アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する

最近のアーカイブ映像より10本:

  • ファミリー・コンサート:子供のためのオペラ《騎士パルツェヴァール》

    ファミリー・コンサート:子供のためのオペラ《騎士パルツェヴァール》

    Photo: Kai Bienert

    無料映像!《騎士パルツェヴァール》は、ヘンリク・アルブレヒトが新作した子供のためのオペラです。ワーグナーの《パルジファル》の題材となった中世の騎士物語に取材し、その「子供時代」をコミカルに描きます。母親のヘルツェロイデは、息子を(数多のお母さんのように?)過保護し、森の中に隠そうとします。一方、クリングゾールはアンフォルタスの槍を奪い、パルジファルを悪者に変えようと画策します。最後には、暴れん坊のパルジファルは、責任感と優しさを学び、万事丸く収まる、という筋書き。音楽はもちろんワーグナーの引用に満ちています。ぜひご覧ください!

    2018年2月18日
    ファミリー・コンサート

    ベルリン・フィル団員

    バーデン=ヴュルテンベルク州の音楽大学の声楽ソリスト, スタンリー・ドッズ, カラヤン・アカデミー奨学生

    • 無料映像

      ヘンリク・アルブレヒト
      子供のためのオペラ《パルツェヴァール》(ヘンリク・アルブレヒト作曲/ワーグナーのモチーフを引用)

      バーデン=ヴュルテンベルク州の音楽大学の声楽ソリスト, スタンリー・ドッズ指揮), カラヤン・アカデミー奨学生, アリーナ・ヴンダリンソプラノ/パルツェヴァール), フルリーナ・シュトッキソプラノ/ヘルツェロイデ/グラールの騎士/イターの従者), エリーザベト・ビルクマイヤーソプラノ/クンドリー/イターの従者), マルセル・ブルンナーバスバリトン/クリングゾール/グラールの騎士/イターの従者), ヨハネス・モーザーバリトン/アンフォルタス/グルネマンツ/騎士イター), キルステン・ウッテンドルフ演出), ノラ・ラウ衣装

    ファミリー・コンサート:子供のためのオペラ《騎士パルツェヴァール》 コンサートの詳細を見る
  • V・ペトレンコとM・バレンボイムがベルリン・フィル・デビュー

    V・ペトレンコとM・バレンボイムがベルリン・フィル・デビュー

    Photo: Marcus Höhn

    当演奏会は、本来ズービン・メータの指揮で予定されていましたが、健康上の理由によりキャンセルとなりました。代役として、ヴァシリー・ペトレンコが、ベルリン・フィル・デビューを飾りました。プログラムは、メータで予定されていたものが踏襲されます。V・ペトレンコは、ロイヤル・リバプール・フィルの首席指揮者として活躍し、近年ショスタコーヴィチの録音で評価を獲得しています。シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲で同じくベルリン・フィル・デビューを飾ったのは、ダニエル・バレンボイムの息子であるミヒャエルです。

    2018年2月17日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヴァシリー・ペトレンコ

    ミヒャエル・バレンボイム

    • フランツ・シューベルト
      《ロザムンデ》序曲

    • アルノルト・シェーンベルク
      ヴァイオリン協奏曲

      ミヒャエル・バレンボイムヴァイオリン

    • モーリス・ラヴェル
      《ラ・ヴァルス》

    • モーリス・ラヴェル
      《ダフニスとクロエ》第2組曲

    • 無料映像

      ヴァシリー・ペトレンコ(聞き手:フィリップ・ボーネン)

    V・ペトレンコとM・バレンボイムがベルリン・フィル・デビュー コンサートの詳細を見る
  • レイトナイト・コンサート:ラトルがポール・ホワイトマンを演奏!ゲストはマックス・ラーベ

    レイトナイト・コンサート:ラトルがポール・ホワイトマンを演奏!ゲストはマックス・ラーベ

    ポール・ホワイトマンは、「ジャズ王」として知られますが、レイトナイト・コンサートの第2回は、彼の作品に焦点が置かれています。サイモン・ラトルは、ジャズ・ファンとしても知られ、ホワイトマンの作品には特に愛情を注いできました。彼は20年代にジャズをハイカルチャーの世界に導きましたが、オーケストラ的な音響のそのスタイルは、ベルリン・フィル団員による演奏にもマッチするものでしょう。ゲストには、20年代流行歌の歌唱で名高いドイツの歌手マックス・ラーベが迎えられています。

    2018年2月10日
    レイトナイト・コンサート

    ベルリン・フィル団員
    サー・サイモン・ラトル

    マックス・ラーベ, ミロスラフ・ラツコ

    • フェリックス・ダルナール
      《ダーダネッラ》

    • ビリー・マイヤーズ&エルマー・シェーベル
      《ノーボディズ・スウィートハート》

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《ラプソディー・イン・ブルー》

      ミロスラフ・ラツコピアノ

    • マティヤ・ニキシュ
      《バッカナール》

    • ウォルター・ドナルドソン
      《マイ・ブルー・ヘヴン》

      マックス・ラーベ歌唱

    • ターナー・レイトン
      《アフター・ユーヴ・ゴーン》

      マックス・ラーベ歌唱

    • ヴィクター・ヤング
      《スウィート・スー》

      マックス・ラーベ歌唱

    • ジェローム・カーン&オットー・ハーバック
      《煙が目にしみる》

      マックス・ラーベ歌唱

    • ウォルター・ドナルドソン
      《メイキン・フーピー》

    • リンゼイ・マクファイル&ウォルター・マイケルズ
      《蝶々さん》

    レイトナイト・コンサート:ラトルがポール・ホワイトマンを演奏!ゲストはマックス・ラーベ コンサートの詳細を見る
  • カヴァコスがベルクのヴァイオリン協奏曲を演奏。A・フィッシャーが代役で《新世界》を指揮

    カヴァコスがベルクのヴァイオリン協奏曲を演奏。A・フィッシャーが代役で《新世界》を指揮

    当演奏会は、ズービン・メータ、ベルナルド・ハイティンクが健康上の理由でキャンセルし、急遽アダム・フィッシャーが代役登場しました。プログラムは、ウェーベルンのパッサカリア作品1、ベルクのヴァイオリン協奏曲と、ドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》。アダム・フィッシャーは、イヴァンの兄で、国際的なオペラ指揮者として活躍しています。ベルリン・フィルには、今回がデビュー。ソロは、ギリシャのヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスが担当しています。

    2018年2月10日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アダム・フィッシャー

    レオニダス・カヴァコス

    • アントン・ウェーベルン
      パッサカリア Op. 1

    • アルバン・ベルク
      ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」

      レオニダス・カヴァコスヴァイオリン

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調よりアンダンテ

      レオニダス・カヴァコスヴァイオリン

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第9番ホ短調《新世界より》

    • 無料映像

      レオニダス・カヴァコス(聞き手:アラン・ニレス)

    カヴァコスがベルクのヴァイオリン協奏曲を演奏。A・フィッシャーが代役で《新世界》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ディマ・スロボテニウクがベルリン・フィルにデビュー

    ディマ・スロボテニウクがベルリン・フィルにデビュー

    Photo: Marco Borggreve

    ロシア出身の指揮者ディマ・スロボテニウクが、ベルリン・フィルにデビューしました。1975年モスクワ生まれの彼は、現在ラハティ響の首席指揮者。またロンドン・フィル、フランス国立管、フランス放送フィル、SWR響等にも客演しています。デビューに選んだ曲目は、活躍の拠点とするフィンランドの作曲家シベリウスの傑作《タピオラ》、お国ものであるプロコフィエフの交響曲第2番、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第2番です。確かな技術と明快な音響、構成的な展開を見せ、手堅い出来。これからの活躍を期待させる新進です。なお、ショスタコーヴィチのソロは、ラトヴィア出身のバイバ・スクリデが務めています。

    2018年2月3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ディマ・スロボデニウク

    バイバ・スクリデ

    • ジャン・シベリウス
      《タピオラ》

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      ヴァイオリン協奏曲第2番

      バイバ・スクリデヴァイオリン

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      交響曲第2番ニ短調

    • 無料映像

      ディマ・スロボデニウク(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ディマ・スロボテニウクがベルリン・フィルにデビュー コンサートの詳細を見る
  • ヤンソンスとトリフォノフがシューマンで共演。後半はブルックナー「第6」

    ヤンソンスとトリフォノフがシューマンで共演。後半はブルックナー「第6」

    マリス・ヤンソンスが、ブルックナーの交響曲第6番を指揮しました。近年、この作曲家を集中的に取り上げている彼ですが、「第6」はブルックナー通に特に人気のある作品。彼の円熟の表現、オケとの阿吽の呼吸に魅了されます。本作は、ブルックナー自身が「私の最も小生意気な交響曲」と呼んだものですが、ヤンソンスは一種の野趣も感じさせる、独特のワイルドなタッチを聴かせています。また、ダニール・トリフォノフによるシューマンのピアノ協奏曲も聴きもの。タッチの美しさ、和声の綾を解きほぐすような弾き方は、まさに天才のもの。感情の溢れるままに音楽に没頭する姿に、深い感銘を受けます。文字通り渾身の演奏と言えるでしょう。

    2018年1月27日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    マリス・ヤンソンス

    ダニール・トリフォノフ

    • ローベルト・シューマン
      ピアノ協奏曲イ短調

      ダニール・トリフォノフピアノ

    • フレデリック・ショパン
      チェロ・ソナタ第3楽章(アルフレッド・コルトー編曲)

      ダニール・トリフォノフピアノ

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第6番

    • 無料映像

      マリス・ヤンソンス(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

    • 無料映像

      マリス・ヤンソンスへのベルリン・フィル名誉会員任命式

    ヤンソンスとトリフォノフがシューマンで共演。後半はブルックナー「第6」 コンサートの詳細を見る
  • ミッコ・フランクがラヴェル《子供と魔法》を指揮

    ミッコ・フランクがラヴェル《子供と魔法》を指揮

    この演奏会でミッコ・フランクは、小澤征爾の代役として登場しました。後半のラヴェル《子供の魔法》は、子供時代の喪失とその悲しみを扱った、メランコリーに満ちた佳品。フランクの指揮は、明晰さと作品への深い理解を感じさせ、注目すべき秀演となっています。前半のモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第5番」、サン=サーンス「序奏とロンド・カプリッチョーゾ」では、ベルリン・フィル第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーが指揮とソロを担当。自作のカデンツァを数か所に取り入れ、まさに奮闘。彼の持ち味が満載の素晴らしい出来です。

    2018年1月21日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ミッコ・フランク

    ノア・ベンディックス=バルグリー, エミリー・フォンズ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調《トルコ風》

      ノア・ベンディックス=バルグリー指揮・ヴァイオリン

    • カミーユ・サン=サーンス
      序奏とロンド・カプリッチョーゾ

      ノア・ベンディックス=バルグリー指揮・ヴァイオリン

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番よりラルゴ

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン

    • モーリス・ラヴェル
      《子供と魔法》(セミ・ステージ形式)

      エミリー・フォンズメゾソプラノ/子供), ポール・ゲイバスバリトン/ソファー、木), キーラ・ダフィソプラノ/火、王女、ナイチンゲール), マリー・ルノルマンメゾソプラノ/雌猫、リス), エロディー・メシェンアルト/母、中国の茶碗、とんぼ), マティアス・ヴィダルテノール/小さな老人、雨蛙、ティーポット), エリオット・マドーアバリトン/大時計、雄猫), 藤谷佳奈枝ソプラノ/安楽椅子、こうもり), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮), ベルリン・コーミッシェ・オーパー児童合唱団, ダグマー・フィーバッハ

    • 無料映像

      ノア・ベンティックス=バルグリー、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番とサン=サーンスの序奏とロンド・カプリッチョーゾについて語る

    • 無料映像

      ミッコ・フランク(聞き手:シュテファン・コンツ)

    ミッコ・フランクがラヴェル《子供と魔法》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • パッパーノが久々にベルリン・フィルに登場。共演はジャンス

    パッパーノが久々にベルリン・フィルに登場。共演はジャンス

    アントニオ・パッパーノが12年ぶりにベルリン・フィルに登場しました。今回のプログラムは、世紀転換期のパリにおけるロシアをテーマとしたもので、ラヴェル《海原の小舟》、《道化師の朝の歌》と共に、ムソルグスキー《はげ山の一夜》、スクリャービン《法悦の詩》が取り上げられます。間に挟まるのは、デュパルクのオーケストラ歌曲集。ヴェロニク・ジャンスが、ニュアンスに満ちた歌唱を聴かせています。

    2018年1月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アントニオ・パッパーノ

    ヴェロニク・ジャンス

    • モーリス・ラヴェル
      《海原の小舟》《道化師の朝の歌》

    • アンリ・デュパルク
      4つの歌曲

      ヴェロニク・ジャンスソプラノ

    • モデスト・ムソルグスキー
      《はげ山の一夜》(1867年原典版)

    • アレクサンドル・スクリャービン
      《法悦の詩》

    • 無料映像

      アントニオ・パッパーノ(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

    パッパーノが久々にベルリン・フィルに登場。共演はジャンス コンサートの詳細を見る
  • 2017年ジルベスター・コンサートはラトル指揮ディドナート独唱

    2017年ジルベスター・コンサートはラトル指揮ディドナート独唱

    Photo: Monika Rittershaus

    2017年のジルベスター・コンサートは、サイモン・ラトルにとっての最後のジルベスターとなりました。ソリストは、ジョイス・ディドナートが務めています。ディドナートは、現在最も魅力的な声楽ソリストに数えられるアメリカ人メゾソプラノ。ここでは、R・シュトラウスの華麗なオーケストラ歌曲集を歌っています。プログラムは、例年のごとく様々なダンスを網羅するものですが、2018年に生誕100年を迎えるバーンスタインの作品が含まれていることが目を引きます。フィナーレは、ショスタコーヴィチの諧謔味に満ちたバレエ音楽《黄金時代》の組曲でユーモアたっぷりに終わります。

    2017年12月31日
    ジルベスター・コンサート2017

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ジョイス・ディドナート

    • アントニン・ドヴォルザーク
      序曲《謝肉祭》

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ミューズを率いるアポロ》よりパ・ドゥ・ドゥ

    • リヒャルト・シュトラウス
      オーケストラ歌曲集

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ

    • レナード・バーンスタイン
      《オン・ザ・タウン》より3つのダンス・エピソード

    • レナード・バーンスタイン
      《ホワイトハウス・カンタータ》より〈テイク・ケア・オブ・ディス・ハウス〉

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      《黄金時代》組曲

    • アントニン・ドヴォルザーク
      スラヴ舞曲 Op. 72-2

    • ヨハネス・ブラームス
      ハンガリー舞曲第1番ト短調

    • 無料映像

      ジョイス・ディドナート(聞き手:ノア・ベンティックス=バルグリー)

    2017年ジルベスター・コンサートはラトル指揮ディドナート独唱 コンサートの詳細を見る
  • I・フィッシャーがメンデルスゾーン《真夏の夜の夢》を指揮

    I・フィッシャーがメンデルスゾーン《真夏の夜の夢》を指揮

    イヴァン・フィッシャーは、ベルリン・フィル常連の指揮者のひとりですが、モーツァルトや初期ロマン派で意外なほど繊細な解釈を聴かせる存在です。メンデルスゾーン《真夏の夜の夢》では、自ら組曲版を編んでいますが、ここにも彼の特別な愛情を認めることができます。ディティールの変化に富み、声部の細部がすべて聞こえてくる演奏となっています。前半は、ハンガリー出身の彼のお国もの。バルトークのヴァイオリン協奏曲第1番で登場するヴィルデ・フラングは、ノルウェー出身の若手で、現在最も注目されているヴァイオリニストのひとりです。

    2017年12月22日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    イヴァン・フィッシャー

    ヴィルデ・フラング

    • ベラ・バルトーク
      ハンガリー農民の歌 Sz 100

    • ベラ・バルトーク
      ヴァイオリン協奏曲第1番

      ヴィルデ・フラングヴァイオリン

    • ブヤルネ・ブルスタード
      ノルウェーの子守歌

      ヴィルデ・フラングヴァイオリン

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      《真夏の夜の夢》(イヴァン・フィッシャーによる組曲版)

      マリ・エリクスメンソプラノ), キティ・ホワッティリーメゾソプラノ), ウィーン・フィルハーモニア合唱団女声合唱, ヴァルター・ツェー合唱指揮

    • 無料映像

      イヴァン・フィッシャー(聞き手:エマニュエル・パユ)

    • 無料映像

      ヴィルデ・フラング(聞き手:フィリップ・ボーネン)

    I・フィッシャーがメンデルスゾーン《真夏の夜の夢》を指揮 コンサートの詳細を見る