特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

クラウディオ・アバドがヨーロッパ・コンサート2000を指揮!

2000年5月1日
ヨーロッパ・コンサート2000(ベルリン)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド

ミハイル・プレトニョフ

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 (29分)

    ミハイル・プレトニョフピアノ

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第9番《合唱》ニ短調 (67分)

    スウェーデン放送合唱団, カリタ・マッティラソプラノ), エリック・エリクソン室内合唱団, トヌ・カリユステ合唱指揮), トマス・モーザーテノール), ヴィオレタ・ウルマーナコントラルト), アイケ・ヴィルム・シュルテバリトン

本拠地ベルリンのフィルハーモニーで行なわれたヨーロッパ・コンサート2000では、クラウディオ・アバドとベルリン・フィルが得意のベートーヴェンを取り上げました。ピアノ協奏曲第2番では、ロシア出身の実力派ミハイル・プレトニョフがソロを担当。一方、メインの交響曲第9番《合唱》では、アバドと共演を重ねるフィンランド出身のカリタ・マッティラ(ソプラノ)、トマス・モーザー(テノール)等、ヨーロッパで活躍する歌手が勢揃いしています。スウェーデン放送合唱団とエリック・エリクソン室内合唱団もアバドの指揮に応え、祝祭的な雰囲気にふさわしい白熱した演奏を繰り広げました。なおこの演奏では、イギリスの音楽学者ジョナサン・デル・マーが新しく校訂したベーレンライター版スコアを使用しています。

ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートは、楽団が創立された5月1日を記念し、1991年より毎年開催されています。ヨーロッパ各地の歴史的ホールや建築物で行なわれる演奏会は、世界各国でテレビ中継され、音楽愛好家の人気を博しています。

EuroArtsRecorded at the Philharmonie, Berlin
© 2000 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する