トーマス・アデス

作曲

トーマス・アデスは、今日最も成功し、最も頻繁に演奏されている作曲家の一人である。彼の公式の作品1であるT.S.エリオットの詩に付曲した《5つのエリオット・ランドスケープ》ですでに、3つの出版社が出版を求めてたほどだ。しかしアデスは、ニューヨークのカーネギー・ホールやロンドンのウィグモア・ホールでソロリサイタルを行う才能あるピアニストして、また世界の主要オーケストラ、歌劇場、音楽祭と定期的に仕事をする指揮者として、彼自身が言うように「演奏家の道も歩んでいる」。

ロンドンのギルドホール音楽演劇学校とケンブリッジのキングス・カレッジで音楽と作曲を学んだ後、トーマス・アデスは22歳で、英国で最も古いオーケストラの一つであるハレ管弦楽団の常任作曲家に就任しました。その2年後、スキャンダラスなアーガイルの「ダーティ公爵夫人」を描いた最初のオペラ《パウダー・ハー・フェイス》が世界的にヒットした。この作品の中では1930年代から60年代のキャバレー、ミュージカル、タンゴなどおなじみのモチーフを散りばめられ、風刺劇となっている。1997年、バーミンガム市交響楽団とサー・サイモン・ラトルのために作曲した《アサイラ》は、グロマイヤー賞を受賞し、ラトルは2002年のベルリン・フィルの首席指揮者就任記念コンサートのプログラムにこの作品を取り上げた。 1998年、アデスはロンドン王立音楽院のベンジャミン・ブリテン作曲科に就任し、1999年から2008年にかけて、ベンジャミン・ブリテンが創設したオルドバーグ音楽祭の芸術監督を務めている。ロンドン生まれのこの作曲家は、長年にわたりボストン交響楽団の芸術的パートナーであり、米国でも定期的に指揮台に登場している。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウス、ウィーン国立歌劇場などで、オペラ指揮者としても成功をおさめている。

コンサート映像

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー