コンサート

コンサート解説

キリル・ペトレンコが自身初となるベルリン・フィルの教育プログラムにおいて、プッチーニのオペラ《修道女アンジェリカ》を指揮しました。修道院の女性たちを描いたこの特異なオペラは、人間性とその尊厳をテーマにしており、今日においてもアクチュアルな意味を失っていません。演出にニコラ・ヒュンペルを迎え、若手の女性ソリストとヴォーカル・ヒーローズ合唱団、さらにカラヤン・アカデミー奨学生たちと共に作り上げた舞台をご覧ください。「浮遊した、踊るような軽みと温 かさと共に、プッチーニのスコアが音になった」(『ベルリナー・モルゲンポスト』紙)。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー