コンサート

コンサート解説

カラヤンのベートーヴェン交響曲全集のなかでも後期の映像です。実験的な方向性は影をひそめ、比較的通常の収録に近づいています。それまでの極端な接写や、カットのめまぐるしい変動は少なめになり、ある意味で音楽に集中して観ることができます。しかし、全景を避けたり、譜面台が極力画面に入らないようにするなど、カラヤンが微妙な点に拘ったことが感じられ、その意味で彼の思考のエッセンスが見えるようです。映像監督は、ハンス・ヨアヒム・ショルツが担当しています。

 

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー