2011年4月7日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • ヘンリー・パーセル
    メアリー女王のための葬送音楽 (20:35)

    リアス室内合唱団, ハンス=クリストフ・ラーデマン合唱指揮

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第5番 (1:20:45)

  • 無料映像

    サー・サイモン・ラトル、マーラーの交響曲を語る(第2部) (11:44)

サー・サイモン・ラトルのマーラー・ツィクルスも、中間地点に当たる「交響曲第5番」に達しました。この曲、とりわけ第4楽章アダージェットは、ルキノ・ヴィスコンティの映画『ベニスに死す』(1971年)で有名になりましたが、そこでは音楽は、人生への惜別のモチーフとして使われています。これに対しマーラー本人は、この楽章を妻アルマへの愛の表現として作曲しました。その一方で彼は、第1楽章を葬送行進曲として表現し、第2楽章では劇的かつ絶望的な音調を提示しています。また終楽章では、晴れやかで輝かしい雰囲気が支配していますが、マーラーはこの楽章を1902年の夏、アルマとの新婚旅行の途上で書いたのでした。

演奏会の前半では、パーセルの「メアリー女王のための葬送音楽」が演奏されます。ラトルはプログラム構成に細心の注意を払う指揮者ですが、マーラーとパーセルという一見まったく異なった作曲家が、極めて類似した哀悼の表現を実現していることに、驚かされます。

EMISir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のシューマン&ブラームス「交響曲第1番」全曲が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する