ロウヴァリとオラフソンがアダムズのピアノ協奏曲で共演

John Adams describes his piano concerto Must the devil have all the good tunes? as a “funky danse macabre”. Pianist Víkingur Ólafsson has chosen the energetic work for his debut with the Berliner Philharmoniker, with Santtu-­Matias Rouvali, principal conductor of London’s Philharmonia Orchestra, on the podium. Also on the programme are Helix, by Composer in Residence Esa­-Pekka Salonen, and Sergei Prokofiev’s Fifth Symphony.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サントゥ=マティアス・ロウヴァリ

ヴィキングル・オラフソン

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー