カラヤン指揮:バッハ「ブランデンブルク協奏曲第3番」、「管弦楽組曲第2番」

カラヤンは生涯を通じてバッハの音楽に畏敬の念を抱き続けましたが、映像での記録はわずかしか残っていません。ここではその中から、1960年代に彼が指揮をしたブランデンブルク協奏曲第3番と管弦楽組曲第2番をお聴きいただけます。後者では、往年のソロ・フルート奏者カールハインツ・ツェラーが独奏を担当。カラヤンがチェンバロを弾きながら指揮する姿も貴重です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヘルベルト・フォン・カラヤン

© 1967 / 68 Unitel

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー