ペトレンコがコルンゴルト、モーツァルト、ノーマンを指揮

「時間から切り離された」、これはカート・ヴォネガットの小説『スローターハウス5』に登場する主人公の言葉です。アメリカの作曲家アンドリュー・ノーマンがこの言葉に触発されて作曲した、激しく高度に技巧的なオーケストラ作品《アンスタック》で、このコンサートの幕があけました。続いて第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーを独奏に迎え、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番が演奏されました。最後には、コルンゴルトがアメリカに亡命した際に作曲した「交響曲嬰ヘ調」が演奏され、ここにもアメリカ的な響きが聴き取れます。コルンゴルトの演奏は、「フィルハーモニカーは、首席指揮者の献身に最高の状態でもって応えた。憂鬱から勝利に至るまで、心に深く響く訴えをした」と評されました(「ターゲスシュピーゲル」紙)。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

ノア・ベンディックス=バルグリー

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー