コンサート