アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する

近日アップ予定:

ラトルがヤナーチェク《利口な女狐の物語》を指揮

コンサートの詳細を見る

ガッティがヒンデミット《画家マティス》とブラームス「第2」を指揮

コンサートの詳細を見る

最近のアーカイブ映像より8本:

  • 内田光子がラトルとモーツァルトのピアノ協奏曲第27番を演奏

    内田光子がラトルとモーツァルトのピアノ協奏曲第27番を演奏

    Photo: Monika Rittershaus

    内田光子は、ベルリン・フィルが特に緊密な関係を保っているピアニストと言えるでしょう。過去に「ピアニスト・イン・レジデンス」としてベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を演奏しただけでなく、近年はサー・サイモン・ラトルとモーツァルトのコンチェルトを継続的に取り上げています。今回演奏されたのは、モーツァルトの白鳥の歌とでも呼ぶべき第27番。柔らかな色彩と枯淡なメランコリーに満ち、聴き手を憂愁の世界に誘います。内田の細やかなフレージングやタッチに魅了される演奏です。一方、ウォルトンのヴィオラ協奏曲では、ベルリン・フィルの第1ヴィオラ奏者アミハイ・グロスがソロを聴かせます。同作は、バルトークと並んでヴィオラ・コンチェルトの傑作として知られています。プログラムの最後は、ラトルお得意の《ハーリ・ヤーノシュ》組曲。チェコ、モラヴィア、ハンガリーといった東欧(旧オーストリア領)の作品に傾倒する彼ならではの、色彩美に溢れる演奏となっています。

    2017年10月7日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    内田光子, アミハイ・グロス

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ピアノ協奏曲第27番変ロ長調

      内田光子ピアノ

    • ウィリアム・ウォルトン
      ヴィオラ協奏曲(1962年改訂版)

      アミハイ・グロスヴィオラ

    • ゾルターン・コダーイ
      《ハーリ・ヤーノシュ》組曲

    • 無料映像

      内田光子(聞き手:トビアス・メラー)

    • 無料映像

      アミハイ・グロス(聞き手:トビアス・メラー)

    内田光子がラトルとモーツァルトのピアノ協奏曲第27番を演奏 コンサートの詳細を見る
  • アルティノグリュがベルリン・フィルにデビュー

    アルティノグリュがベルリン・フィルにデビュー

    フランスの指揮者アラン・アンティノグリュがベルリン・フィルにデビューしました。プログラムは、ラヴェル「スペイン狂詩曲」、ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》組曲(指揮者自身による編曲)、ルーセル《バッカスとアリアーヌ》第2組曲というフランス近代もの。ここに今回がヨーロッパ初演となるバルトーク「ヴィオラ協奏曲」の最新補筆版が演奏されています。ソリストは、ベルリン・フィル第1ソロ・ヴィオラ奏者、マテ・スーチュです。

    2017年9月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アラン・アルティノグリュ

    マテ・スーチュ

    • モーリス・ラヴェル
      スペイン狂詩曲

    • ベラ・バルトーク
      ヴィオラ協奏曲

      マテ・スーチュヴィオラ

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調よりサラバンド

      マテ・スーチュヴィオラ

    • クロード・ドビュッシー
      《ペレアスとメリザンド》組曲(アラン・アルティノグルによる編曲版)

    • アルベール・ルーセル
      《バッカスとアリアーヌ》第2組曲

    • 無料映像

      アラン・アルティノグリュ(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

    アルティノグリュがベルリン・フィルにデビュー コンサートの詳細を見る
  • ヤノフスキがブルックナー《ロマンティック》を指揮

    ヤノフスキがブルックナー《ロマンティック》を指揮

    ドイツ音楽の巨匠格として高い評価を得ているマレク・ヤノフスキがベルリン・フィルに客演します。プログラムは、プフィッツナーの《パレストリーナ》からの3つの前奏曲、ブルックナーの交響曲第4番《ロマンティック》です。プフィッツナーは、オペラ指揮者としても名高いヤノフスキならではの選曲。またブルックナーでは、「快速明解型」の彼が、ベルリン・フィルとどのような響きを作り出すかに興味がそそられます。

    2017年9月16日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    マレク・ヤノフスキ

    • ハンス・プフィッツナー
      《パレストリーナ》より3つの前奏曲

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第4番変ホ長調《ロマンティック》(第2稿1878/80年版)

    • 無料映像

      マレク・ヤノフスキ(聞き手:クシシュトフ・ポロネク)

    ヤノフスキがブルックナー《ロマンティック》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • マルッキとシャハムがバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番で共演

    マルッキとシャハムがバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番で共演

    Photo: Monika Rittershaus

    フィンランドの指揮者スザンネ・マルッキがベルリン・フィルに正式初登場しました(過去にひとつの演奏会を他の指揮者と振り分けるという形でデビューしています)。彼女が選んだプログラムは、お国もののシベリウス「第2」とバルトーク「ヴァイオリン協奏曲第2番」、ブゾーニ「ダンス・ワルツ」。現代音楽を得意とする指揮者ですが、今回は比較的オーソドックスなプログラムとなっています。ソロを担当するのは、ベルリン・フィルではすでにお馴染みのギル・シャハムです。

    2017年9月10日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    スザンナ・マルッキ

    ギル・シャハム

    • フェルッチョ・ブゾーニ
      管弦楽のためのダンス・ワルツ

    • ベラ・バルトーク
      ヴァイオリン協奏曲第2番

      ギル・シャハムヴァイオリン

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      ロンド風ガヴォット

      ギル・シャハムヴァイオリン

    • ジャン・シベリウス
      交響曲第2番ニ長調

    • 無料映像

      スザンネ・マルッキ(聞き手:マシュー・マクドナルド)

    マルッキとシャハムがバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番で共演 コンサートの詳細を見る
  • シーズン開幕演奏会はラトル指揮ハイドン《天地創造》

    シーズン開幕演奏会はラトル指揮ハイドン《天地創造》

    Photo: Monika Rittershaus

    ラトルの首席指揮者としての最終シーズンは、ハイドンの《天地創造》でスタートしました。この作品は、ハイドンの最高傑作に数えられますが、この作曲家のスペシャリストとして知られるラトルがベルリンで指揮するのは初めて。ソリストには、アーティスト・イン・レジデンスのマーク・パドモア、ラトルの公演でお馴染みのフローリアン・ベッシュの他、新人エルザ・ドライスィヒが代役登場。一度もこの曲を歌ったことがなかったにも関わらず、燦然たる歌唱を聴かせ、大きな話題を呼びました。冒頭のハースの新作は、当シーズンにラトル指揮で連続初演される「タパス・シリーズ」の第1弾。作曲の条件は、「8分以内」となっています。

    2017年8月25日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エルザ・ドライスィヒ, マーク・パドモア, フローリアン・ベッシュ

    • ゲオルク・フリードリヒ・ハース
      ヴォルフガングのための小さな交響詩(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品・初演)

    • ヨーゼフ・ハイドン
      《天地創造》

      エルザ・ドライスィヒソプラノ), マーク・パドモアテノール), フローリアン・ベッシュバリトン), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    • 無料映像

      ラトル、ハイドン《天地創造》を語る

    • 無料映像

      マーク・パドモア(聞き手:スタンリー・ドッズ)

    シーズン開幕演奏会はラトル指揮ハイドン《天地創造》 コンサートの詳細を見る
  • ヴァルトビューネ・コンサート2017はドゥダメル指揮

    ヴァルトビューネ・コンサート2017はドゥダメル指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    2017年のヴァルトビューネ・コンサートは、グスターボ・ドゥダメル指揮で行われます。演奏されるのは、シューマンとワーグナー。前者の交響曲第3番は、ドイツの自然の象徴であるライン川を主題としていますが、後者の《ニーべルングの指輪》でもラインの川底の黄金がテーマとなります。両者で大きな役割を担うのが、ロマンティックな楽器の典型であるホルン。グスターボ・ドゥダメルは、これまでコンサート指揮者としての活躍が目立ちましたが、近年はオペラ座にも登場しています。彼がワーグナーの楽劇全曲を指揮するのは、いつになるでしょうか。ここでは、ワーグナーの抜粋が存分にお楽しみいただけます。

    2017年7月1日
    ヴァルトビューネ・コンサート2017

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • ローベルト・シューマン
      交響曲第3番変ホ長調《ライン》

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ラインの黄金》より〈ヴァルハラ城への神々の入場〉

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《神々の黄昏》より〈ジークフリートのラインへの旅〉と葬送行進曲

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ジークフリート》より〈森のささやき〉

    • パウル・リンケ
      《ベルリンの風》

    ヴァルトビューネ・コンサート2017はドゥダメル指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがターネジ、ドヴォルザーク、ブラームスを指揮

    ラトルがターネジ、ドヴォルザーク、ブラームスを指揮

    Photo: Holger Kettner

    2016/17年シーズン最後の演奏会(ラトル指揮)は、セレナードがテーマ。18世紀にはセレナードは宮廷音楽の典型でしたが、ロマン派時代には、よりシンフォニックなジャンルへと発展しました。ドヴォルザークの管楽セレナードは、18世紀のハルモニ―・ムジークの伝統を継承しつつ、この作曲家独特の色彩美に溢れています。一方、ブラームスのセレナード第2番は、二管編成ながらヴァイオリンが欠けているのが特徴。演奏時間は40分ほどで、室内楽とも交響曲の前身とも取れる内容を示しています。ターネジの新作《リメンバリング》にもご注目ください。こちらもヴァイオリンがない編成の曲であり、コンサート全体はヴァイオリンなし(!)で行われています。

    2017年6月24日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • アントニン・ドヴォルザーク
      管楽セレナードニ短調

    • マーク=アンソニー・ターネジ
      《リメンバリング~イヴァン・スコフィールドの追憶に》(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、ボストン交響楽団委嘱作品・ドイツ初演)

    • ヨハネス・ブラームス
      セレナード第2番イ長調

    • 無料映像

      インタビュー/マーク=アンソニー・ターネジ(聞き手:サラ・ウィリス)

    ラトルがターネジ、ドヴォルザーク、ブラームスを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 教育プログラム:ヴォーカル・ヒーローズ《月への往復》

    教育プログラム:ヴォーカル・ヒーローズ《月への往復》

    Photo: Monika Rittershaus

    ベルリン・フィルの教育プログラムの主戦力は、合唱プロジェクト「ヴォーカル・ヒーローズ」です。ここでは、その発表会が中継されます。青少年が歌うのは、アンドリュー・ノーマンの《月への往復》。地球から月への旅がテーマとなるミニ・オペラです。

    2017年6月18日
    ヴォーカル・ヒーローズ合唱プロジェクト

    ベルリン・フィルと若い器楽奏者たち
    サー・サイモン・ラトル

    ヴォーカル・ヒーローズ

    • 無料映像

      アンドリュー・ノーマン
      《月への往復》(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団委嘱作品・初演)

      ヴォーカル・ヒーローズ, エラ・バウマン演出), サイモン・ハルシー合唱指揮

    教育プログラム:ヴォーカル・ヒーローズ《月への往復》 コンサートの詳細を見る