マレク・ヤノフスキ(聞き手:シュテファン・コンツ)

マレク・ヤノフスキはシューマンの交響曲第3番について、「第2楽章の冒頭テーマは、私にとってケルンそのものなのです」と述べ、作品と彼自身のライン地方とのつながりを語っています。聞き手はベルリン・フィルのチェロ奏者、シュテファン・コンツです。

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー