ノア・ベンディックス=バルグリー、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番について語る

ベルリン・フィル第1コンサートマスター、ノア・ベンディックス=バルグリーは、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番がほとんど演奏されないことについて「残念だ」と語ります。彼はこのインタビューで当該作品を紹介し、コンサートでは首席指揮者キリル・ペトレンコの指揮のもと独奏を務めました。

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー