インタビュー
2011年12月23日

ニコラ・ルイゾッティ(聞き手:エマニュエル・パユ) (16分)

2011年最後の定期演奏会には、日本でもおなじみのニコラ・ルイゾッティが登場しました。ルイゾッティは、2007年12月にドヴォルザークのレクイエムでベルリン・フィルにデビュー。今回が2回目の客演となりました。メイン曲目は、プロコフィエフの「交響曲第5番」。また当コンサートでは、エマニュエル・パユがドビュッシーとベリオの20世紀を代表する無伴奏フルート作品を演奏します。インタビューの聞き手はパユ自身が務めています。

コンサート