アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する

近日アップ予定:

バーデン=バーデン・イースター音楽祭より⦅トスカ⦆舞台上演全曲

コンサートの詳細を見る

バーデン=バーデン・イースター音楽祭でラトルとバティアシヴィリが共演!

コンサートの詳細を見る

最近のアーカイブ映像より8本:

  • ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《トスカ》

    ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《トスカ》

    Photo: Peter Adamik

    プッチーニの《トスカ》と言えば、かつてヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリン・フィルと上演し、絶大な成功を収めたオペラです。1979年に録音された全曲盤は、この作品のスタンダードとして広く知られています。今回は、サー・サイモン・ラトルが指揮。ローマの歌姫を演じるのは、ラトヴィアの人気ソプラノ、クリスティーネ・オポライスです。ベルリン・フィルが同曲を演奏するのは、1982、1988、1989年の上演に続き、実に28年ぶりとなります。

    2017年4月22日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    クリスティーネ・オポライス, ステファノ・ラ・コッラ, エフゲニー・ニキーチン

    • ジャコモ・プッチーニ
      歌劇《トスカ》(演奏会形式上演)

      クリスティーネ・オポライスソプラノ/トスカ), ステファノ・ラ・コッラテノール/カヴァラドッシ), エフゲニー・ニキーチンバスバリトン/スカルピア), アレクサンダー・ツィムバリュクバス/アンジェロッティ), ピーター・タンチッツテノール/スポレッタ), ダグラス・ウィリアムズバス/シャッローネ), Maurizio Muraro, ヴァルター・フィンクバス/看守), ジュゼッペ・マンテッロボーイソプラノ/牧童), ベルリン国立歌劇場児童合唱団, Vinzenz Weissenburger, ベルリン放送合唱団, デイヴィッド・ジョーンズ合唱指揮

    • 無料映像

      バーデン=バーデン・イースター音楽祭2017ライブ・ラウンジ

    ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《トスカ》 コンサートの詳細を見る
  • 次期首席指揮者ペトレンコが《ハフナー》と《悲愴》を指揮

    次期首席指揮者ペトレンコが《ハフナー》と《悲愴》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    キリル・ペトレンコは、2015年6月21日にベルリン・フィルの次期首席指揮者に選ばれました。この演奏会は、任命後、初めての登場となった時のものです。プログラムは、モーツァルトの《ハフナー》、アダムズの《ウンド・ドレッサー》(独唱:ゲオルク・ニーグル)、チャイコフスキーの《悲愴》。とりわけモーツァルトとチャイコフスキーの作品は、指揮者の解釈と音楽性が如実に出る作品ですが、ペトレンコはたいへん個性的で、独自の演奏を聴かせています。CDがほとんど存在しない指揮者であり、デジタル・コンサートホールでの映像は、実に貴重。彼のスタイルやベルリン・フィルとの相性を知るうえで、必聴の映像と言えます。

    2017年3月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ゲオルク・ニーグル

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      交響曲第35番ニ長調

    • ジョン・アダムズ
      バリトンと管弦楽のための《ウンド・ドレッサー》

      ゲオルク・ニーグルバリトン

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第6番ロ短調《悲愴》

    • 無料映像

      インタビュー/キリル・ペトレンコ(聞き手:オラフ・マニンガー)

    次期首席指揮者ペトレンコが《ハフナー》と《悲愴》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮

    ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮

    サー・サイモン・ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮しました。作品のテーマは、「愛し合っていながら分かり合えない男女の愛の不条理」。オペラ史上においても、最も個性的で感動的な作品のひとつと言えるでしょう。ソリストはイスラエルのメゾソプラノ、リナート・シャハム(ユーディット)、ハンガリーのバス、ガボール・ブレッツ(青ひげ)が務めています。また前半には、オーストリアの作曲家HK・グルーバーの新作ピアノ協奏曲が、アマニュエル・アックスの独奏で演奏されています。

    2017年3月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エマニュエル・アックス, リナート・シャハム, ガボール・ブレッツ

    • HK・グルーバー
      ピアノ協奏曲(初演。財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団委嘱作品)

      エマニュエル・アックス

    • ベラ・バルトーク
      《青ひげ公の城》 (演奏会形式上演)

      リナート・シャハムユーディット), ガボール・ブレッツ青ひげ), ウルリヒ・ネーテン

    • 無料映像

      インタビュー/HK・グルーバー(聞き手:クヌート・ヴェーバー)

    ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 第2回レイト・ナイトではラトルとコジェナーが共演

    第2回レイト・ナイトではラトルとコジェナーが共演

    ラトルの実験小屋、レイト・ナイト・コンサートの第2回は、彼の夫人であるマグダレーナ・コジェナーをゲストに迎えています。ラヴェルの「マラルメの3つの詩」は、ラヴェルの最高傑作に属するもの。またベリオの《セクエンツァIII》では、彼女の声楽技巧に目を見張ります。ブーレーズの《メサジェスキス》は、7本のチェロという特殊な編成の作品。最後のベリオの《ラボリントゥスII》は、声楽、アンサンブル、テープの実験的な世界が表現されます。

    2017年3月18日

    ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミー団員
    サー・サイモン・ラトル

    マグダレーナ・コジェナー

    • モーリス・ラヴェル
      ステファヌ・マラルメの3つの詩

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

    • ルチアーノ・ベリオ
      女声のための《セクエンツァIII》

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

    • ルチアーノ・ベリオ
      声楽と器楽、テープのための《ラボリントゥスII》

    第2回レイト・ナイトではラトルとコジェナーが共演 コンサートの詳細を見る
  • ヴォーカル・ヒーローズ:君も一緒に歌おう!

    ヴォーカル・ヒーローズ:君も一緒に歌おう!

    Photo: Daniel Wetzel

    無料コンサート!ヴォーカル・ヒーローズは、ベルリン・フィルの教育プログラムの一環で、200人の青少年が参加します。この「春のコンサート」では、子供のための様々な歌が、ベルリンの学校生徒により歌われます。そして、デジタル・コンサートホールをご覧のお客様も、参加可能です。楽譜をダウンロードして、あなたも一緒に歌ってください!司会はサイモン・ハルシーが務めます。

    2017年3月6日
    教育プログラム:ヴォーカル・ヒーローズ

    ヴォーカル・ヒーローズ
    サイモン・ハルシー

    ベルリン・フィル団員

    • 無料映像

      ⦅春を歌おう!》

      ヴォーカル・ヒーローズ児童合唱団, ベルリン・フィル団員

    ヴォーカル・ヒーローズ:君も一緒に歌おう! コンサートの詳細を見る
  • 無料映像!ノット指揮のユンゲ・ドイッチェ・フィルがフィルハーモニーに客演

    無料映像!ノット指揮のユンゲ・ドイッチェ・フィルがフィルハーモニーに客演

    ユンゲ・ドイッチェ・フィルの2017年の客演は、日本でも東京交響楽団の首席指揮者として人気の高いジョナサン・ノットの指揮。ラヴェルの《優雅で感傷的なワルツ》、マーラーの《亡き子をしのぶ歌》、ショスタコーヴィチの交響曲第15番という、極めて意欲的なプログラムとなっています。マーラーでソロを担当するのは、メゾソプラノのミシェル・ブリートです。

    2017年3月12日

    ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団
    ジョナサン・ノット

    • 無料映像

      モーリス・ラヴェル
      《高貴で感傷的なワルツ》(管弦楽版)

    • 無料映像

      グスタフ・マーラー
      《亡き子をしのぶ歌》

      ミシェル・ブリートソプラノ

    • 無料映像

      ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第15番イ短調

    • 無料映像

      インタビュー/ミシェル・ブリート(聞き手:ダーヴィット・パンツァー)

    無料映像!ノット指揮のユンゲ・ドイッチェ・フィルがフィルハーモニーに客演 コンサートの詳細を見る
  • ドイツ大統領主催ユニセフ募金ガラ。メータ指揮、ズーカーマンが久々の登場

    ドイツ大統領主催ユニセフ募金ガラ。メータ指揮、ズーカーマンが久々の登場

    Photo: Monika Rittershaus

    近年さかんに取り上げられるようになったエルガーのヴァイオリン協奏曲は、作曲者が「あまりにもエモーショナルな作品」と呼んでいます。今回ソロを務めるのは、10年ぶりにベルリン・フィルに登場したピンカス・ズーカーマンです。指揮を担当するのは、彼の長年の友人であるズービン・メータ。彼はプログラムの後半では、同じくエモーショナルな美感に満ちたチャイコフスキーの交響曲第5番を振っています。なお当演奏会は、退任するドイツ連邦共和国大統領ヨアヒム・ガウクが主催する最後のユニセフ募金演奏会でした。

    2017年3月12日
    ドイツ大統領主催ユニセフ募金演奏会

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ズービン・メータ

    ピンカス・ズーカーマン

    • ドイツ国歌・ヨアヒム・ガウク(ドイツ連邦大統領)とミヒャエル・ミュラー(ベルリン市長)の挨拶

    • エドワード・エルガー
      ヴァイオリン協奏曲ロ短調

      ピンカス・ズーカーマンヴァイオリン

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      交響曲第5番ホ短調

    • 無料映像

      インタビュー ピンカス・ズーカーマン(聞き手:アレクサンダー・イヴィッチ)

    • 無料映像

      ドイツ連邦大統領慈善演奏会ー1988年からの歩み

    ドイツ大統領主催ユニセフ募金ガラ。メータ指揮、ズーカーマンが久々の登場 コンサートの詳細を見る
  • メータがシタール奏者アヌシュカー・シャンカルと共演

    メータがシタール奏者アヌシュカー・シャンカルと共演

    インドのシタール奏者、ラヴィ・シャンカル(2012年没)は、インド音楽を西洋世界に紹介した功績者であり、そのシタール協奏曲は、インドの伝統音楽をクラシックの協奏曲の形式に織り込んだものとなっています。ソロを担当するのは作曲者の娘のアヌシュカー、タクトを取るのは長年の盟友のズービン・メータです。長大な曲ながら、意外にもシンフォニックな音楽で興味津々!美しいアヌシュカーの演奏ぶりにも魅せられます。後半には、バルトークの管弦楽のための協奏曲が演奏されています。

    2017年3月5日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ズービン・メータ

    アヌシュカー・シャンカル

    • ラヴィ・シャンカル
      シタール協奏曲第2番《ラーガ・マーラ》

      アヌシュカー・シャンカルシタール

    • ベラ・バルトーク
      管弦楽のための協奏曲

    • 無料映像

      インタビュー/アヌシュカー・シャンカル(聞き手:アンドレアス・オッテンザマー)

    メータがシタール奏者アヌシュカー・シャンカルと共演 コンサートの詳細を見る