シューマン名作選

音楽か文学か?若き日のローベルト・シューマンは、迷った末に音楽という芸術を選びました。ピアニストとしてのキャリアが怪我のために失敗した後、彼は作曲に専念し、成功を収めました。有名なピアノ協奏曲では鍵盤の魔術師としてのシューマンが垣間見えますが、、ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲や《夜の歌》のような曲では、彼の中にあるとりわけ繊細な詩人の姿が映し出されます。このプレイリストでは、この作曲家のあらゆる面をご紹介します。

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー