アーティスト

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

作曲

ベートーヴェンほど、人間をおびやかす暴力を激しく表現した音楽はない。同時に彼は、個人が抵抗する力を生き生きと音に表現した。この緊張感により、ウィーン古典派の最後となったベートーヴェンの芸術は、今日に至るまで見紛うことのないラディカルさを保っている。

フランス革命を同時代で体験した彼は、とりわけ音楽にヒューマニズムというものを形にした創造者として歴史を書き換えた。唯一のオペラ《フィデリオ》とミサ・ソレムニスは音楽史における里程標だが、彼の創作の中心は交響曲、協奏曲、弦楽四重奏曲、そしてピアノソナタにあった。彼はハイドンやモーツァルトの形式を受け継ぎ、それを完成させ、その後期作品ではバッハのポリフォニックな音楽の余韻を響かせながら未来をも指し示した。ベルリン・フィルにとって、ベートーヴェンは常に中核のレパートリーである。伝説となっているのは、ハンス・フォン・ビューローとヴィルヘルム・フルトヴェングラーの解釈で、その後を継いだヘルベルト・フォン・カラヤンは交響曲全集を何度も演奏した。クラウディオ・アバドとサイモン・ラトルも、首席指揮者の任期の終盤に挑んだツィクルスで国際的な評価を得た。幸いにして、この3人の解釈は録音と映像にすべて記録されている。

今後のライブ中継

コンサート映像

全94件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー