ロウヴァリとオラフソンがアダムズのピアノ協奏曲で共演

ピアニストのヴィキングル・オラフソンが、フィルハーモニア管弦楽団首席指揮者サントゥ=マティアス・ロウヴァリとともに、ベルリン・フィルにデビューします。演目は、ジョン・アダムズのエネルギッシュなピアノ協奏曲《悪魔は全ての名曲を手にしなければならないのか?》。アダムズは自作について「ファンキーな死の舞踏」であると表現しています。そのほか、「コンポーザー・イン・レジデンス」エサ=ペッカ・サロネンの《ヘリックス》、プロコフィエフの交響曲第5番をお聴きください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サントゥ=マティアス・ロウヴァリ

ヴィキングル・オラフソン

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー