アーカイブ
デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する

近日アップ予定:

ぺトレンコ指揮のヨーロッパ・コンサート2021はベルリンから

コンサートの詳細を見る

最近のアーカイブ映像より9本:

  • バレンボイムとブロンフマンがブラームスのピアノ協奏曲第1番で共演

    バレンボイムとブロンフマンがブラームスのピアノ協奏曲第1番で共演

    Photo: Monika Rittershaus

    ピアニストのイェフィム・ブロンフマンはこう語ります。「ブラームスといえば、私は自然の風景、山、緑の谷、美しいパノラマ、そしてこれらの信じられないほどの壮大さを思い浮かべます」。当公演でブロンフマンはブラームスの初期の大作、ピアノ協奏曲第1番の独奏を務めました。ベルリン・フィル名誉指揮者、ダニエル・バレンボイムが指揮するコンサートの後半では、ブラームスが第1ピアノ協奏曲からさらに20年近い歳月をかけて完成させた交響曲第1番が上演されています。

    2021年4月24日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    イェフィム・ブロンフマン

    • ヨハネス・ブラームス
      ピアノ協奏曲第1番ニ短調

      イェフィム・ブロンフマンピアノ

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第1番ハ短調

    • 無料映像

      イェフィム・ブロンフマン(聞き手:ハンデ・キューデン)

    • 無料映像

      ダニエル・バレンボイム(聞き手:ハンデ・キューデン)

    バレンボイムとブロンフマンがブラームスのピアノ協奏曲第1番で共演 コンサートの詳細を見る
  • メータがメシアンとブルックナーを指揮

    メータがメシアンとブルックナーを指揮

    Photo: Frederike van der Stræten

    メシアンとブルックナー。生きた時代は異なれど、両者は卓越したオルガン奏者であり、その創作の原点にはカトリックの信仰がありました。ズービン・メータ指揮のコンサートでは、メシアンが世界大戦の犠牲者を追悼するために書いた《われ死者の復活を待ち望む》とブルックナーの交響曲第9番が取り上げられています。後者はブルックナーにとって交響曲作家としての集大成のみならず、この世からの告別の作品となりました。

    2021年4月17日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ズービン・メータ

    • オリヴィエ・メシアン
      管弦楽と打楽器のための《われ死者の復活を待ち望む》

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第9番ニ短調

    • 無料映像

      ズービン・メータ(聞き手:スタンリー・ドッズ)

    メータがメシアンとブルックナーを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがチャイコフスキーとラフマニノフを指揮

    ペトレンコがチャイコフスキーとラフマニノフを指揮

    Photo: Stephan Rabold

    ラフマニノフの交響曲第2番は、この作曲家ならではの哀愁に富んだ旋律に満ちています。現在ではロシア音楽の中でも屈指の人気作品の一つであり、キリル・ペトレンコにとっても、この交響曲は特別な意味を持っています。2006年のベルリン・フィルとのデビューにラフマニノフ「第2」を選んだペトレンコが、その15年後に同楽団の首席指揮者として再びこの作品を指揮しました。冒頭に演奏されたのは、チャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》です。

    2021年3月20日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      幻想序曲《ロメオとジュリエット》

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      交響曲第2番ホ短調

    • 無料映像

      ダニエル・スタブラヴァ (聞き手:エマニュエル・パユ)

    ペトレンコがチャイコフスキーとラフマニノフを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ビシュコフとバティアシヴィリがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演

    ビシュコフとバティアシヴィリがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演

    Photo: Lena Laine

    チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、ロマン派のヴァイオリン協奏曲の代表作の一つです。その魅力は、心揺さぶる旋律、舞踏のようなリズム、そして華麗な技巧や表現力が求められる独奏パートにあります。そのような曲を聴く上で、リサ・バティアシヴィリは理想的なソリストといえるでしょう。ベルリン・フィルと長年のパートナーシップで結ばれているセミヨン・ビシュコフ指揮の演奏会では、このほかドヴォルザークの交響曲第7番が上演されました。

    2021年3月11日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    セミヨン・ビシュコフ

    リサ・バティアシヴィリ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      ヴァイオリン協奏曲ニ長調

      リサ・バティアシヴィリヴァイオリン

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第7番ニ短調

    • 無料映像

      リサ・バティアシヴィリ(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    • 無料映像

      セミヨン・ビシュコフ(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    ビシュコフとバティアシヴィリがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • ヤルヴィとレヴィットがベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番で共演

    ヤルヴィとレヴィットがベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番で共演

    Photo: Frederike van der Stræten

    パーヴォ・ヤルヴィ指揮の演奏会では、ピアニストのイゴール・レヴィットがベルリン・フィルに本拠地デビューしました。演目はベートーヴェンのピアノ協奏曲の集大成となった第5番。後半では第2次世界大戦の悲劇を内面的に描いたプロコフィエフの交響曲第6番が取り上げられています。その作品番号(111番)は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番を彷彿とさせるもので、プロコフィエフがこのウィーン古典派の大作曲家を敬愛していたことを反映しています。

    2021年3月6日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    パーヴォ・ヤルヴィ

    イゴール・レヴィット

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

      イゴール・レヴィットピアノ

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      交響曲第6番変ホ長調

    • 無料映像

      パーヴォ・ヤルヴィとイゴール・レヴィットの対談

    • 無料映像

      パーヴォ・ヤルヴィ(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

    ヤルヴィとレヴィットがベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番で共演 コンサートの詳細を見る
  • 黄金の20年代:ティーレマンがヒンデミット、シュトラウス、ブゾーニを指揮

    黄金の20年代:ティーレマンがヒンデミット、シュトラウス、ブゾーニを指揮

    Photo: Frederike van der Stræten

    オンライン・フェスティバル「黄金の20年代」を締めくくったのは、クリスティアン・ティーレマン指揮の演奏会です。パロディックなオペラ《今日のニュース》で自身の音楽とジャズの要素を融合させたヒンデミット、ロマン主義とモダニズムの架け橋となったブゾーニ、そして管弦楽伴奏付きの歌曲や連作歌曲集《1日の4つの時》で後期ロマン派の豊かな音楽言語を育んだR・シュトラウスという、3つの対照的な世界が披露されました。R・シュトラウスの歌曲では、ソプラノのカミッラ・ニュールントが独唱を務めています。

    2021年2月27日
    オンライン・フェスティバル:黄金の20年代

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クリスティアン・ティーレマン

    カミッラ・ニュールント

    • パウル・ヒンデミット
      歌劇《今日のニュース》序曲

    • フェルッチョ・ブゾーニ
      管弦楽のための踊りのワルツ

    • ヨハン・シュトラウス2世
      ワルツ《芸術家の生活》

    • リヒャルト・シュトラウス
      6つの歌曲(声楽と管弦楽のための版)

      カミッラ・ニュールントソプラノ

    • リヒャルト・シュトラウス
      男声合唱と管弦楽のための連作歌曲集《1日の4つの時》

      ベルリン放送合唱団

    • 無料映像

      クリスティアン・ティーレマン(聞き手:オリヴァー・ヒルメス)

    黄金の20年代:ティーレマンがヒンデミット、シュトラウス、ブゾーニを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 黄金の20年代:「モカ・エフティ」での夕べ

    黄金の20年代:「モカ・エフティ」での夕べ

    Photo: Frederike van der Stræten

    このコンサートのテーマとなるのは、1920年代のベルリンの伝説的なカフェハウス「モカ・エフティ」。ベルリン・フィルのメンバーが、フォックストロット、シミー、タンゴ、行進曲、ブルースバラードなどさまざまなスタイルによるダンス音楽を奏でます。ヴァイルからは《小さな三文音楽》など3曲を演奏。シュテファン・ヴォルペの「1920年代の作品からの組曲」とセイバーの「2つのジャズレッツ」は、当時の人々のジャズへの熱狂を呼び覚まします。この他、女優のダグマー・マンツェルが、ロッテ・レーニャやジョセフィン・ベイカーのテキストを朗読しています。

    2021年2月23日
    オンライン・フェスティバル:黄金の20年代

    ベルリン・フィル団員
    ミヒャエル・ハーゼル

    ダグマー・マンツェル

    • 解説

      ノア・ベンディックス=バルグリー

    • クルト・ヴァイル
      《光の中のベルリン》· 《パナマ組曲》

      ダグマー・マンツェル歌唱

    • ジョセフィン・ベイカー:「追想」

      ダグマー・マンツェル朗読

    • マティアス・セイバー
      2つのジャゾレッツ

    • トルーデ・ヘスターベルク:「私が言いたかったこと」

      ダグマー・マンツェル朗読

    • シュテファン・ヴォルペ
      1920年代の作品からの組曲

    • ロッテ・レーニャ:「ベルトルト・ブレヒトとの邂逅」

      ダグマー・マンツェル朗読

    • クルト・ヴァイル
      《小さな三文音楽》

    黄金の20年代:「モカ・エフティ」での夕べ コンサートの詳細を見る
  • 黄金の20年代:セナゴーがプロコフィエフ、シベリウス 、ヴァイルを指揮

    黄金の20年代:セナゴーがプロコフィエフ、シベリウス 、ヴァイルを指揮

    Photo: Frederike van der Stræten

    1920年代末に書かれたヴァイルのオペラ《マハゴニー市の興亡》は、人間と社会の奈落を私たちに突きつけます。ヴァイルはこの作品で、「現代の生活表現の完全な変化を適切な形で扱った作品」を作りたいと考えていました。ドナルド・ラニクルズの代役としてベルリン・フィルにデビューしたトマス・セナゴーが、ヴァイルのオペラ組曲に加えて、プロコフィエフ《3つのオレンジへの恋》組曲とシベリウスの交響曲第6番を指揮しています。

    2021年2月20日
    オンライン・フェスティバル:黄金の20年代

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    トマス・セナゴー

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      《3つのオレンジへの恋》組曲

    • ジャン・シベリウス
      交響曲第6番二短調

    • クルト・ヴァイル
      《マハゴニー市の興亡》組曲(ヴィルヘルム・ブリュックナー=リュッゲベルクによる編曲版)

    黄金の20年代:セナゴーがプロコフィエフ、シベリウス 、ヴァイルを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 黄金の20年代:ジャコーがベルリン・フィル カラヤン・アカデミーを指揮

    黄金の20年代:ジャコーがベルリン・フィル カラヤン・アカデミーを指揮

    Photo: Christian Jungwirth

    マリー・ジャコーがベルリン・フィル カラヤン・アカデミーを指揮する演奏会では、ハンス・アイスラーとクルト・ヴァイルの作品が上演されました。アイスラーの《クーレ・ヴァムペ》(1932年)は、大恐慌下の労働者階級の家族の苦い運命を描いた映画をコンサート用組曲に編纂したもの。ヴァイルは《三文オペラ》の作曲家としてよく知られますが、今回取り上げるヴァイオリン協奏曲(独奏はコリヤ・ブラッハー)や交響曲第2番に見られるように、多くのジャンルで活躍しました。後者はマーラーを思わせる葬送行進曲をもちます。

    2021年2月16日
    オンライン・フェスティバル:黄金の20年代

    カラヤン・アカデミー奨学生
    マリー・ジャコー

    • ハンス・アイスラー
      管弦楽のための組曲第3番《クーレ・ヴァムペ》

    • クルト・ヴァイル
      ヴァイオリンと管楽のための協奏曲

      コリヤ・ブラッハーヴァイオリン

    • クルト・ヴァイル
      交響曲第2番

    • 無料映像

      コリヤ・ブラッハー(聞き手:オリヴァー・ヒルメス)

    • 無料映像

      マリー・ジャコー(聞き手:オリヴァー・ヒルメス)

    黄金の20年代:ジャコーがベルリン・フィル カラヤン・アカデミーを指揮 コンサートの詳細を見る