ラトルとコジェナーが、マーラー、ドヴォルザーク、ラヴェルで共演

  • モーリス・ラヴェル
    《クープランの墓》 (00:28:03)

    クラウス・ヴァレンドルフ解説

  • アントニン・ドヴォルザーク
    《聖書の歌》 (00:31:12)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

  • グスタフ・マーラー
    リュッケルト歌曲集 (00:24:17)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

  • フランツ・シューベルト
    交響曲第7番ロ短調《未完成》 (00:31:52)

  • ルチアーノ・ベリオ
    《夢の回帰》 (00:23:09)

    オラフ・マニンガーチェロ), ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミー団員

  • モーリス・ラヴェル
    《シェラザード》 (00:21:34)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

  • 無料映像

    マグダレーナ・コジェナーとサー・サイモン・ラトルによる作品解説 (08:22)

    Magdalena Kožená, Sir Simon Rattle

サー・サイモン・ラトルが、プライベートの伴侶であるマグダレーナ・コジェナーと共演し、マーラー、ドヴォルザーク、ラヴェルの歌曲を演奏しました。マーラーのリュッケルト歌曲集は、メゾソプラノにとって重要なレパートリーのひとつですが、リート歌手としても高い評価を得るコジェナーの透明な美声と知的な解釈に注目が集まります。一方ドヴォルザークの《聖書の歌》は、マーラーと同様に、ピアノ伴奏版も存在します。比較的演奏機会の少ない作品ですが、コジェナーの故郷チェコの代表的歌曲集であり、自然なディクションが見事です。《シェラザード》は、彼女が得意中の得意とするツィクルス。その美しい声にまさに陶然とさせられます。

ラヴェルの《クープランの墓》は、第1世界大戦に従軍した作曲家が、パリへの帰還後、戦死した友人たちへの追悼曲として書いた作品です。本来全6曲のピアノ作品ですが、作曲者自身の手により、4曲が管弦楽化されています。シューベルトの交響曲第7番は、《未完成交響曲》としてあまりにも有名。この作品も、シューベルト特有の「死の影」を感じさせるものと言えます。またベリオの《夢の回帰》は、亡命したロストロポーヴィチのために書かれた作品(1977年)。ソ連の社会主義が全体主義化した後、ベリオがその理想=夢を託して書いた作品です。ソロ・チェロは、ベルリン・フィルのソロ・チェリスト、オラフ・マニンガーが担当しています。

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のマーラー「交響曲第1番《巨人》」、ベートーヴェン「交響曲第4番」が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する