インタビュー
2010年10月30日

サイモン・ハルシーによる楽曲解説 (13分)

サー・サイモン・ラトルのマーラー・ツィクルスの第2弾は、「交響曲第2番《復活》」です。ベルリン・フィルはこの作品を1895年にマーラー自身の指揮で初演。ラトルにとっても、バーミンガム市響とのCDで国際的な評価を確立した特別なレパートリーです。なお、マーラーの前には、シェーンベルクの《ワルシャワの生き残り》が上演されています。

コンサート