年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから
アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する

近日アップ予定:

ヴォーカル・ヒーローズ:クリスマス・コンサート

コンサートの詳細を見る

第1回レイト・ナイトは樫本大進とラトルの共演

コンサートの詳細を見る

ブロムシュテットのブルックナー、ピリスのモーツァルト

コンサートの詳細を見る

ハイティンクがマーラー「第9」を指揮

コンサートの詳細を見る

最近のアーカイブ映像より6本:

  • コープマンがバッハ「ミサ曲ロ短調」を指揮

    コープマンがバッハ「ミサ曲ロ短調」を指揮

    オランダの古楽指揮者、チェンバリスト、オルガニストのトン・コープマンが、バッハのミサ曲ロ短調を指揮しました。当作は、バッハが自己の芸術の到達点としてより普遍的なラテン語のミサ定型文に作曲したものであり、彼の強い思い入れが表れていると考えられています。コープマンは、すでに2010年1月にベルリン・フィルでバッハ作品を取り上げていますが、今回は大作での登場。生き生きとした、生気溢れるバッハを聴かせています。

    2017年10月28日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    トン・コープマン

    リアス室内合唱団

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      ミサ曲ロ短調

      イツァベル・アリアス・フェルナンデスソプラノ), ヴィープケ・レームクールコントラルト), ティルマン・リヒディテノール), クラウス・メルテンスバス), リアス室内合唱団, ジャスティン・ドイル合唱指揮

    • 無料映像

      インタビュー トン・コープマン(聞き手:ジョナサン・ケリー)

    コープマンがバッハ「ミサ曲ロ短調」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 来日公演とほぼ同じプロによる香港からのラトル指揮の演奏会①

    来日公演とほぼ同じプロによる香港からのラトル指揮の演奏会①

    Photo: Monika Rittershaus

    ベルリン・フィルの2017年アジア・ツアーは、香港、中国、韓国、日本の4国を回ります。その最初の滞在地、香港からふたつの演奏会が中継されました。このコンサートでは、ブラームスの交響曲第4番、R・シュトラウスの《ドン・ファン》のほか、韓国の若手ピアニスト、チョ・ソンジン独奏でラヴェルのピアノ協奏曲が演奏されています。

    2017年11月11日
    香港文化センター

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・ファン》

    • モーリス・ラヴェル
      ピアノ協奏曲ト長調

      チョ・ソンジン

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第4番ホ短調

    来日公演とほぼ同じプロによる香港からのラトル指揮の演奏会① コンサートの詳細を見る
  • チョ・ソンジンがラトル指揮でベルリン・フィルにデビュー

    チョ・ソンジンがラトル指揮でベルリン・フィルにデビュー

    Photo: Monika Rittershaus

    韓国のピアニスト、チョ・ソンジンがベルリン・フィルにデビューしました。この演奏会は、ラン・ランをソリストとして予定されていましたが、彼のキャンセルを受けて、2015年ショパン国際コンクールで優勝した彼が、ラヴェルのピアノ協奏曲を演奏。またR・シュトラウスの《ドン・ファン》、ブラームスの第4交響曲という、2017年来日公演と同じプログラムがラトルの指揮で演奏されています。

    2017年11月4日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    チョ・ソンジン

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・ファン》

    • モーリス・ラヴェル
      ピアノ協奏曲ト長調

      チョ・ソンジンピアノ

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第4番ホ短調

    • 無料映像

      チョ・ソンジン(聞き手:伊藤マレーネ)

    チョ・ソンジンがラトル指揮でベルリン・フィルにデビュー コンサートの詳細を見る
  • ラトルが《ペトルーシュカ》とラフマニノフ「第3」を指揮

    ラトルが《ペトルーシュカ》とラフマニノフ「第3」を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    当演奏会では、ストラヴィンスキーの《ペトルーシュカ》とラフマニノフの交響曲第3番という、まったく異なったロシア作品が対置されています。技巧姓が高く、作曲技能の粋を尽くした前者に対し、後者では深く濃密な響き大きな役割を担っています。その間に入るのは、韓国の作曲家ウンスク・チンの新作《コロス・コルドン》の初演。こちらは音響的にはよりストラヴィンスキーに近い性格を示しています。なおこのプログラムは、2017年11月の日本公演でも演奏される予定です。

    2017年11月3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ペトルーシュカ》(1947年改訂版)

    • チン・ウンスク
      《コロス・コルドン》

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      交響曲第3番イ短調

    • 無料映像

      チン・ウンスク(聞き手:エヴァ=マリア・トマジ)

    ラトルが《ペトルーシュカ》とラフマニノフ「第3」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ネゼ=セガン指揮によるブラームス「ドイツ・レクイエム」

    ネゼ=セガン指揮によるブラームス「ドイツ・レクイエム」

    Photo: Hans von der Woerd

    若手指揮者の雄ヤニック・ネゼ=セガンがブラームスのドイツ・レクイエムで客演しました。レクイエムは元来カトリックの死者のためのミサを指しますが、ここでは重厚でプロテスタント的な性格を持つ作品として翻案されています。ネゼ=セガンはこれまではつらつとした音楽性で注目を集めてきた指揮者ですが、ここではこの晦渋な名曲を彼独自のスタイルで聴かせています。一方、C・Ph・E・バッハの「聖なるかな」も、ミサのサンクトゥスをドイツ語で作曲したもの。2017年は宗教改革500周年に当たりますが、ここではカトリックとプロテスタントの両方の要素を持った作品が扱わています。

    2017年10月21日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヤニック・ネゼ=セガン

    ベルリン放送合唱団

    • カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ
      〈聖なるかな〉(ソロ・アルト、2つの混声合唱、2つの管弦楽のためのカンタータ)

      ヴィープケ・レームクールコントラルト), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    • ヨハネス・ブラームス
      ドイツ・レクイエム

      ハンナ=エリーザベト・ミューラーソプラノ), マルクス・ヴェルババリトン), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    • 無料映像

      ヤニック・ネゼ=セガン(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ネゼ=セガン指揮によるブラームス「ドイツ・レクイエム」 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがヤナーチェク《利口な女狐の物語》を指揮

    ラトルがヤナーチェク《利口な女狐の物語》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    ヤナーチェクに特別な愛情を抱くサー・サイモン・ラトルが、ピーター・セラーズの演出で《利口な女狐の物語》を指揮します。このオペラは、女狐が主人公になっていますが、実は彼女は、ある手の届かない女性の象徴となっています。森番の男は彼女に憧れ、魅了されているのですが、物語のなかでは、その女性と女狐が揺らぎながら同一視されます。女狐は、やがてある行商人に撃たれて死にますが、同時に憧れの女性もその男と結婚し、森番の男の手からは永遠に失われるのです。作品は森羅万象の生成の不思議や生の力、憧憬と儚いメランコリーに満ち、失われた愛を回顧するような胸に迫る調子を持っています。

    2017年10月14日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ジェラルド・フィンリー, アンゲラ・デノケ, ルーシー・クロウ, ピーター・セラーズ

    • レオシュ・ヤナーチェク
      《利口な女狐の物語》

      ジェラルド・フィンリーバリトン), パウリーネ・マレファーネアルト/森番の妻), ブルクハルト・ウルリヒテノール/校長、蚊、雄鶏), ハンノ・ミューラー=ブラッハマンバスバリトン), アンゲラ・デノケソプラノ/雄狐、雌鶏), ルーシー・クロウソプラノ/女狐), サー・ウィラード・ホワイトバス/牧師、穴熊), アンナ・ラプコウスカヤメゾソプラノ/パーセクの妻、犬のラパーク), ヴォカールコンソート・ベルリン, ダーヴィット・カヴェリウス合唱指揮), ヴォーカル・ヒーローズ児童合唱団, ピーター・セラーズ演出

    • 無料映像

      ピーター・セラーズ、《利口な女狐の物語》を語る

    ラトルがヤナーチェク《利口な女狐の物語》を指揮 コンサートの詳細を見る