2022/23年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがマーラー「第7」を指揮

2020年、キリル・ペトレンコはベルリン・フィルとの交響曲第6番で、初めてマーラー解釈者としての自分を提示しました。2022/23年シーズンの開幕公演では、夜のムードが特徴的な交響曲第7番《夜の歌》を指揮しました。『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は「これほど正確なリズムの演奏はめったに聴けない」と強調し、『デア・ターゲシュピーゲル』紙は「目もくらむばかりの華麗な演奏、テナーホルンとホルンのソロは比類がない」と高く評価しました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー