アーティスト

アントン・ブルックナー

作曲

ブラームスと並んで、19世紀後半のドイツ語圏において最も重要な交響曲作曲家であったアントン・ブルックナー。この2人の作曲家は、外的な標題を付すことなく、古典的な4楽章の交響曲のモデルを堅持した。ブラームスと異なり、ブルックナーは敬虔なカトリック信者であった。彼の交響曲の壮大な「設計図」は、銅自体の人々からすでに鳴り響く「大聖堂」と捉えられていた。加えて、ブルックナーは当時の音楽批評において——いわば勝手に——保守的なブラームス派に対する進歩的なワーグナー派の作曲家として決めつけられてしまった。もっとも、ブルックナーは公にワーグナーを崇拝しており、彼の交響曲第3番はこのザクセン人ワーグナーに捧げられ、第7番のアダージョは——ブルックナーもそう言っていたように——「最も祝福され、愛され、不滅である巨匠」のための葬送音楽と考えられている。

ブルックナーは1824年にリンツ近郊で教師の息子として生まれ、当初は彼自らも教師として働いていた。彼はザンクト・フローリアンでの教師としての仕事、そしてリンツ大聖堂でのオルガン奏者としての仕事と並行し、音楽理論の勉強も行っていた。ブルックナーはウィーン音楽院の修了試験に見事に合格した後も勉強を続け、作曲家として世に出るのは晩年になってからであった。彼の番号上の最初の交響曲「第1」が初演されたのは、この作曲家が41歳にもなってからのことであった。1868年から亡くなるまでブルックナーはウィーンで暮らしたが、長いあいだ正当に認めらなかった。 彼の社会的行動は、非常に不器用であることが特徴で、多くの同時代の人々を困惑させる悲喜劇的な印象を与えた。それだけに、この作曲家の音楽が持つ情緒的な豊かさと精神的な広がりに驚かされる。未完成で和声的に斬新な第九交響曲は、音楽的モダニズムの前史に属するものである。ベルリン・フィルの首席指揮者であったハンス・フォン・ビューローはブルックナーとは距離を置いていたが、ビューローの後継者アルトゥール・ニキシュは、ブルックナーの音楽を取り上げた。

今後のライブ中継

コンサート映像

全39件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー