アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮のシューマン&ブラームス「交響曲第1番」全曲が無料でご覧いただけます。

無料お試し視聴する

最近のアーカイブ映像より10本:

  • ラトルが台北でベートーヴェンの「第9」を指揮

    ラトルが台北でベートーヴェンの「第9」を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    ベルリン・フィルは5月8日から15日までアジア・ツアーを行います。ラトルが首席指揮者に就任してから4度目となる台北公演では、ベートーヴェンの交響曲第1番と第9番を演奏しました。4万人の聴衆がライブビューイング(屋外)に集まり、圧巻の盛り上がりを見せています。「第9」では、地元の台湾国立合唱団との共演にも注目が集まりました。

    2016年5月7日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    イヴォナ・ソボトカ, クリスティアン・エルスナー, エーファ・フォーゲル, BBCシンガーズ, ディミトリー・イヴァシュシェンコ, 台湾国立合唱団

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第1番ハ長調

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

    • 無料映像

      屋外中継に集まった台北市民がベルリン・フィルを歓迎!

    ラトルが台北でベートーヴェンの「第9」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサート2016は、ノルウェーのレーロースから

    ヨーロッパ・コンサート2016は、ノルウェーのレーロースから

    Photo: Monika Rittershaus

    2016年のヨーロッパ・コンサートはノルウェーのレーロースにある美しいバロック教会よりお届けします。レーロースは古くから鉱山の街として知られ、17世紀から残る鉱山街はユネスコの世界遺産に登録されています。前半はノルウェー出身のヴァイオリニスト、ヴィルデ・フラングのソロで、グリーグの小品とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を。後半はラトル指揮のベルリン・フィルが、ベートーヴェンの《英雄》を奏でます。

    2016年5月1日
    European Concert in Røros

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ヴィルデ・フラング

    • エドヴァルド・グリーグ
      抒情組曲より第5番〈山の夕べ〉(オーケストラ版)

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      ヴァイオリン協奏曲ホ短調

      ヴィルデ・フラング

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》

    ヨーロッパ・コンサート2016は、ノルウェーのレーロースから コンサートの詳細を見る
  • ネルソンスがブルックナーの交響曲第3番を指揮

    ネルソンスがブルックナーの交響曲第3番を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    アンドリス・ネルソンスがブルックナーの「交響曲第3番」を指揮します。若手指揮者の雄である彼は、すでにベルリン・フィルと数多く共演を重ねていますが、ブルックナーを振るのは、今回が初めて。彼の作曲家への適正は、いかなるものでしょうか。前半には、ワーグナーの《パルジファル》より、第1幕への前奏曲と聖金曜日音楽が演奏されます。

    2016年4月29日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アンドリス・ネルソンス

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《パルジファル》より第1幕への前奏曲と聖金曜日の奇蹟

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第3番ニ短調(1889年版)

    • 無料映像

      インタビュー/アンドリス・ネルソンス(聞き手:グナルス・ウパトニークス)

    • 無料映像

      「ワーグナーとブルックナー」(スザンネ・ステーアによる解説)

    • 無料映像

      ベルリン・フィル団員、アントン・ブルックナーについて語る

    ネルソンスがブルックナーの交響曲第3番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ソヒエフがフォーレ、ラヴェル、フランクを指揮

    ソヒエフがフォーレ、ラヴェル、フランクを指揮

    トゥガン・ソヒエフのフランス・プロです。中心となるのは、フランクの交響曲ニ短調。仏系交響曲としては、ほぼ唯一スタンダード・レパートリーとして定着した名作で、古くはフルトヴェングラーが好んで指揮しました。一方、フォーレの《ペレアスとメリザンド》は、メーテルランクの名作にインスピレーションを受けた最初の作品に数えられます。ラヴェルのピアノ協奏曲では、フランスのピアニスト、ジャン=イヴ・ティボーデが登場します。

    2016年4月22日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    トゥガン・ソヒエフ

    ジャン=イヴ・ティボーデ

    • ガブリエル・フォーレ
      《ペレアスとメリザンド》組曲

    • モーリス・ラヴェル
      ピアノ協奏曲ト長調

      ジャン=イヴ・ティボーデピアノ

    • セザール・フランク
      交響曲ニ短調

    • 無料映像

      インタビュー/ジャン=イヴ・ティボーデ(聞き手:アンドレアス・オッテンザマー)

    ソヒエフがフォーレ、ラヴェル、フランクを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ビシュコフがチャイコフスキーの交響曲第3番を指揮

    ビシュコフがチャイコフスキーの交響曲第3番を指揮

    セミヨン・ビシュコフのロシアものプログラムです。チャイコフスキーの交響曲第3番は、彼の交響曲としては唯一長調で始まるもので、5楽章という特殊な構成で書かれています。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でベルリン・フィル・デビューを飾ったのは、キリル・ゲルシュタインです。

    2016年4月16日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    セミヨン・ビシュコフ

    キリル・ゲルシュタイン

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      ピアノ協奏曲第2番ハ短調

      キリル・ゲルシュタインピアノ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第3番ニ長調《ポーランド》

    • 無料映像

      インタビュー/キリル・ゲルシュタイン(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

    ビシュコフがチャイコフスキーの交響曲第3番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場!

    小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場!

    Photo: Holger Kettner

    小澤征爾が約7年ぶりにベルリン・フィルに登場しました。1966年9月にデビューした彼は、2016年に楽団との50年のアニヴァーサリーを迎えます。この演奏会では、後半のみとはなっているものの、ベートーヴェンの《エグモント》序曲、合奏幻想曲を熱演。とりわけ前者は、ベルリン・フィルの求心的な協調も含めて、出色の出来映えとなっています。彼とベルリン・フィルの関係の、極致とも言える感動的な演奏です。小澤ファン、そして日本人として、正に必見の映像と言えるでしょう。

    2016年4月10日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    小澤征爾

    ピーター・ゼルキン

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      セレナード第10番《グラン・パルティータ》

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《エグモント》序曲

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      合唱幻想曲

      ピーター・ゼルキンピアノ), ベルリン放送合唱団

    • 無料映像

      小澤征爾、ベルリン・フィル名誉団員の称号を授与

    • 無料映像

      インタビュー/小澤征爾(聞き手:樫本大進)

    小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場! コンサートの詳細を見る
  • ベルリン・フィル招聘!ブンデスユーゲント管演奏会

    ベルリン・フィル招聘!ブンデスユーゲント管演奏会

    無料映像!恒例のブンデスユーゲント管が、ゼバスティアン・ヴァイグレの指揮でフィルハーモニーに客演しました。今回は、R・シュトラウスの《ドン・キホーテ》という大曲での登場。シューマンの4本のホルンのためのコンツェルトシュテュックも含めて、ベルリン・フィルの奏者がソロを務めます。若者たちの清新な演奏をぜひお楽しみください。

    2016年4月5日
    ベルリン・フィル招聘公演

    ブンデスユーゲント管弦楽団
    セバスティアン・ヴァイグレ

    シュテファン・ドール, シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキー, サラ・ウィリス, アンドレイ・ズスト, テレサ・シュヴァム, ルートヴィヒ・クヴァント

    • 無料映像

      マヌエル・デ・ファリャ
      バレエ音楽《三角帽子》組曲第1番、第2番

    • 無料映像

      ローベルト・シューマン
      4本のホルンのためのコンツェルトシュトュックヘ長調

      シュテファン・ドールホルン), シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキーホルン), サラ・ウィリスホルン), アンドレイ・ズストホルン

    • 無料映像

      コンスエロ・ベラスケス
      《ベサメ・ムーチョ》

      アルトゥーロ・パンタレオン・メンドーサ編曲), シュテファン・ドールホルン), シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキーホルン), サラ・ウィリスホルン), アンドレイ・ズストホルン

    • 無料映像

      リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・キホーテ》

      テレサ・シュヴァムヴィオラ), ルートヴィヒ・クヴァントチェロ

    • 無料映像

      エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
      《王子と乞食》より第12曲〈戦い〉

      パトリック・ルス編曲

    ベルリン・フィル招聘!ブンデスユーゲント管演奏会 コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮による《トリスタンとイゾルデ》演奏会形式上演

    ラトル指揮による《トリスタンとイゾルデ》演奏会形式上演

    2016年のバーデン=バーデン・イースター音楽祭で上演されたワーグナー《トリスタンとイゾルデ》が、ベルリンでもコンサート形式で取り上げられました。ラトルの指揮のもと、エヴァ=マリア・ウェストブレーク(イゾルデ)、ステュワート・スケルトン(トリスタン)が、両主役を担当。ラトルの演奏のなかでも、近年出色と評判の出来!ワーグナーの豊麗な響きを堪能してください!

    2016年4月3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エヴァ=マリア・ウェストブレーク, スチュアート・スケルトン

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式上演)第1幕

      エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/イゾルデ), スチュアート・スケルトンテノール/トリスタン), サラ・ コノリーメゾソプラノ/ブランゲーネ), ミヒャエル・ノッジテノール/メロート), スティーヴン・ミリングバスバリトン/クルヴェナール), ローマン・サドニックテノール/メロート), ジーモン・シュトリッカーバリトン/舵取り), トーマス・エーベンシュタインテノール/船員、牧人), サイモン・ハルシー合唱指揮), ベルリン放送合唱団

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式上演)第2幕

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式上演)第3幕

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトル、《トリスタンとイゾルデ》について語る

    ラトル指揮による《トリスタンとイゾルデ》演奏会形式上演 コンサートの詳細を見る
  • マンフレート・ホーネックとヨーヨー・マがバーデン=バーデンで共演

    マンフレート・ホーネックとヨーヨー・マがバーデン=バーデンで共演

    Photo: Monika Rittershaus

    2016年のバーデン=バーデン・イースター音楽祭からマンフレート・ホーネックとヨーヨー・マの演奏会をお届けします。チェロ界の巨匠が弾くのは、シューマンのチェロ協奏曲。一方プログラム後半には、チャイコフスキーの《悲愴》が取り上げられています。ホーネックは、2013年にベルリン・フィル・デビューして以来、2度目の登場。病気でキャンセルとなったヤニック・ネゼ=セガンの代役での登場です。

    2016年3月20日
    バーデン=バーデン祝祭劇場

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    マンフレート・ホーネック

    ヨーヨー・マ

    • ヨハネス・ブラームス
      悲劇的序曲

    • ローベルト・シューマン
      チェロ協奏曲イ短調

      ヨーヨー・マ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第6番ロ短調《悲愴》

    • 無料映像

      インタビュー/マンフレート・ホーネック(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    マンフレート・ホーネックとヨーヨー・マがバーデン=バーデンで共演 コンサートの詳細を見る
  • バーデン=バーデンでラトルと内田光子が共演。メインはベートーヴェン「第9」

    バーデン=バーデンでラトルと内田光子が共演。メインはベートーヴェン「第9」

    Photo: Monika Rittershaus

    バーデン=バーデン・イースター音楽祭より、サイモン・ラトルと内田光子の共演をお届けします。内田が演奏するのは、モーツァルトのピアノ協奏曲第22番。後半には、ベートーヴェンの「第9」が上演されています。まさにフェスティヴァルに相応しい豪華な顔ぶれ。ラトルと内田は、度重なる共演により抜群の相性を示す間柄。またベートーヴェンでは、2015年秋の演奏との差が興味深いところです。

    2016年3月21日
    バーデン=バーデン祝祭劇場

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    内田光子, ゲニア・キューマイアー, サラ・ コノリー, フローリアン・ベッシュ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ピアノ協奏曲第22番変ホ長調

      内田光子ピアノ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

      ゲニア・キューマイアーソプラノ), サラ・ コノリーメゾソプラノ), フローリアン・ベッシュバス), スティーヴ・ダヴィスリムテノール/ミヘル), プラハ・フィルハーモニー合唱団, プラハ・フィルハーモニー合唱団

    • 無料映像

      バーデン=バーデン・イースター音楽祭2016ライブ・ラウンジ

    バーデン=バーデンでラトルと内田光子が共演。メインはベートーヴェン「第9」 コンサートの詳細を見る