円高により今がチャンス! 8月26日まで限定「12ヵ月チケット10%割引」
アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のシューマン&ブラームス「交響曲第1番」全曲が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する

最近のアーカイブ映像より10本:

  • ヴァルトビューネ2016:チェコ音楽の夕べ

    ヴァルトビューネ2016:チェコ音楽の夕べ

    Photo: Monika Rittershaus

    2016年のヴァルトビューネ・コンサートは、ヤニック・ネゼ=セガンの指揮。ドヴォルザーク、スメタナのチェコ音楽が演奏されます。ネゼ=セガンは、カナダ出身の若手指揮者で、ベルリン・フィルでは着々と活動の幅を広げてきました。このコンサートは、彼のヴァルトビューネ・デビューとなります。ソロを務めるのは、今が旬のヴァイオリニスト、リサ・バティアシヴィリです。

    2016年6月26日
    ヴァルトビューネ・コンサート2016

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヤニック・ネゼ=セガン

    リサ・バティアシヴィリ

    • ベドルジハ・スメタナ
      《モルダウ》(《我が祖国》より)

    • アントニン・ドヴォルザーク
      ヴァイオリン協奏曲

      リサ・バティアシヴィリヴァイオリン

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第6番

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第6番ニ長調

    • パウル・リンケ
      《ベルリンの風》

    ヴァルトビューネ2016:チェコ音楽の夕べ コンサートの詳細を見る
  • ヤニック・ネゼ=セガンがバルトークとショスタコーヴィチを指揮

    ヤニック・ネゼ=セガンがバルトークとショスタコーヴィチを指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    カナダの若手指揮者、ヤニック・ネゼ=セガンが、ショスタコーヴィチの交響曲第13番《バビ・ヤール》を指揮します。ソ連当局の反ユダヤ主義に対する告発的メッセージを持つ作品で、バスのソロが活躍。これまで颯爽としたイメージが強かったネゼ=セガンが、この陰鬱な作品をどう料理するでしょうか。リサ・バティアシヴィリの弾くバルトークのヴァイオリン協奏曲第1番は、バルトークが愛した女性ヴァイオリニストのために書かれた作品です。

    2016年6月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヤニック・ネゼ=セガン

    リサ・バティアシヴィリ

    • ベラ・バルトーク
      ヴァイオリン協奏曲第1番

      リサ・バティアシヴィリヴァイオリン

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第13番変ロ長調《バビ・ヤール》

      ミハイル・ペトレンコバス), ベルリン放送合唱団男声合唱, ギース・レーンナールス

    • 無料映像

      インタビュー/ヤニック・ネゼ=セガン(聞き手:サラ・ウィリス)

    ヤニック・ネゼ=セガンがバルトークとショスタコーヴィチを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルが多彩なフランス音楽を指揮。ピアノ・ソロはアックス

    ラトルが多彩なフランス音楽を指揮。ピアノ・ソロはアックス

    ラトル指揮による、大変凝ったプログラム。ドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》、フランクの「交響的変奏曲」、ヴァレーズの《アメリカ》に、ベッツィ・ジョラスの新作「小さな夏の組曲」、グレインジャーの《早わかり》が対置されています。ラヴェルの〈鐘の谷〉(ピアノ曲集《鏡》より)はグレインジャーの編曲ですが、フランクでソロを担当するエマニュエル・アックスが、原曲もソロで演奏しています。

    2016年6月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エマニュエル・アックス

    • クロード・ドビュッシー
      《牧神の午後への前奏曲》

    • ベッツィ・ジョラス
      小さな夏の組曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品)

    • セザール・フランク
      ピアノと管弦楽のための交響的変奏曲

      エマニュエル・アックスピアノ

    • モーリス・ラヴェル
      《鏡》より〈鐘の谷〉(ピアノのためのオリジナル版)

      エマニュエル・アックスピアノ

    • パーシー・グレインジャー
      《早わかり》(抜粋)

    • モーリス・ラヴェル
      《鏡》より〈鐘の谷〉(パーシー・グレインジャーの編曲によるオーケストラ版)

    • エドガー・ヴァレーズ
      《アメリカ》

    • 無料映像

      インタビュー:ベッツィ・ジョラス(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

    ラトルが多彩なフランス音楽を指揮。ピアノ・ソロはアックス コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮による教育プログラム「ヴォーカル・ヒーローズ」より《ふたりの音楽家》

    ラトル指揮による教育プログラム「ヴォーカル・ヒーローズ」より《ふたりの音楽家》

    Photo: Monika Rittershaus

    教育プログラムの合唱プロジェクト「ヴォーカル・ヒーローズ」の今年の発表演奏会は、サー・ピーター・マクスウェル・デイヴィスの子供のためのオペラ《ふたりの音楽家》です。ラトルとベルリン・フィルの団員のほか、プロジェクトに参加した若い器楽奏者も登場。無料映像です。

    2016年6月19日

    ベルリン・フィルと若い器楽奏者たち
    サー・サイモン・ラトル

    • 無料映像

      ピーター・マクスウェル・デイヴィス
      子供のためのオペラ《ふたりの音楽家》

      フローリアン・ホフマンストーム(嵐)), ギュンター・パペンデルガーヴィン), イヴォナ・ソボトカ女王), ホアキン・リケルメ・ガルシア乞食), コンラッド・ジャルノ), ヴォーカル・ヒーローズ(レベル2)妖精), ベルリン市民合唱団村人), サイモン・ハルシー芸術監督(合唱)), ラファエル・ヘーガー指揮アシスタント), トビアス・ヴァレンツィアク合唱コーチ

    ラトル指揮による教育プログラム「ヴォーカル・ヒーローズ」より《ふたりの音楽家》 コンサートの詳細を見る
  • ラトルのドヴォルザーク「スラブ舞曲集」

    ラトルのドヴォルザーク「スラブ舞曲集」

    Photo: Monika Rittershaus

    このコンサートでは、ラトルが母国イギリスの作曲家エルガーの作品から「弦楽四重奏と弦楽合奏のための序奏とアレグロ」を指揮しています。実際に演奏されることは稀な同作品が聴ける貴重な機会です。また同じく英国からは、ジュリアン・アンダーソンの《インカンテジミ》が初演されています。ドヴォルザークは、ラトルが密かな愛情を寄せる作曲家です。ここではおなじみのスラブ舞曲第1集作品46全曲が取り上げられています。

    2016年6月10日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • エドワード・エルガー
      弦楽四重奏と弦楽合奏のための序奏とアレグロ

      ダニエル・スタブラヴァヴァイオリン), トーマス・ティムヴァイオリン), マテ・スーチュヴィオラ), ルートヴィヒ・クヴァントチェロ

    • ジュリアン・アンダーソン
      《インカンテジミ》(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニック協会、ボストン交響楽団委嘱作品/初演)

    • アントニン・ドヴォルザーク
      スラブ舞曲集 Op. 46

    ラトルのドヴォルザーク「スラブ舞曲集」 コンサートの詳細を見る
  • 第3回レイト・ナイトはフランス、スペインもの&ジョラス

    第3回レイト・ナイトはフランス、スペインもの&ジョラス

    ラトルの「実験小屋」、レイトナイト・コンサートの第3回では、ファリャの《ペドロ親方の人形芝居》が演奏されました。ドビュッシーとベッツィ・ジョラスの室内楽作品では、ベルリン・フィルの第1ソロ・ヴィオラ奏者、マテ・スーチュのソロや、ラトルのピアノがお楽しみいただけます。

    2016年6月4日
    Late Night at the Philharmonie

    ベルリン・フィル金管楽器奏者
    サー・サイモン・ラトル

    マテ・スーチュ, ホセ・ミケル・ラモン, フローリアン・ホフマン, シルヴィア・シュヴァルツ

    • クロード・ドビュッシー
      フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ

    • ベッツィ・ジョラス
      ヴィオラ・ソロのための第6エピソード

      マテ・スーチュヴィオラ

    • ベッツィ・ジョラス
      ヴィオラとピアノのための《Ruht wohl》

      マテ・スーチュヴィオラ), サー・サイモン・ラトル

    • マヌエル・デ・ファリャ
      《ペドロ親方の人形芝居》

      ホセ・ミケル・ラモン, フローリアン・ホフマン, シルヴィア・シュヴァルツソプラノ/Trujamán

    第3回レイト・ナイトはフランス、スペインもの&ジョラス コンサートの詳細を見る
  • ガーディナーが14年ぶりにベルリン・フィルを指揮

    ガーディナーが14年ぶりにベルリン・フィルを指揮

    ジョン・エリオット・ガーディナーが14年ぶりにベルリン・フィルに客演しました。取り上げた曲目は、ストラヴィンスキーの《ミューズの神を率いるアポロ》と《エディプス王》。どちらもギリシャ神話・悲劇に題材を得た作品ですが、作曲家の始原的ないし古典的なスタイルを代表するものです。エディプス王を歌うのは、イギリスのリリック・テノール、アンドリュー・ステイプルズです。

    2016年6月4日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・ジョン・エリオット・ガーディナー

    アンドリュー・ステイプルズ, ジェニファー・ジョンストン, アシュリー・リッチズ, ジャンルーカ・ブラット, アレックス・アシュウォース, ギャレス・トリズダー, ブルーノ・ガンツ, ベルリン放送合唱団男声合唱

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ミューズを率いるアポロ》(1947年改訂版)

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《エディプス王》

      アンドリュー・ステイプルズテノール/エディプス王), ジェニファー・ジョンストンメゾソプラノ/イオカステ), アシュリー・リッチズバスバリトン/クレオン), ジャンルーカ・ブラットバス/テレジアス), アレックス・アシュウォースバリトン/使者), ギャレス・トリズダーテノール/牧人), ブルーノ・ガンツ語り), ベルリン放送合唱団男声合唱神官、守衛、民衆), ギース・レーンナールス合唱指揮

    • 無料映像

      インタビュー/ジョン・エリオット・ガーディナー(聞き手:ジョナサン・ケリー)

    ガーディナーが14年ぶりにベルリン・フィルを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ファンホ・メナのベルリン・フィル・デビュー

    ファンホ・メナのベルリン・フィル・デビュー

    BBCフィルの首席指揮者ファンホ・メナが、ベルリン・フィルにデビューしました。プログラムは、ヒスパニック文化に関連したもので、メインはファリャの《三角帽子》。ドビュッシーの〈イベリア〉のほか、ヒナステラのハープ協奏曲が演奏されます。ハーピストの代表的なレパートリーを独奏するのは、ベルリン・フィルのハープ奏者、マリー=ピエール・ラングラメです。

    2016年5月28日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ファンホ・メナ

    マリー=ピエール・ラングラメ, ラケル・ロヘンディオ

    • クロード・ドビュッシー
      管弦楽のための《映像》より〈イベリア〉

    • アルベルト・ヒナステラ
      ハープ協奏曲

      マリー=ピエール・ラングラメハープ

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      前奏曲

      マリー=ピエール・ラングラメハープ

    • マヌエル・デ・ファリャ
      バレエ音楽《三角帽子》

      ラケル・ロヘンディオソプラノ

    • 無料映像

      マリー=ピエール・ラングラメによる楽曲解説

    • 無料映像

      インタビュー/ファンホ・メナ(聞き手:ホアキン・リケルメ・ガルシア)

    ファンホ・メナのベルリン・フィル・デビュー コンサートの詳細を見る
  • ラトルが台北でベートーヴェンの「第9」を指揮

    ラトルが台北でベートーヴェンの「第9」を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    ベルリン・フィルは2016年5月8日から15日までアジア・ツアーを行いました。ラトルが首席指揮者に就任してから4度目となる台北公演では、ベートーヴェンの交響曲第1番と第9番を演奏しています。4万人の聴衆がライブビューイング(屋外)に集まり、圧巻の盛り上がりを見せています。「第9」では、地元の台湾国立合唱団との共演にも注目が集まりました。

    2016年5月7日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    イヴォナ・ソボトカ, クリスティアン・エルスナー, エーファ・フォーゲル, BBCシンガーズ, ディミトリー・イヴァシュシェンコ, 台湾国立合唱団

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第1番ハ長調

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

    • 無料映像

      屋外中継に集まった台北市民がベルリン・フィルを歓迎!

    ラトルが台北でベートーヴェンの「第9」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサート2016は、ノルウェーのレーロースから

    ヨーロッパ・コンサート2016は、ノルウェーのレーロースから

    Photo: Monika Rittershaus

    2016年のヨーロッパ・コンサートはノルウェーのレーロースにある美しいバロック教会よりお届けします。レーロースは古くから鉱山の街として知られ、17世紀から残る鉱山街はユネスコの世界遺産に登録されています。前半はノルウェー出身のヴァイオリニスト、ヴィルデ・フラングのソロで、グリーグの小品とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を。後半はラトル指揮のベルリン・フィルが、ベートーヴェンの《英雄》を奏でています。

    2016年5月1日
    European Concert in Røros

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ヴィルデ・フラング

    • エドヴァルド・グリーグ
      抒情組曲より第5番〈山の夕べ〉(オーケストラ版)

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      ヴァイオリン協奏曲ホ短調

      ヴィルデ・フラング

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》

    ヨーロッパ・コンサート2016は、ノルウェーのレーロースから コンサートの詳細を見る