年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから

1967年10月23日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第6番ヘ長調《田園》 (37分)

1969年に制作されたこの《田園》の音声は、ベルリンのイエス・キリスト教会で収録されました。そして映像は、著名な前衛映画監督フーゴー・ニーベリングによりベルリンのアルトゥール・ブラウナーCCCスタジオで撮影されています。ニーベリングはここで、表現主義的映画の手法を用い、抽象的でゆがめられたカット、ブラック・ライトを織り込みました。出来上がった映像は議論を呼び、批判も浴びています。多くの評者が、この映像は《田園》よりもシェーンベルクの《浄夜》に相応しい性格のものだと感じたからです。カラヤン自身も結果に完全に満足していませんでしたが、それでもニーベリングを引き続き《英雄》と交響曲第7番の撮影に起用。そちらは今日でも高く評価されています。

Unitel

Recorded at CCC-Ateliers, Berlin
© 1968 Unitel

 

 

 

 

Karajan Beethoven cycleオンラインショップで1963年の伝説的ベートーヴェン交響曲全集のCDをお求めください

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する