コンサート

コンサート解説

2011年6月、恒例となったベルリン・フィルの教育プロジェクトのダンス・プログラムが、アレーナ・ベルリン・トレプトウで開催されました。100人を越える青少年がベルリン・フィルの演奏で踊ります!今回素材となったのは、ジャン=フィリップ・ラモーの音楽です。指揮には、バロック音楽のスペシャリスト、エマニュエル・アイムが当たっています。振付は、ピナ・バウシュの長年のアシスタントであり、ダンサーを務めたヴィヴィエン・ニューポートです。

ラモーの音楽は、バロック時代の優雅さのみを代表するものではありません。エキサイティングな表現性と多彩さにも溢れていますが、これは青少年バレエのプログラムに最適のものと言えます。エマニュエル・アイム指揮によるこの新しいラモーを、デジタル・コンサートホールでぜひご覧ください。登録ユーザーには、無料でご覧いただけます。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー