ヤノフスキがシューマンの交響曲第3番《ライン》を指揮

マックス・レーガーは自作のピアノ協奏曲で、ブラームスの力強いピアノ協奏曲第1番と対をなす作品を作曲しました。レーガーの生誕150年を記念した、ピアノ協奏曲でも最難曲のひとつとされるこの曲の上演では、マルク=アンドレ・アムランが独奏を務めます。このほか、ロマン派のレパートリーを得意とするマレク・ヤノフスキが、シューマンの交響曲第3番《ライン》を指揮します。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マレク・ヤノフスキ

マルク=アンドレ・アムラン

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー