インタビュー
2011年10月2日

ヨハネス・モーザー(聞き手:ヴァルター・キュスナー) (16分)

メータは、この演奏会でベルリン・フィル客演50周年を祝いました。デビューは1961年9月。その時のプログラムは、当演奏会とまったく同じ3曲でした(マーラー「交響曲第1番」は、「花の章」を含む版)。その意味で、50年前を再現する内容となります。今回演奏するチェリストのヨハネス・モーザーは、1979年ミュンヘン生まれの新鋭。ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、ヴァルター・キュスナーがインタビューの聞き手を務めています。

コンサート