コンサート

コンサート解説

2011年5月18日は、マーラーの没後100周年に当たります。この記念日にベルリン・フィルは、彼の晩年の傑作《大地の歌》と「交響曲第10番」より〈アダージョ〉を特別演奏しました。指揮は、ベルリン・フィル前芸術監督のクラウディオ・アバド。ソリストには、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メゾソプラノ)とヨナス・カウフマン(テノール)が迎えられました。

アバドはマーラー指揮者として極めて高く評価されており、1967年のベルリン・フィルへのデビューも「リュッケルト歌曲集」で飾っています。首席指揮者時代には数々の名解釈を披露し、その多くはCDにも録音されていますが、この《大地の歌》は1999年に一度取り上げて以来でした。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー