アーカイブ
デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する

最近のアーカイブ映像より10本:

  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:バロック協奏曲集

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:バロック協奏曲集

    コロナ禍により、大きな編成が求められる古典派とロマン派の協奏曲を上演するのは困難な状況にあります。それゆえ、今回はコンパクトな編成でバロック時代の3人の巨匠、バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディが書いた協奏曲を特集しました。ソリストは、ノア・ベンディックス=バルグリー(ヴァイオリン)、ジョナサン・ケリー(オーボエ)、マリー=ピエール・ラングラメ(ハープ)、シュテファン・シュヴァイゲルト(ファゴット)、エゴール・エゴルキン(ピッコロ)。独奏楽器と室内オーケストラによる華やかな対話をお楽しみください。

    2020年6月27日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • ご挨拶

      ジョナサン・ケリー

    • ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
      合奏協奏曲変ロ長調

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      ピッコロ、弦楽と通奏低音のための協奏曲ハ長調

      エゴール・エゴルキンピッコロ

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲ホ短調

      シュテファン・シュヴァイゲルトファゴット

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調

    • ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
      ハープ、弦楽と通奏低音のための協奏曲変ロ長調

      マリー=ピエール・ラングラメハープ

    • アントニオ・ヴィヴァルディ
      《調和の霊感》より2つのヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲イ短調

      ドリアン・ジョジヴァイオリン), ライマー・オルロフスキーヴァイオリン

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      オーボエ、ヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲ニ短調

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン), ジョナサン・ケリーオーボエ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:バロック協奏曲集 コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ペトレンコ・ライヴ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ペトレンコ・ライヴ

    Photo: Stephan Rabold

    今回のベルリン・フィル・シリーズでは、首席指揮者キリル・ペトレンコの指揮による弦と管のアンサンブル作品が演奏されました。モーツァルトの《グラン・パルティータ》は、13の管楽器のために書かれた大掛かりなハルモニームジークで、7楽章構成、演奏時間約50分という異例の大曲。一方、ドヴォルザークの弦楽セレナードは、作曲家33歳の年に書かれた比較的初期の作品です。スラヴ風のメランコリーと舞踏的な陽気さが混じった曲調となっています。

    2020年6月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ご挨拶

      マシュー・マクドナルド

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      セレナード第10番変ロ長調《グラン・パルティータ》

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:エヴァ=マリア・トマジ)

    • アントニン・ドヴォルザーク
      弦楽のためのセレナード ホ長調

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ペトレンコ・ライヴ コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリン・フィル八重奏団

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリン・フィル八重奏団

    Photo: Monika Rittershaus

    今回のベルリン・フィル・シリーズには、当楽団の室内楽アンサンブルとしては最も長い歴史を誇るもののひとつであるベルリン・フィル八重奏団が登場しました。この形態の代表作とも言えるシューベルトの八重奏曲が演奏されたほか、ベルリン・フィルとジャパン・アーツが委嘱した細川俊夫の八重奏曲《テクスチュア》が初演されています。一方、フーゴ・カウンは、1863年ベルリン生まれの作曲家。ロマンティックな作風の魅力的な作品です。

    2020年6月6日

    ベルリン・フィル八重奏団

    • ご挨拶

      シュテファン・ドール

    • フーゴ・カウン
      八重奏曲ヘ長調

    • 無料映像

      細川俊夫(聞き手:樫本大進)

    • 細川俊夫
      八重奏のための《テクスチュア》(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とジャパン・アーツによる委嘱作品・初演)

    • フランツ・シューベルト
      八重奏曲ヘ長調

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリン・フィル八重奏団 コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ダニエル・スタブラヴァへのオマージュ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ダニエル・スタブラヴァへのオマージュ

    Photo: Stephan Rabold

    1986年から第1コンサートマスターを務めるダニエル・スタブラヴァは、ベルリン・フィルの看板プレイヤーの一人です。5月に彼が弾き振りをするはずだった公演は、コロナ禍により中止になったものの、そこで予定されていたパヌフニクのヴァイオリン協奏曲が「ザ・ベルリン・フィル・シリーズ」の中で取り上げられました。このほかドヴォルザークの2つのヴァイオリンとヴィオラのための三重奏曲、さらにアーカイブからスタブラヴァがコンサートマスターを務めるシベリウスの交響曲第4番(指揮はサイモン・ラトル)をお聴きいただきます。

    2020年5月30日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・スタブラヴァ

    • ダニエル・スタブラヴァへのオマージュ(その1)

    • アンジェイ・パヌフニク
      ヴァイオリンと弦楽合奏のための協奏曲

      ダニエル・スタブラヴァヴァイオリンと指揮

    • ダニエル・スタブラヴァへのオマージュ(その2)

    • アントニン・ドヴォルザーク
      2つのヴァイオリンとヴィオラのための三重奏曲ハ長調

      ダニエル・スタブラヴァヴァイオリン), クシシュトフ・ポロネクヴァイオリン), イグナツィ・ミエチニコフスキヴィオラ

    • ダニエル・スタブラヴァへのオマージュ(その3)

    • ジャン・シベリウス
      交響曲第4番イ短調

      サー・サイモン・ラトル指揮

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ダニエル・スタブラヴァへのオマージュ コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:キリル・ペトレンコ・ライブ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:キリル・ペトレンコ・ライブ

    Photo: Monika Rittershaus

    大きな反響を呼んだヨーロッパ・コンサートの後、キリル・ペトレンコが再びベルリン・フィルのメンバーたちとフィルハーモニーにて無観客公演を行いました。今回のテーマは世紀末から1920年代にかけて生まれた作品。後期ロマン派の雰囲気に刻印されたシェーンベルクの《浄夜》、フランスの近代音楽の出発点となったドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》、そしてヒンデミットによる機知に富んだ室内音楽第1番というプログラムです。シェーンベルクの《浄夜》について、rbbKulturradioは「これ以上に美しい演奏はないだろう」と評しました。

    2020年5月23日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ご挨拶

      フィリップ・ボーネン

    • 無料映像

      クロード・ドビュッシー
      《牧神の午後への前奏曲》(ベンノ・ザックスによる編曲版)

    • パウル・ヒンデミット
      室内音楽第1番

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:フィリップ・ボーネン)

    • アルノルト・シェーンベルク
      《浄夜》(弦楽合奏のための1943年版)

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:キリル・ペトレンコ・ライブ コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリン・フィル・ブラス

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリン・フィル・ブラス

    Photo: Stephan Rabold

    このザ・ベルリン・フィル・シリーズでは、ベルリン・フィルの金管楽器奏者と若きオルガニスト、セバスティアン・ハインドルが共演しました。オルガンはしばしば「楽器の女王」と呼ばれますが、その声部の多彩さと響きの華やかさはあらゆる祝祭的な場を盛り立てます。シンフォニーオーケストラの金管セクションもそれと似た特徴を持つだけに、両者の共演は自ずと必然性を帯びてくるといえるでしょう。ヘンデル、ベートーヴェン、デュカスの作品に加えて、最後にエルガーの《威風堂々》第1番が演奏されました。アーカイブからは、オルガンがオーケストラの中で効果的に使われた代表例として、サン=サーンスの交響曲第3番《オルガン付き》をお聴きいただきます。

    2020年5月16日

    ベルリン・フィル金管楽器奏者
    セバスティアン・ハインドル

    • ポール・デュカス
      《ラ・ペリ》のファンファーレ(セバスティアン・ハンドル編曲による金管楽器とオルガンのための版)

    • ウジェーヌ・ジグー
      《グラン・コア・ディアローグ》(ハンス・ツェルナー編曲による金管楽器とオルガンのための版)

    • アレクサンドル・ギルマン
      《交響的小品》(ウルリヒ・ネールス編曲によるトロンボーンとオルガンのための版)

      オラフ・オットトロンボーン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《エグモント》序曲(セバスティアン・ハインドル編曲によるオルガン版)

    • ティエリー・エスケシュ
      トランペットとオルガンのための舞踏幻想曲

      アンドレ・ショッホトランペット

    • ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
      コンチェルト・グロッソニ短調作品3より第5曲(ジョシュア・デイヴィス編曲による金管楽器のための版)

    • フリジェシュ・ヒダシュ
      トロンボーンとオルガンのための〈主よ〉、〈われらに平和を与えたまえ〉

      トーマス・ライエンデッカートロンボーン

    • エドワード・エルガー
      《威風堂々》第1番(ハンス・ツェルナー編曲による金管楽器とオルガンのための版)

    • カミーユ・サン=サーンス
      交響曲第3番ハ短調《オルガン付き》

      ズービン・メータ指揮

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリン・フィル・ブラス コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ウィーンの夕べ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ウィーンの夕べ

    Photo: Monika Rittershaus

    今回の「ザ・ベルリン・フィル・シリーズ」のテーマはウィーン。プログラムの中心を占めるのは、ウィーンで生まれたクラリネットの名作2曲です。ベートーヴェンのピアノ三重奏曲《街の歌》は、この作曲家としては珍しいほど愉悦感に富んでいます。対するモーツァルトのクラリネット五重奏曲は、デリケートな気品を湛えた晩年の傑作。オーストリア出身のソロ・クラリネット奏者、ヴェンツェル・フックスとアンドレアス・オッテンザマーがベルリン・フィルの同僚たちと奏でます。またアーカイブからは、シューベルトとヴォルフの歌曲をお聴きいただきます。

    2020年5月9日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • ご挨拶

      アンドレアス・オッテンザマー

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      クラリネット五重奏曲イ長調

      ヴェンツェル・フックスクラリネット), 樫本大進ヴァイオリン), ロマーノ・トマシーニヴァイオリン), 清水直子ヴィオラ), ルートヴィヒ・クヴァントチェロ

    • フランツ・シューベルト
      《糸をつむぐグレートヒェン》

      クラウディオ・アバド指揮), クリスティアンネ・ストティーンメゾソプラノ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ヴァイリンとヴィオラのための二重奏曲よりアダージョ

      コルネリア・ガルテマンヴァイオリン), ユリア・ガルテマンヴィオラ

    • フランツ・シューベルト
      《魔王》

      ダニエル・ハーディング指揮), ジェラルド・フィンリーバリトン

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ウィーンのソナチネ第1番よりアレグロ・ブリランテ

      ハンデ・クーデンヴァイオリン), 町田琴和ヴァイオリン

    • フーゴー・ヴォルフ
      《炎の騎士》

      イヴァン・フィッシャー指揮), クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノ三重奏曲変ロ長調《街の歌》

      アンドレアス・オッテンザマークラリネット), クヌート・ヴェーバーチェロ), ジュリアン・クエンティンピアノ

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ウィーンの夕べ コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサートがペトレンコ指揮で無観客開催

    ヨーロッパ・コンサートがペトレンコ指揮で無観客開催

    Photo: Monika Rittershaus

    新型コロナウィルスの蔓延により、ヨーロッパ・コンサートの開催は非現実的と予想されていましたが、内容を変更して急遽実現。会場は本来のテル・アヴィヴではなく、ベルリン・フィルハーモニー で無観客で行われました。キリル・ペトレンコの指揮のもと、ベルリン・フィルは最大15人の室内アンサンブル編成で演奏しています。プログラム前半は、「兄弟」を意味するペルトの《フラトレス》、死者への哀悼に満ちたバーバーの「弦楽のためのアダージョ」など、ヨーロッパ諸国への連帯を表明する内容です。また後半は、エルヴィン・シュタインによるマーラー「交響曲第4番」の室内アンサンブル版が演奏されています。

    2020年5月1日
    ヨーロッパ・コンサート (ベルリン)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    クリスティアーネ・カルク

    • ご挨拶

      スタンリー・ドッズ

    • アルヴォ・ペルト
      《フラトレス》

    • ジェルジ・リゲティ
      弦楽合奏のための《ラミフィカシオン》

    • サミュエル・バーバー
      弦楽のためのアダージョ Op. 11

    • 無料映像

      キリル・ペトレンコ(聞き手:オラフ・マニンガー)

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第4番ト長調 (エルヴィン・シュタインによる室内アンサンブル版)

      クリスティアーネ・カルクソプラノ

    ヨーロッパ・コンサートがペトレンコ指揮で無観客開催 コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリンのアメリカ人

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリンのアメリカ人

    Photo: Stephan Rabold

    観客のいないフィルハーモニーからお送りする本シリーズのこの回では、アメリカ音楽がテーマとなります。第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーとベルリン・フィルの打楽器奏者が、ガーシュウィン、ケージ、ビーチらのリズムとエネルギーに溢れる新大陸の作品を演奏。さらにアーカイブから、キリル・ペトレンコ指揮によるバーンスタイン「《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス」と、サイモン・ラトル指揮でブラッドリーのアニメ『トムとジェリー』の音楽作品が取り上げられます。

    2020年4月25日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • ご挨拶

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン

    • ジョン・アダムズ
      《ショート・ライド・イン・ア・ファースト・マシーン》

      サー・サイモン・ラトル指揮

    • ジョン・コリリアーノ
      《ストンプ》

    • ジョージ・ガーシュウィン
      クラリネットとピアノのための前奏曲第1番

      ヴェンツェル・フックスクラリネット), オハッド・ベン=アリーピアノ

    • エイミー・ビーチ
      ヴァイオリンとピアノのための《ロマンス》

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン), オハッド・ベン=アリーピアノ

    • チャールズ・アイヴズ
      《答えのない質問》

    • ジョン・ケージ
      《サード・コンストラクション》

      ラファエル・ヘーガーパーカッション), ジーモン・レスラーパーカッション), フランツ・シンドルベックパーカッション), ヤン・シュリヒテパーカッション

    • レナード・バーンスタイン
      《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス

      キリル・ペトレンコ指揮

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《ポーギーとベス》よりヴァイオリンとピアノのための4つの小品

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン), オハッド・ベン=アリーピアノ

    • スコット・ブラッドリー
      アニメ『トムとジェリー』の音楽

      サー・サイモン・ラトル指揮

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:ベルリンのアメリカ人 コンサートの詳細を見る
  • ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:フランス万歳!

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:フランス万歳!

    Photo: Sebastian Hänel

    好評のもとに終了したイースター@フィルハーモニーの後、ベルリン・フィルの「デジタル・シーズン」は、さらに続きます。今回は、ソロ・フルート奏者エマニュエル・パユが、アミハイ・グロス(第1ソロ・ヴィオラ奏者)、マリー=ピエール・ラングラメ(ハープ)と共にフランスの室内楽を演奏。プログラムは、ラモー、イベール、ドビュッシーの作品です。これらの作品は、時代は異なるものの、エレガンスと透明感という共通の特徴を備えています。プログラムの後半では、アーカイブよりクラウディオ・アバド指揮の《海》の全曲が演奏されます。

    2020年4月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    • ご挨拶

      エマニュエル・パユフルート

    • ジャン=フィリップ・ラモー
      《コンセール用のクラヴサン曲集》よりコンセール第5番

    • クロード・ドビュッシー
      フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ

    • ジャック・イベール
      フルート、ヴィオラとハープのための《2つの間奏曲》

    • モーリス・ラヴェル
      ソナチネ(カルロス・サルセードによる編曲版)

    • エマニュエル・パユ(聞き手:マリー=ピエール・ラングラメ)

    • クロード・ドビュッシー
      《海》

    ザ・ベルリン・フィル・シリーズ:フランス万歳! コンサートの詳細を見る