コンサート

コンサート解説

クラウディオ・アバドとベルリン・フィルによる第1回目のヨーロッパ・コンサート1991は、プラハのスメタナ・ホールで行われました。この年は、モーツァルトの没後200年を記念するアニヴァーサリーであり、当演奏会でも彼の作品が演奏されています。

ソロには、アメリカ出身の名ソプラノ歌手チェリル・ステューダーが登場。ピアノ付きのコンサート・アリア〈あなたを私が忘れるですって〉における美声は、特に聴きどころと言えるでしょう。またイタリアのピアニスト、ブルーノ・カニーノも、息の合った共演ぶりを見せています。

歌劇《ドン・ジョヴァンニ》は、1787年にモーツァルト自身がプラハで初演し、聴衆の喝采を浴びた作品。そのため、プラハの聴衆にとってゆかりの深い作品と言えるものです。

一方、交響曲第29番は、モーツァルトが10代の時に作曲した若書きの作品です。優雅で完成度の高いメロディには、モーツァルトの天才ぶりが早くも顔を覗かせています。後期の6大交響曲のひとつに数えられる交響曲第35番《ハフナー》(1782年)とともに、アバド&ベルリン・フィルが表情豊かな演奏を聴かせています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー