アーティスト

セルゲイ・プロコフィエフ

作曲

オペラ、バレエ、交響曲、協奏曲など幅広い作品群を持つセルゲイ・プロコフィエフは、自伝の中で自らの作曲の基本路線を、古典、現代、トッカータ/モーター、叙情、スケルツォ[グロテスク]の5つに分けて述べている。これらの主要な方向性は、彼の人生の段階の変化を意味するものではない。むしろ、あらゆる形式やジャンルに通じる様々な様式間の揺れ動きは、プロコフィエフの全作品に不可欠な特徴である。

1891年生まれのセルゲイ・プロコフィエフは、10代の頃にサンクトペテルブルク音楽院で作曲とピアノを学び、ニコライ・リムスキー=コルサコフ、アナトーリ・リャードフ、アレクサンドル・チェレプニンらの下で研鑽を積んだ。1913年にパヴロフスクで初演された「ピアノ協奏曲第2番」は前衛音楽家たちから絶賛されたが、保守派からはロシア音楽界の「アンファン・テリブル」的存在とされた。10月革命後、プロコフィエフはロシアを離れる。1918年9月から1922年2月まで滞在したアメリカでは、作曲家、ヴィルトゥオーゾとして世界的なキャリアを確立した。 ドイツはバイエルンのエッタールにしばらく滞在した後、1923年、プロコフィエフはパリへと向かった。10年後、彼はフランスとソ連を行き来するようになり、やがてソ連に永住するようになる。戦争中は、プロコフィエフにとって最高の評価を受けていた時期であり、勲章やスターリン賞の受賞、数々の初演によって、ソビエトの芸術家にふさわしいという地位が確立された。しかし、1948年2月、多くのソ連の芸術家仲間と同じように、「有害な形式主義的、国際主義的傾向」と非難された。その主な原因は、冷戦が始まった当時、彼の作品が西側で上演されたことだった。この頃、プロコフィエフはすでにモスクワ近郊のニコリナ・ゴーラの別荘で隠遁生活を送っていた。1953年3月5日、ヨーゼフ・スターリンと同時期にこの世を去った。

コンサート映像

全30件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー