2015年6月25日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

バーバラ・ハニガン, クリスティアン・ツィメルマン

  • ヨーゼフ・ハイドン
    交響曲第80番ニ短調 (23分)

  • ウンスク・チン
    ソプラノと管弦楽のための《セイレンの沈黙》(ドイツ初演) (21分)

    バーバラ・ハニガンソプラノ

  • ヨハネス・ブラームス
    ピアノ協奏曲第1番ニ短調 (57分)

    クリスティアン・ツィメルマンピアノ

  • 無料映像

    ウンスク・チンとバーバラ・ハニガン、《セイレンの沈黙》について語る (10分)

サーサイモン・ラトル指揮、クリスティアン・ツィメルマンのブラームス「ピアノ協奏曲第1番」がアップされました。ツィメルマンは録音に極めて慎重で、ほとんどOKを出さないことで知られています。ライブにOKが出ることはほとんどないと言われていましたが、このベルリン・フィルとの共演には、奇跡的に許諾が下りました。これはまさに一大事!デジタル・コンサートホールでしか見られない、極めて貴重な映像です。

ベルリン・フィルとカナダ出身のソプラノ歌手、バーバラ・ハニガンは、幸福な共同作業を育んできました。ハニガンは特に現代作品で才能を発揮し、2013/14年シーズンはハンス・エブラハムセンの《レット・ミー・テル・ユー》の初演で、透明な歌声を披露しています。今回の公演では、韓国出身で現在はベルリン在住の作曲家チン・ウンスクの《セイレンの静寂》のソロを務めています。ルツェルン音楽祭のためにチンが作曲したこの作品は、フランスのスペクトル音楽とアジアのガムランに触発されており、明晰でまばゆい輝きが際立っています。

冒頭に置かれたのは、ハイドンの「交響曲第80番」。1784年に完成したこの作品は、ニ短調で書かれているにも関わらず、快活で軽妙な性格を持っており、ラトルの指揮はその魅力を余すところなく語っています。 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する