アーティスト

クリスティアン・ツィメルマン

ソロ

1975年、ワルシャワのショパン・コンクールにて最年少で優勝したツィメルマンは、同年ベルリン・フィルにデビュー。レナード・バーンスタイン、ヘルベルト・フォン・カラヤンといった巨匠とも数多く共演した。ベートーヴェン、ブラームス、ショパン、ドビュッシー、リストなどの解釈で極めて高い評価を得ている。

音楽へのその誠実な姿勢から出演回数はあまり多くないものの、これまでのディスコグラフィーは決定的名盤といえるものばかりである。サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルと録音したブラームスのルトスワフスキのピアノ協奏曲もその中に属する。

コンサート映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー